マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: 画像

#

daisy-4_e

 日本に住んでいらっしゃる美猫のデイジーさんが「世界一かわいい恐れのある猫」として海外サイトで特集されていたので、みんなもその美貌に酔いしれていっちゃえばいいと思う。

 デイジーさんは絶妙なグラデーションの毛並み、宝石のような瞳、アイドルキャット級のかわいさとモデルキャットのような美しさをたたえた猫さんだが、性格はちょっぴりクールというとにかく下僕にはたまらない属性全てを兼ね備えた猫なのであ~る。

#

o5ebi_e

 新しい命をこの世に送り出すということは、とっても大変なことなんだ。だから、お母さんたちは誇っていい。ニンゲンだって動物だって、ハッピーな気持ちはおんなじだよね。今日ご紹介するのは、そんな幸せいっぱいなお母さんと子供たちの姿だよ。ぜひ目を細めてみてあげてほしい。 

#

net]_e

 サイクロン接近シーズン、風速140メートルの強風が吹く大嵐の中ピーターさんは思わぬ人助けならぬ、リス助けをしたという。

 「サイクロンの近づいたある日、玄関に何かが落ちているのが分かりました。拾ってみたら、リスの巣で、中には4匹の赤ちゃんがいたんです!」

 せめて母リスが見つかるまで小さな命を守ろうと考えたピーターさんのリスのお世話日記が始まった。

#

IMG_3487-58b6a8b235a35__880_ea

 人間のもとで家猫として生きる猫たちと、野良猫として野生に生きる猫たちには、その生き様に大きな違いがある。その顔つきや眼差しはもちろん、きっと見ている世界も違うのではないだろうか。今日ここに紹介するのは、野良として生きている猫たちのポートレートである。

#

picasso-6_e

 パブロとピカソは生後10か月ほどの幼い兄弟犬だ。しかし困難を乗り切り、新たな犬生を歩み始めようとするその姿に、世界中から注目が集まっている。

 ピカソはピットブルテリアのミックス犬。ご存知の通り、ピットブルテリアを敬遠する人が少なくない。ピカソを除く他の兄弟犬たちは引き取り手が見つかったが、ピカソだけその個性的なルックスが原因でいつまでも里親が決まらないままだった。

#

bigcat-2_e

 カラパイアでは今まで何度かとりあげてきたちょっぴり大きめのおしりがチャーミングなマヌルネコさん。(関連記事1関連記事2

 その独特の風貌とぽってりボディが愛されているわけだけど、マランダーでもマヌルネコさんの魅力をちょっとずつご紹介していくよ。

#

cat-4_e

 生後数か月の赤ちゃんソニーにはミアというお姉さん猫がいた。1人と1匹はソニーが生まれてママと共に家に帰ってきてからというもの、毎日一緒に過ごしてきた。今となってはミアはソニーの最大の保護者なんだそうだ。

 そんな人間の赤ちゃんソニーと猫のミアの絆ともいえるあったか物語をご紹介するよ。

#

ladder-4_e

 3月に入ったとはいえ、夜はまだまだ冷えるしコートも手放せない。野良猫たちがこんな季節をどう過ごしているか心配しているのは我々だけではないらしい。

 冷えの厳しいトルコに住んでいる歯科医のシェブネン・イルハンさんは、大の動物好き。そんなイルハンさん、猫たちが凍えていないかどうか心配で、ご自宅を解放し猫たちのためのあったかスペースにしようと決意したんだそうだ。

#

dog-1_e

 ブラジル、サンパウロ周辺に住んでいる元レスキューセンター出身のパンドラさんは、幸運にも飼い主に恵まれ、すくすくと成長する1匹の苦労犬。土を掘り起こしてお宝を探すのが好きないたって普通の犬らしい犬だった。

 そんなパンドラさんが好奇心の末掘り起こして探し出したものは世界中に希望と笑いを与えるサムシングだったんだ。

#

net]_e

 アメリカでは2月5日にアメリカンフットボールのプロリーグのシーズンを締めくくる頂上決戦、別名『スーパーボウル』と呼ばれる試合が行われていた。アメリカ合衆国全体が注目することもあり、盛り上がりも半端ない。そんなスーパーボウルに便乗したマランダーとしては今夜はフクロウ目フクロウ科フクロウ属に分類される猛禽類のフクロウたちをゲストに招いて、スーパーオウルしていっちゃいたい。よ~し、みんなで見てみよう。