マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: 甘えん坊

#

dropped5
 
 暑かったりざあざあ降りの雨が降ったり、この時期の気候ときたらついていけなくなっちゃう。そんな時は家でペット達とごろんごろんお昼寝でもしてたいってもんなんだ。しか~しそうも言っていられないってことで、サモエドと女の子が仲良くお昼寝する姿でも見て、ちょっと気持ちだけでもパワー回復していこうよ。

#

dropped7
 
 みんなにはお気に入りの枕だったり、手放せない毛布だったり寝る前に必要ななにかってあるだろうか。ベンガルキャットのトントさんにはお気に入りの枕があるらしい。それはどうやら下僕のほっぺたなんだそうだ。程よく温かくて安心感抜群のほっぺた枕にすりすりするトントさんの様子を見てみよう。

#

dropped4
 
 日々の仕事から帰宅して、愛するペットがお出迎えしてくれるって何よりうれしい瞬間だ。頑張ってよかった、と明日へのやる気が回復すると同時に疲れも癒されていく気がする。

 今回ご紹介するお宅でもかわいいペットを飼っていて、そのお出迎え姿にきゅんとするっていうので見てみよう。どうやら大型のペットのようだ。

#

dog-1_e
 
 ペットたちは飼い始めた頃はあ~んなに小さかったのに、今はとってもビッグサイズになっていく。だけどもみんな心は小さかった時のまま。甘えん坊のままだったりする。膝の上で小さくなって丸まって寝ていたあの子が今じゃ膝どころかソファ占拠ってことはよくあるお話だ。

 大きくなっても抱っこが止められないとまらない、大きな体にでっかい愛情をかかえた大型犬たちの甘えっぷり画像集をみんなで見てみようよ。

 

#

dropped8
 
 愛猫愛犬のモフふわヘアに包まれてたい、特に寒い時はしみじみとそう感じたりするけど、今回ご紹介する飼い主さんは、365日愛猫の体温を味わえるそうだ。

 サバンナキャットのゾンビさんは飼い主のおじいさんが大好きでたまらないもんだから、毎日のように自らマフラー化しにきてくれるようだ。

#

dog-4_e
 
 大きくなっても小さなままでも、犬たちは飼い主にとって「我が子」だし、犬たちも「パパママ」ってかわいく甘えてくれるもんだから、ついつい甘やかしちゃう。

 そんなふうにたっぷりと愛情を浴びてすくすくと育ったのであろう犬たちの甘えん坊な瞬間が撮影されていたのでちょっとみんなで見てみよう。

#

dropped0
 
 ブタのような体にゾウのような口吻(こうふん)を持つ奇蹄目のバク。あまり知られていない生き物だが、バクと一緒に働かない方がいい理由をまとめた動画が発見されていた。

 不思議に満ちたバクの魅力がたっぷり詰め込まれているのでみんなで見てみよう。

#

dropped8

 明朗快活、従順でなおかつ賢く、弱きものは守り、セラピードッグにもなる大型犬のゴールデンレトリバー。みんなに愛され、そして愛された分より深く対象を愛すそんな情の深い犬種でもあるわけだが、ゴールデン・レトリバーだって自分が守られたい時もあ~る。

 ゴールデン・レトリバーが「守ってほしい」そう感じた一瞬をばっちり撮影した動画が発見されたのでみんなで見てみよう。

#

dropped
 
 カモノハシには不思議がいっぱい。オーストラリアなどの淡水の河川や湖沼に住む、水陸両用の生き物だ。哺乳類なのに卵生、アヒルに似たくちばし、カワウソのような胴体、ビーバーのようなしっぽ。ここまででも盛り沢山だが、オスに関しては毒の混合物を分泌する蹴爪も持っている。まさに生ける自然界の不思議が凝縮された動物なんだ。

 だけど、そんなカモノハシさんのモフられて大喜びするかわいい姿を撮影した動画が発見されたので、観察しつつ見てみよう。

#

dropped11
 
 類まれなるツンツンボディに好奇心旺盛で甘えん坊な性格を持つヤマアラシ。その物理的ツンと内面的なデレは、人間たちをモフりたいのにモフれないというとんでもない心境させてしまう。

 しか~~~し!しっかりと分厚い専用軍手をすればヤマアラシ先輩を思う存分モフってあげられることが発覚した動画が見つかったよ!ヤマアラシ先輩ったら、モフによりデレ化というより犬化がすすんでしまって大喜びしちゃってるんだ。
 

#

dropped7

 先日ご紹介したダンサーキャットのプジークさんだが、特技は両手をピキ~ンとあげての抱っこのおねだりなのは有名なお話。その器用かつかわいい前足で、飼い主男性のパソコンタイムの中断にいそしむという特技をも身に着けていたようだ。

 

#

rocket-7_e

 ベルリンに住むマレーンさんは、庭で野良猫たちに餌をやりながら世話をしていた。何匹もの猫が行き交う中で、1匹の個性的な小さな猫がマレーンさんの目を引いた。

 その子猫には生まれながらにして後ろ足がなく2本足だった。しかし何を行うにも他の猫とは変わらない。歩き、走り、飛ぶ。ロケットと名付けられた2本足の子猫とマレーンさんの出会いの話を見てみよう。