マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: 画像

#

cat-4_e-frame

 日本でも寒さによる悪天候のニュースが相次いで届いているが、アメリカでも寒波による影響は止まらない。しかし、寒さに負けず小さな心温まるニュースも届いているので、マランダーではそちらをご紹介していくよ。

 吹雪の吹いていたオハイオ州クリーブランドで保護された4匹の子猫たちが話題を呼んでいる。

#

dog-3_e-frame

 炎と戦う消防士たち。消防士たちは炎と戦うだけでなく、小さな命を救う役目も果たしてくれたようだ。去年の10月アメリカ、ノースカロライナ州でおきた火災で失いかけた命を再度手にしたラッキーなヒロインドッグについてご紹介しよう。

#

crow-1_e-frame

 先日こちらの記事でもお伝えしたように、アメリカオレゴン州ポートランドには雪がたくさん降り積もった。そんなポートランドにあるビルの12階からふと夜の雪景色を見た人が投稿したのがこちらの写真だそうだ。

 幻想的、それともちょっと気持ち悪いと感じるかはみんな次第だよ。

 

#

cat-4_e-frame

 アメリカ、ミネソタ州は11月も半ばになれば雪が降り始める。そんなミネソタ州で今年1匹の黒猫が保護され、親切な人々の助けを借りて愛する飼い主と再会した。

 黒猫フレディーの極寒サバイバル、そして再会ストーリーをご紹介したい。 

#

ayla-f [www-frame

 カラパイアも読んでくれているお友達は、こんな笑顔のキツネの個体を覚えているだろうか?彼女の名前はアイラ。生後4週間で毛皮工場から救出、保護された。もともと繁殖工場で生まれたことから野生に帰すことができない状態だったアイラであったが、幸運にもノルウェイに住むSijle Fjell さんがアイラを譲り受けることになり、家族の仲間入りすることになった。(関連記事

 そんなアイラの新たなキツネ生を謳歌している様子が動画で発見されたので、みんなで見てみよう。

#

panda-6 [www-frame

 セルフィースティックなる自撮り棒が世に出てからというもの、SNSのいたるところで人々の自撮りした写真を見かける今日この頃。これがなかなか難しいもので、自分なりに良く写る角度だったりなんかを模索する人々も少なくないようだ。匿名処理班の中にもそんなおぼえのあるお友達いるんじゃないだろうか。

 そんな中、中国成都にあるジャイアントパンダ保護基地にいるとあるジャイアントパンダの自撮りテクニックが世界中で話題を呼んでいる。どうやらここのジャイアントパンダさんは自由自在に自撮り棒を使いこなしているようだよ。

#

hat9_ea-frame

 昨今のファッションシーンでは、帽子も重要なアイテムとして活用されている。一昔前までは男性用だったパナマ帽や山高帽も、女性が被ってもおかしくないデザインとして認識され、いまや季節を問わずに用いられているそうだ。

 人間の間でもシームレスなこのアイテム、動物たちだって被っちゃうよ。オシャレに帽子を被りこなした、かわいい動物たちの写真をご紹介するので、楽しんでみてもらえたら嬉しいな。

#

mustaches16_ea-frame

 最近はヒゲを蓄える男性も珍しくなくなってきたが、エルキュール・ポアロのようなこだわりの口ヒゲはさすがに見かけない。だが、人間以外の動物たちの中には、こんなヒゲ模様を持つ連中もいるらしい。今回は見事なヒゲを蓄えた猫たち(一部犬)の画像をご紹介しよう。

#

7vaf5bpztxymq40q47bc_ae-frame

 交配種、あるいは雑種とも呼ばれるハイブリッド・アニマルたち。自然界での交配から、人間の手による人工的な混血まで、地球の歴史上では数々の交配が行われ、その一部は進化の道筋をたどることにもなっていったと思われる。

 今回は、実在するハイブリッド・アニマルたちをご紹介しよう。カラパイアでも以前同じテーマでご紹介したことがあるのだが、今回は違った写真も出てくるので、ぜひ見てくれると嬉しいな。

#

canadianlynx-8_e-frame

 カラパイアでも取り上げられたことのあるカナダオオヤマネコさん。先日は思わぬ甘えん坊な姿が見つかってしまったが(関連記事)、そんなギャップもかわいいカナダオオヤマネコをひたすらに愛でる会を発足したよ。

 

#

wig-f_e-frame

 以前カラパイアでは猫用ウィッグについての記事が掲載されていたけど(関連記事)、お付き合いのいい動物たちはまたしても人類のズッコケアイディアに気前よく付き合ってくれたようだ。

 今回、愛犬用のウィッグを作るアーティストが発見されたので、ウィッグをかぶった犬たちの芸術的な一面をご覧いただきたい。犬たちの「やれやれ」という心の声を聞きつつお楽しみいただけると嬉しいな。

 

#

cat-1_e-frame

 真冬になれば気温が0度を下回ることが当然の極寒の地ロシア。そのロシア、カルーガ州オブニンスクで「ヒーローキャット」と呼ばれる猫がいるのだそうだ。

 マーシャはメスの野良長毛猫だ。住民たちに可愛がられ、飼い主を持たず時々餌をもらって気ままに生きてきた彼女だが、2015年1月のある日のマーシャの様子はいつもと違った。何か意味ありげに大きな声で鳴き続けているのだという。一体何があったのだろうか。

#

cat-2_e0-frame

 寒い体、疲れた心を癒してくれるもの、それはやはりモフ毛のぬくもりだよね。今日は、寒さをぶっ飛ばしてくれる極上のモフ毛を持つ猫のセザールさんをご紹介するよ。

 セザールさんを見たら、今すぐ触りたい衝動そして微笑みたい衝動に駆られること間違いなしだ。