マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: 鳴き声

#

1909rprh00
image credit:Instagram

 フクロウの鳴き声というと、どういったものを思い浮かべるだろうか。

 ホーホー? ホロッホー? イメージはあるけど、実際に聞いたことはない……という人も多いかもしれない。

 というわけで、アメリカ・ケンタッキー州で猛禽類の保護活動をしている「ラプター・リハビリテーション」が投稿したフクロウの鳴き声動画を見てみよう。

#

loudestmeow0_640

 豪華なお宅の広いお庭で、のびのびと自由に生きているダルタニャンと仲間たち。野良猫以上、飼い猫未満のフリーダムな居候生活を謳歌している彼らだけど、猫が地域と結びついて生活しているトルコならではの生き方なのかもしれない。

 ところがそんなダルタニャンたちの庭に、新入りの猫がやって来たらしいんだ。どうやらこれまでの調和を乱すような、ちょっぴり困ったちゃんらしい。今日はその新入り猫の様子にフォーカスしてみよう。

#

dropped55
image credit:Instagram

 猫の数だけ個性があるとはよく言ったもので、その毛並、その瞳の色、その性格、癖など魅力的なポイントを数え上げるときりがない。

 今回ご紹介するソマリのエロールさんは非常に麗しい猫である。通常はあまり鳴き声をあげないというソマリには珍しく、エロールさんは比較的お喋り好きだという。そんなエロールさんの飼い主さんがちょっと興味深い動画を投稿した。「もし猫の鳴き声がヤギみたいだったら…?」

#

chewbacca0_640

 人生いろいろ、犬生もいろいろ。ペットとして長年付き合ってやっているうちには、飼い主に対して文句矢口のひとつも言いたくなることもあるだろう。

 そんなご不満をこんな鳴き声でアピールしている犬が発見された。ぜひ音声をオンにして、ヘッドフォンやイヤフォンで聴いてもらえたら、よりその切なさが伝わってくると思うよ。



#

cryingtoby2_batch

 ラグドールのティモが虹の橋の向こうへ旅立ってから、早くも4ヶ月が過ぎてしまった。残されたトビーはどうしているかな。寂しがっているんじゃないかな。

 心配してくれているお友だちも多いんじゃないかと思うんだけれど、元気そうなトビーの様子が公開されていたのでシェアするね。

 鳴き声がキュートな動画なので、スピーカーをオンにするか、イヤフォンとかヘッドフォンで聴いてもらえたらより楽しいと思うよ。

#

goatyelling5_batch

 ヤギって何て鳴くと思う? そう、日本ではだいたい「メェェ」と鳴くものと思われている。場合によっては「ベェェ」って聞こえるような気もするけど、たいてい日本人の耳には「メー」系に聞こえると思う。

 では外国ではどうなのか? 英語では「バー」ということになってるのはみんなもご存知かもしれないが、他の国では「ベー」だったり「メー」だったり、だいたいこのバリエーションが多いようだ。

 実際にヤギの鳴き声をじっくり聞いたことのあるお友だちも少ないかもしれないので、今日はいろんなヤギさんに鳴いてもらおう。さて、みんなの耳にはどんな鳴き声に聞こえるかな?

#

koalagetkicked0_640

 どこにでもいじめっ子というものはいるものである。霊長類の世界だけではなく、可愛い生き物と思われているコアラの世界にもいるらしい。

 オーストラリアでは1本の木を巡って、理不尽なイジワルが行われているシーンが激写されていたので、ぜひその実際の映像を見てもらおう。

#

dropped37
image credit:Instagram

 何か予測不能な事態が起きた時、それを顔に出さないそんな人のことを「ポーカーフェイス」って呼んだりする。猫やなんかはしれ~っとするのが上手だったりもするけど、動物たちもなかなかのドラマチックな表情で「ナニコレ?」な混乱を教えてくれたりするよ。

 今回、そばにいたカモが鳴きだして、その声が自分たちと違っていたことに驚いたダックスフンドの様子が面白かったのでみんなにも見てほしい。

#

puppynchicken0_batch_batch

 ニンゲンの子供は、親や周囲の人たちがしゃべるのを真似しながら言葉を覚える。では動物たちは、どうやって鳴き方を学ぶんだろう。

 一部の鳥たちのように、周りの話し声や物音なんかをコピーする生き物も確かにいるけれど、動物たちもやっぱり、親や仲間の鳴き声からその時々の状況に合った鳴き方を学習するんだろうか?

#

laughingbird2_640

 動物や鳥たちの鳴き声には、それぞれ意味があるのだと思われるのだが、ニンゲンの耳にはニンゲンフィルターを通した音として伝わるのは仕方がない。

 もちろん、インコやオウムの中にはニンゲンにわかるようにしゃべっているものもいるとかいないとかいう話は聞くが、今回の場合、もしかするとお箸でも転がっていったとか、どうしようもなく笑いたい気分になっちゃった何かが、この鳥に起こったのかもしれない。

#

dropped7
image credit:YouTube


 掘れば掘るほど魅力の見つかる犬、それがシベリアンハスキーだ。今日もまたあらたな個性を持ったシベリアンハスキーの個体が発見された。

 こちらのハスキー犬、バナーさんはまるで音の鳴るおもちゃが体の中に入っているかのような鳴き声で、ニンゲンたちの注目を集めようとするんだそうだ。

#

dropped18
image credit:youtube


 イヌのような容貌だけど、実はジャコウネコ科に近縁しているというハイエナたちはどうしてもマイナスなイメージを持たれていることが多い。

 死肉をあさるところから、人の利益を盗み取るという悪い意味で「このハイエナ野郎」などという表現が使われちゃったりするくらいだ。けれど、実際にハイエナはそんなに悪い奴じゃない。むしろ猫みたいなところが賢くて人になつく動物なんだそうだ。見た目は限りなく犬っぽいけれども。

 

#

funniestkoala0_e

 ぬいぐるみのような愛らしさで、キュートな動物として人気者のコアラであるが、実は意外とおっさんクサいところもあったりするらしい。とはいってもビミョーな部分での話なので、見た目だけならちゃんと可愛いコアラなので安心して!

 んじゃあどの辺がおっさんなのかっていったら、ちょっと音声をオンにしてこの動画を見てもらおうか。

#

ticklishback0_e

 家の庭に人懐っこい猫がいた。みんなならどうする? まずモフる? んじゃあモフったらどんな反応が返ってくると思う?

 ゴロニャンと身体を擦り付けてくるか、嫌がってあっちへ行ってしまうか? いや時にはこんな反応をする猫もいるらしい。今回の動画は、ぜひ音声付きで見てほしいな。