マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: 迷子

#

saddog3_e
image credit:youtube

 アメリカの西海岸、ロサンゼルスを本拠地に、助けを求めるストリートアニマルたちの保護活動をしているHope For Paws。今日も彼らのもとへ、ヘルプを求める通報が寄せられているよ。

 今回は閑静な住宅地に迷い込んだわんこのお話だよ。おびえ切っていた犬だけれど、無事に保護することができたんだろうか。

#

lagunabeach3_e

 ビーチでイルカと出会った、あるいはサメと出会った!なんて話は、マランダーでもたまにお伝えしているんだけど、さすがにコレは珍しい!(関連記事12など)

 というわけで、今日はビーチに迷い込んできたシロナガスクジラとの遭遇シーンをお見せしよう。

#

penguin-1_e

 極寒の地域で小さな体をフル稼働で子育てをするペンギンたち。人間だって迷子になっちゃうように、時としてヒナが親とはぐれてしまうこともあるようだ。

 ニュージーランド、クライストチャーチに住むビリーは生後2か月のブルーペンギンのヒナだ。どうやら母親とはぐれてしまったようで、辺りをうろうろしている姿を目撃された。
 

#

ernst00

 愛猫との別れは辛い。それが死という形ならもちろんだが、ある日突然いなくなってしまった場合は、あきらめもつかず、ジリジリとした思いが長引いてしまうものだろう。

 そんな日々をなんと9年も過ごしたのちに、愛猫との再会を果たした男性がスウェーデンにいた。

 もし、いまあなたの愛猫の行方が知れず、途方に暮れていたとしても、この物語を読めば「きっとどこかで元気にしている」と希望が持てるかもしれない。

#

dropped17

 人間誰しも、迷子になった経験が1度や2度はあるだろう。その時、自分から思いもよらない心細そうな声が出たりして、それがまた不安をかきたてたもんだ。そのあと長く感じられる時間が過ぎてお母さんと再会できた時の安心感。

 ママとはぐれた時の不安さは、どうやら百獣の王とて同様のようだ。ママとはぐれて、ママを一生懸命に呼ぶ子ライオンの様子が胸がきゅっとすると同時にかわいさに心がほわんとするので見てほしいな。

#

sealndolphin1

 イルカやクジラなど、海に住む哺乳類たちは知能が高いだけでなく、思いやりにもあふれているようだ。クジラやシャチ、イルカたちが親を失ったりケガをしたりしている異種の生き物に寄り添ったり、敵を遠ざけたりといったエピソードは枚挙にいとまがない。

 今回はそんな中から、迷子のアザラシを助けるイルカの一家をご紹介しよう。
 

#

dropped
 
 スコットランド、パースシャーにある宿泊施設グレンシーリングハウスでは、施設で飼っているニワトリたちが迷子にならないよう、そして万が一敷地内に出てしまった際に車に轢かれてしまわないよう、ピンクの反射ベストを着用してもらっているんだそうだ。

 カラフルなベストを着てご機嫌に歩く回るニワトリたちの様子を見てみてほしいんだよ。

#

net]_e

 サイクロン接近シーズン、風速140メートルの強風が吹く大嵐の中ピーターさんは思わぬ人助けならぬ、リス助けをしたという。

 「サイクロンの近づいたある日、玄関に何かが落ちているのが分かりました。拾ってみたら、リスの巣で、中には4匹の赤ちゃんがいたんです!」

 せめて母リスが見つかるまで小さな命を守ろうと考えたピーターさんのリスのお世話日記が始まった。