マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: 画像

#

historical-children-playing-photography-58a4177a02463__700_ea

 ほんの数十年前、まだテレビもビデオもなかった時代、子供たちはどんな生活をしていたんだろう。スマホがなかった一昔前の生活でさえ、想像がつかなくなっているけど、そんなものがなくったって、子供たちは元気に明るく過ごしていたんだよね。

 そんな昔の子供たちが、元気に遊んでいる様子を写した写真を紹介するよ。ここに写ってる子供たちは、みんなのお父さんやお母さん、お祖父ちゃんやお祖母ちゃんと同じくらいの年なんだと思うと、不思議な気がするよね。モノクロ写真の中の笑顔も、今の子供たちとおんなじだよねって感じてくれると嬉しいな。

#

dog-8_e

 カラパイアで犬を飼うと育犬休暇がもらえる会社の存在が発見されたけど、愛する我が犬と出社できる会社も世界には少なくないようだ。

 愛犬と幸せ同伴出社する人々がインスタグラムで幸せいっぱいの出勤風景を紹介してくれていたのでまとめてみんなで見てみよう。

#

pirate-2_e

 アメリカ、アイオワ州に住む猫のウェスリーは、動物愛護団体に保護された当時から何らかの事情により右目を失った状態だった。

 そんなルックスが災いしてか、保護施設に入居してからウェスリーにはなかなか里親が決まらなかったという。そんなウェスリーは現在とある里親のもとで幸せいっぱいに暮らし、インスタグラムで多数のフォロワーを持つ大人気キャットなのだ。

 「海賊猫ウェスリー」の猫生をちらっと覗いてみよう。

#

dog-3_e

 なぜだろう。犬たちのドジっ子属性は多ければ多いほどかわいいし愛される。心配だけど、だがそれがいい!なのだ。

 ってわけで、今回図らずも穴にはまってさあ大変!のはずなんだけど、なぜか満足そうな犬たちの幸せな顔を見てみよう。みんな揃いもそろって見事にすっぽり入ってるんだけど、とっても楽しそうなんだよ。

 

#

rhea-1_e

 先日、ご紹介した小鳥のレアを覚えているだろうか?(関連記事)レアは病気のため、体中の羽が抜け落ちてしまう。まだまだ寒さを感じる季節。それは体を覆うものがないレアには身に凍みるような寒さなのだろう。

 そんなレアを思いやって、飼い主のイザベラさんは手編みのセーターをプレゼントしたんだそうだ。レア自慢のセーターのファッションショーをちょっとみんなで覗いてみよう。

 

#

dog-6_e0

 お母さんの口紅を手に取って描き始めたら記憶を失っていて、残されたのは真っ赤になった壁と自分、吠えている母親という事案はけっこう多くのお友達に経験があるんじゃなかろうか。お子さんがいるお宅ではよく起きる事案だと思う。

 どうやらこちらの事案、犬と同居しているお宅でもよく起きていることのようだ。口紅を使ってイタズラしちゃった犬たちの画像集を見てみよう。

#

CUle_FIx

 さりげなく、なにげなく、ニンゲンが自ら喜んで下僕と化し、自主的に住まいやご飯を提供するように仕向けるのがNNNの手口だと思われてきたが、今回ヤツラが別の作戦を実行し始めたことを暗示させるような画像の数々が寄せられた。

 知らない間に人間の住居に入り込み、さも昔からここに住んでるような顔をして居座るこの手口は、いわゆる取得時効の一種ではなかろうか。困ったことに被害者は被害にあったことを自覚しつつも、加害者を受け入れてしまうのだ。好き好んで彼らの思う壺にハマった先住者のボヤキをご覧いただこう。

#

cat-1_e0

 特殊部隊SWAT。誰しも一度は名前を聞いたことがあるんじゃないだろうか。映画で見て憧れた、なんてお友達もいるんじゃないかな。

 ここ4年間ほど、非公式ではあるがボストン警察署のSWATには三毛猫のマスコットキャットが存在していた。SWAT隊員だけでなく近隣の住民そしてネット民にも愛されていたという。しかし昨年末から行方不明になり、安否が心配されていたところ何とつい先日無事に発見されたというニュースが舞い込んできた!そんなSWATキャットについにSWAT隊員手作りのお家が作られたようだよ。

 件のSWATキャットは昨年11月から行方知らずとなっていた。愛すべきマスコットキャットの失踪に多くのボストンのSWAT隊員たちが全力を尽くして捜索を開始。SNS上での呼びかけ、張り紙等で情報を求めるも見つからずにいた。

#

whatanimalsees6a
 人間と動物では、見えている世界が違う。カラパイアでも何度か取り上げてきたテーマだが、何度見ても動物たちの瞳を通した視界というのは、非日常的で興味深いものである。今日はマランダー的に、その視覚の違いを比較した記事をご紹介しよう。(関連記事1、関連記事2関連記事3

#

snowanimals20_ea

 先月末、アメリカの東海岸は史上2番目という大雪に見舞われた。非常事態宣言が出され、死者も多数出るという災害だったが、動物たちはそんな雪の中でどう過ごしていたのだろうか。ツイッターやインスタグラムに投稿された写真から、当時の様子を垣間見てみよう。

#

weezy-7_e

 カナダ、アルバータ州のシェルターに保護されたウィージーは非常にやせ細ったイタリアン・グレイハウンド犬だった。犬種以外の情報が何もわからないウィージーの過去は謎に満ち溢れていた。見るもの全てに怯えるウィージーの過去がけして愛情いっぱいの類の過去でないことだけは確かだった。

 今回は心身ともに傷だらけで怖がりのウィージーが再び自分以外の誰かを愛することを知るまでの物語をご紹介するよ。