マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: 画像

#

seminov0_e0

 夏からこっち、日本列島全体が、なんだか慌ただしくって落ち着かなくって、いろいろ忙しかった気がするのは気のせいだろうか。

 ここで少し落ち着いて、穏やかな気分になれる海の中の写真を、のんびりまったり眺めてみてはどうだろうか。

 異世界感が満載の、ロシアの写真家アレクサンダー・セミノフさんの写真集から、海の生き物たちの非現実感にフォーカスを当てた最新作をご紹介しよう。

#

ham-f_e
 
 ハムスターって、どこから見てもかわいい生き物だ。ミニチマでふわふわで小さくても表情豊か。そして頬袋の収納能力と来たらワンダフルとしか言いようがない。

 そんなハムスターを毎月10日に下から撮影しているインスタグラムアカウントmona_tamaさんのかわいい写真が注目を集めているようだ。

#

mochifrog0_e

 パソコンのキーボードの上に乗っかることができるくらい、ちいちゃなこの生き物を知ってるかな? そう、以前マランダーでも紹介した、ディクディクっていう生き物だ。

 今日はディクディクがどんだけちっちゃいかっていうことが、よくわかる写真を集めてみたよ。コレで大人なんだからビックリだ。てなわけで、ぜひ見てほしい。

#

1809dbtl06

 コロンビアのとある学術研究所にいる一匹の犬。この犬はキャンパスで働くスタッフに引き取られていて、いつでも自由に構内をうろうろしてるんだ。

 職員だけでなく、学生たちにもかわいがられてのびのびと暮らしている彼。学生たちはときどき、クッキーを買い与えてやったりしていたそうだ。

 ところがある日、この犬が思いがけない行動をしてニンゲンたちを驚かせた。1枚の葉っぱをくわえて売店のカウンターに差し出し、クッキーがほしいとねだったのだ。
 

#

dogphotobomb0_e

 いるべきではない時と場所に、そこにいるべきではなかった何者かの姿が写り込んでしまった写真……。人はその現象を爆弾になぞらえ、「フォトボム」と呼んで愛してきた……多分。

 予期しなかった仕上がりになってしまった作品たちは、時には怒りを、時には脱力を、そして多くの場合には笑いをもたらしてくれるのだ。

#

childrenandanimals_e

 秋分の日を迎え、いよいよ秋も本番だ。日一日と昼は短くなっていき、秋の夜長に何をして楽しもうか、楽しく悩んでいるお友だちもいるかもしれない。

 たまってるドラマとかアニメとかをいっぱい観たいし、積ん読になってる本も読破したい。

 だけどとりあえずお茶など入れて、こんなステキな写真を見ながらホッコリするのはどうだろう。

#

koreandog3a_e

 あっという間に9月も後半。我が家の周りは暦通りに、彼岸花が満開だ。酷暑だろうが冷夏だろうがちゃんとお彼岸に咲くんだなぁと、ちょっと感動してしまったよ。

 でも急に涼しくなったもんだから、風邪も流行っているらしい。ここを見てくれてるみんなは元気にしてるといいんだけど。

 今回は楽しい動物たちの様子を、GIFでプレゼントしておこう。秋の夜長に、クスッと笑ってもらえたら本望だよ。

#

neednowords20_ea

 秋の日は釣瓶落としと言うけれど、9月も半ばを過ぎ、いきなり日が短くなったのを実感する。夕方になると「え、まだこんな時間?」ってビックリするよね、すぐに暗くなっちゃうしさ。

 秋の夜長はまったりとこんな動物たちの写真を見て、癒されてみてはどうだろうか。千の言葉を紡ぐよりも、心にダイレクトに響いてくる何かがあるような気がするよ。

#

catphotobomb0a_e

 ひと昔前は夏の風物詩だったのが心霊写真とかいうヤツだが、最近はテレビでもとんとお目にかからなくなってさびしい限り。

 人気の陰りを肌で感じたのか、以前のひっそりコッソリ奥ゆかしく、「おわかりいただけたろうか」していた頃と違って、昨今は「オレはココだ!」「アタシを見て!」と、自己主張も激しくなってきたようで。

 いや違う。ここで紹介するのは、写ってないはずの写真に写り込んじゃった猫たちの話だった。でもなんか共通点があるんだよ。てなわけで今回は、自己アピールの激しいフォトボムっぷりを見てやってほしい。

#

rat-1_e
 
 サマンサさんは愛するペットのネズミ、ゾディの飼い主だ。ゾディは2歳半と、まだまだ遊びたい盛り。しかし後ろ足に問題が生じてしまったため、以前のようにちょこまかと俊敏には動けなくなってしまった。

 そんなゾディさんをかわいそうに思ったサマンサさんは、家にあるものをひと工夫してナイスなアイデアを生み出したそうだよ。

#

neednowords3_ea

「百聞は一見に如かず」というコトバもあるように、目に映った光景がもたらす情報量は、時に言葉を圧倒する。

 説明はいらない。ただ己の目に映った美しいシーンを感じればいい。今日はそんな画像を集めてみたよ。それぞれに秘められた背景や物語は、見てくれたみんなの心が紡いでくれればいいと思うんだ。

 季節がうつろいゆくこの週末に、ほんの少しだけ、あったかくて優しい気持ちになれる時間をお届けできたら嬉しいな。 

#

1809slkc12_e

 マランダーではこれまでも、鳥に関するさまざまな出来事をご紹介してきたよね。

 今回は鳥は鳥でもニワトリのお話。そしてそのニワトリの中でも、特にフワフワな外見と穏やかな性質を持つ烏骨鶏(ウコッケイ)のお話だよ。

 お話の主人公は、とある雌鶏。名前はマシュマロさんというんだ。

#

paw-5_e

 猫の全てのパーツが美しく、目撃した人間は皆、猫がいとおしくなってしまうことはマランダー読者ならばみんなご存じだろう。

 今回もまた猫の猫による人間の理性を惑わす写真集が発見されていた。今回のテーマは前足の魅力についてである。くるっと巻き込まれているのもよし、ただ地面にあるだけでよしの万能薬だよ。

 

#

crowsnanimals4_ea

 カラスといえば、知能の高い賢い鳥ってことで間違いない。知能が高いっていうことは、自分と他者との区別がつくっていうことでもある。

 つまりほかの生き物を見て、コイツは使えるとか利用価値があるとか、そんなことを考えているかもしれないのである、多分。

 そして賢い生き物は、遊ぶということを知っている。かくしてカラスは、ほかの生き物にちょっかいを出し、利用し、仲良くあるいは仲悪くコミュニケーションを取っているわけだ。そう、今日紹介する写真の数々を見ればきっと納得してもらえると思う。