マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ:

#

bearcatchingfish0_e

 クマは雑食性の生き物といわれているが、その種類や生息している場所によって食べるものの傾向は変わってくるらしい。

 とくにヒグマの仲間は肉食の傾向が強いんだそうだ。北海道のお土産にもあるよね、サケをくわえた木彫りのクマ。というわけで、今回はアラスカに住むクマが、水中で見事に魚を捕まえるシーンをご覧いただこう。

#

dropped19

 某国某所で、猫が魚をくわえてどこからか現れた動画が謎を呼ぶ…ということで話題を呼んでいた。非常に堂々と誇らしげに歩いてくる猫の口にはしっかりとゲットしたお魚が。しかし、どこから?あと周辺の様子も見慣れぬものが多かったようで、海外掲示板Redditでもざわついていたようだ。

#

frogfish0_e

 海の中っていうのは、人類に残された最後のフロンティア。つい先日も新種の深海魚発見っていうニュースが飛び込んできたけれど、きっとまだまだ知られていない生き物がたくさんいるに違いないんだ。

 そんなミステリアスな海の生き物から、キュートなこいつらを紹介しよう。一瞬ホントに海の中?って思っちゃいそな歩きっぷりを披露してくれるのは、カエルアンコウのおふたりさんだ。
 

#

fishsurrounddiver1

 真っ青な海でダイビングを楽しんでいたダイバーが、突然黒っぽい小魚の群れに襲われた。いや、覆われた!

 ダイバーを取り巻くようにベイトボールを形作る小魚たち。それは食物連鎖の下位に生きる生き物たちの、生き残るための知恵だったんだ。

#

lemonsharks4

 小魚たちは巨大な群れを作ることで、自らの身を守っている。多数の中に身を置くことで、自分の生存確率を上げようとするわけだが、同時に群れは捕食者にとっては目立つ目標ともなってしまう。

 以前にもマランダー取り上げたことがあるけれど、そんな小魚の群れを浅瀬に追い込んで捕食するサメたちの戦術を、上空からとらえた映像をご覧いただこうと思う。いやぁ、ドローンってすごいね。

#

seahorsepapa4

 先日特集した記事の中で、チラッと触れたタツノオトシゴの出産シーン。そう、タツノオトシゴはお父さんがお腹の中で卵を孵し、そして赤ちゃんを外の世界に送り出すんだ。

 今日はそんな頑張るお父さんの姿をお届けするよ。世のお父さんたち、いやお兄さんたちも、タツノオトシゴお父さんの気持ちになって見てみるのも、もしかしたら興味深いかもしれないよ……多分ね。
 

#

fishtower7

 だいぶ前にご紹介した、池に水槽を逆さに置いちゃったお話を覚えているかな? アレを見たとき、「すげぇ、よくこんなん思いついたな」ってちょっと感動したんだけれど、実際同じようなことをしている人は結構いるみたいなんだよね。

 そこで今回、さかさま水槽を設置するまでを詳しく紹介した動画を見つけたので紹介しようと思うんだ。原理は先日のさかさま水槽をセットするやり方と基本的に同じだけれど、それを池でやっちゃうのがまたすごい。

#

wtf18_ea

 連日暑い日が続いている日本列島だが、今日は土用の丑の日、ウナギを食べて夏バテに挑むお友だちも多いことだろうと思う。ぜひ美味しいものを食べて、しっかり栄養を取って、この酷暑を乗り切ってほしい。

 カラダの方の栄養はそれでいいとして、ココロにも栄養を与えてアタマを活性化させてあげた方が、きっとすこやかに過ごせるっていうもんだよね。そこでマランダーからの暑中見舞い代わりに、思わずハテナマークが浮かんでしまう画像を詰め合わせでプレゼントしよう。

#

bearded3

 全国的に猛暑に見舞われている今日この頃、マランダーでは少しでも涼をお届けできればと、涼しそうな話題を拾ってきてみたよ。ひんやりトカゲと熱帯魚という、クール感満載の生き物たちがエンカウントしている映像だ。

 これを見てほんのちょっぴりでも、体感温度が下がってくれたら本望なんだけど、まあこの連休、自分でプールとかに飛び込んだ方が手っ取り早いかもしれないな。

#

seahorse0

「タツノオトシゴ」って魚、知ってるよね? 名前を聞けば、なんとなくあのユーモラスな身体を思い浮かべてくれると思う。でも実際に見たことある人は? 実は自分はお土産屋さんで売ってた干物を持ってたことがあるんだけど、生きてるヤツは水族館で見たくらい。

 色とか模様とかはあんまり印象がなかったんだけど、タツノオトシゴって実はとってもカラフルな色をまとっているんだ。今日はそんなタツノオトシゴたちを紹介するね。名前についてははっきりわからなかったのも多いので、もし詳しいお友だちがいたらコメント欄でぜひとも教えてほしい。 

#

ComedyWildlifePhotoAwards2018 (9)a

 昨年もマランダーでご紹介した、「コメディ・ワイルドライフ・フォトグラフィー・アワード」。2018年分の応募が先月末で締め切られ、今年も秀逸な作品がたくさん集まったようだ。

 この中から最終選考に残る作品たちが選ばれるのは9月、そしてグランプリが決定するのは11月とのことだが、今のうちにちょっと応募作品の一部をご紹介しておこう。お気に入りの作品があったら、ぜひコメント欄で教えてほしいな。

#

goldfish0

 日本のお宅にある池っていったら、たいていは大小にかかわらず地面に掘った池に、コイとか金魚とかメダカとかが泳いでいるイメージなんじゃないかと思う。しかし海外においては、何かと魚の住まいを立体的にしてしまいたい人たちがいるようだ(こんなのとかこんなのとか)。

 今日は金魚たちの住まいを立体設計にしちゃったお宅が話題になっていたので紹介するね。しかもこれ、室内だからホントに恐れ入っちゃうんである。

#

Blueface-Angelfish_ea

 急にじわぁっと暑くなってきて、もしやもう梅雨明けか?とささやかれるようになった今日この頃。みんなの熱中症対策は万全だろうか。

 室内の気温も上がってきて、熱帯魚を飼い始めるにはいい季節かもしれない。そこで色鮮やかで美しい海水魚や淡水魚をご紹介してみようと思う。ここに紹介した以外にも、キレイな魚たちはたくさんいるので、よかったらショップや水族館にもぜひ足を運んでみてほしい。