マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ:

#

slowmobirds0_e

 鳥が羽ばたいている姿は、なかなか肉眼ではハッキリと見ることができないよね。でもスローモーションでとらえてみると、ビックリするほど美しい姿を目にすることができるんだ。

 今日は猛禽類の姿をスローモーションカメラでとらえた映像をみんなにご紹介しようと思うんだ。実際の映像は1:20くらいから始まるよ。ぜひ楽しんでほしいな。

#

funnycatndog0_e

 2月は確かに他の月よりも短いけれど、それにしたってもう来週には3月だなんて早すぎるでしょ。ちょっぴり春の気配を感じるようになったのは嬉しいけどさ。

 え? 時間が経つのが早く感じるのはトシのせい? それは言わないお約束。ってことで現実逃避したいときは、カワイイ犬や猫の動画を見て、和んでしまうのが一番だ。てなわけで、みんながほっこりできそうなワンニャン動画を詰め合わせでお届けしちゃうよ。

#

dropped33
 
 おしゃべりが上手なだけでなく、物まね、乗り物まで乗りこなす鳥たち。賢くって愛嬌たっぷりなその様子に、日々うっとりしていると鳥飼いの仲間たちもいることだろう。今回そんな鳥たちの陰ながら行われている特訓の様子が撮影されていたので紹介するよ。

 なんでもこちらのお宅は鳥を何匹か飼っていてみんなでトレーニングしているんだそうだよ。

 

#

birdman2_e

 世界中の各地域には、それぞれに身近な生き物たちがいて、それぞれの場所で人間との共存を行っている。日本で言えばスズメやカラス、タヌキやニホンザル、ヒキガエルなんかがそれに当たるかも(地域によって違うと思うけど)。

 さてインドでは鳥といえば、スズメやカラスもいるけれど、日本とは違ったこんなカラフルな鳥たちも当たり前のように暮らしている。今日はインドのインコたちと、一人のニンゲンの男性とのとある物語をご紹介しよう。

#

dropped4

 鳥類と一言にいっても、その種類は非常にさまざまで絵画もびっくりの鮮やかな色どりのものや独特の特徴を持つものがいる。鳥たちのその魅力にすっかり魅了されているお友達にぴったりのインスタグラムアカウント、birdfreaks
は、鳥のすばらしさをよく知るインスタグラムユーザーを日々紹介してくれるアカウントだよ。
 
 

#

dropped29
 
 飼い猫が鳥を見かけると「カカカカ」と聞こえるような鳴き声を出すことはみんなご存知の通り。猫が鳥を呼び寄せるためだとか、鳥を威嚇するためだとかいろいろな説があるけれど、今回は鳥を見てクラック音を鳴らす猫…じゃなくて、真剣に鳥の言葉を学習しているらしい猫が見つかった。

#

dropped41
 
 闇取引ナイフ窃盗。その賢さ、ワイルドさから、いつの間にか「カラス先輩」の名をほしいままにしているカラスだけど、今回もまた人間たちから何やら情報を得ようとして会話している姿が目撃されていた。カラスの賢さってもはや天井知らずなわけだ。

#

eggcam0_e

 ニンゲンが野生の生き物たちに近づいて、そのありのままの姿を間近で見るというのはなかなか難しい話である。そこでその動物そっくりなロボットにカメラを装着し、怪しまれずに普段の姿を撮影することを考えた人たちがいる。

 いわゆるスパイカメラの試みなわけだが、これについてはマランダーでもこれまでにも何度かご紹介してきたので、その面白さをわかってくれているお友だちも多いと思うんだ(関連記事123など)。

 今回紹介するペンギン編には、なんと3種類のスパイカメラが登場するよ。いったい何に擬態させたんだと思う?

#

acrobatparrot0_e

 インコやオウムといった鳥はおしゃべりが得意なだけでなく、芸達者なことでも大人気。マランダーでもいろんなワザを見せてくれる彼らを何度も紹介してきたわけだ。

 そして今回、さらにアクロバティックなスゴ技を披露してくれるインコが登場したよ。さてどんなスゴ技なんだろう?

#

hawkstuckincargrille0_e

 事故というのは、どれだけ自分が気をつけていても起こってしまうことがある。不可抗力で済まされることではないけれど、こんな場合にはいったいどうしたらいいんだろう?

 今回ご紹介するこの動画、普通に車を運転していたら、なんと向こうから飛んできたタカにぶつかってしまったというかぶつけられてしまったというか、お互いに不運だったとしか言いようがない。果たしてタカは無事だったのか? まずは動画を見ていただこう。

#

uberbirb0_e

 何種類ものペットを飼っているお宅、きっと多いよね? 多頭買いで心配なのは、種類の違う生き物たちが仲良く過ごしてくれるかってことだと思う。ペット同士でうまく共存関係が築けたならば、飼い主に悩みも減るというもの。

 まあ時には仲が良すぎて、こんな楽しい光景ができあがっちゃったりもしたりして。