マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ:

#

bird-1_e

 ブルーバードとも呼ばれるルリツグミは、鮮やかな青色の羽が特徴のかわいい鳥だ。歌うような鳴き声も相まって愛鳥家の間で非常に人気の高い鳥だ。

 そんなルリツグミさんの赤ちゃんたちがとってもかわいい姿を見せてくれたので、みんなで見てみよう。小さいころから鳴き声がかわいいのでそこも要チェックだよ。

#

animal-5_e

 病気やケガ、虐待などにより動物たちも人間と同じように手足を失うことがある。感情を体で表現する動物たちにとって、手足がないことはどれだけつらいことだろうか。今日はそんなハンディキャップを乗り越え、義足を手に入れた動物たちの17枚の画像集を見てみよう。

 みんなおっかなびっくりだったり、すでに使いこなして笑顔だったりとってもいい表情を見せてくれているよ。

#

funny-cat-photobombs-10-58e2390e5300e__605_ea

「フォトボム」って言葉を知ってるかな。直訳すれば「フォト(写真)ボム(爆弾)」なんだけど、いうたら他の人が撮っている写真に紛れ込んだり、こっそり写り込んだりして、本来意図していたものとは違った作品に仕上げてしまうイタズラのことらしいんだ。

 今回は猫によるフォトボム「写ってはいけない猫がそこに…!」シリーズだよ。小さいおじさんぽいのもいるけど、多分全部この世に存在している猫だと思うんで、そのへんは安心して見てくれていいと思うよ…多分ね。

#

toe-9_e
 
 モフっとふわっとした毛につつまれた丸いフォルムの足。そしてその裏側に待つほんのり湿った肉球。猫の前足ほどかわいく我々の理性を乱すものはなかなかない。人間の足に踏まれたら絶対許さない、でもこの足に踏まれたらなんでも言うことを聞いてしまうなんてお友達も少なくないだろう。

 そんな猫下僕たちのための官能的な猫の前足ちょこん画像集が発見されたよ。さまざまな角度からとられた猫の前足にみんなで悶えようじゃないか。

#

surgery-2_e

 ペットを飼う以上避けられないのが病院とのおつきあい。自分が病院に行くことよりも、愛するペットを病院に連れていくことの方がはるかにつらいものだ。

 そしてできるだけ痛みを感じないよう麻酔をしてもらうわけなんだけど、術後も少し麻酔が残っていたりする。そんなペットたちの麻酔が残った状態を切り取った画像が発見されたので、みんなで見てみよう。ちょっぴり意識が飛んじゃっている様子がかわいそうなんだけどかわいいんだ。

#

cat-1_e

 トイレットペーパーを発見するとど~にもこうにも痛めつけたくなっちゃうタイプの猫って少なくないようだ(関連記事)。

 今回ご紹介する猫の個体もトイレットペーパーを発見、惨殺し満足そうにしていたところ飼い主男性に捕獲された模様。

#

who2

 同僚やクラスメイトが突然ヘアスタイルを変えて、長かった髪をバッサリ切ってきたりした時、「誰だっけ」なんて思った経験はないかな。髪型が変わると別人みたいになっちゃう件については、先日もマランダーでお伝えしたばかりなんだけど、今回はそんな友だちに戸惑う猫の映像が届いたのでお目にかけよう。

#

vitiligo-1_e

 先日カラパイアで白斑症の少年が白斑の犬と出会い、少しだけ自分を好きになれたという記事があった(関連記事

 白斑症とは生命を脅かす病ではないが、皮膚の色が部分的に薄くなったり白くなる皮膚病である。人間にも発症するが動物たちにも発症する。「周りと違う」そんな意識は全くない、ただ己のあるがままを受け入れて愛らしさいっぱいの白斑症の動物たちを見てみよう。

#

sleepy-f_e

 猫はもともと語源が寝子からきたという説があるのはマランダーのお友達ならわりとみんなご存知かもしれない。

 そんな説があるのも頷けるほど、猫たちは睡眠欲に忠実だ。充実した猫生には毎食後の睡眠は欠かせないようだ。今回発見した動画では、飼い主男性を起こす気満々で派遣された猫先輩が、ついつい男性から発生している睡魔ビームに引き寄せられいとも簡単にお昼寝を開始しようとする姿が見ることができるよ。

#

fire-6_e

 カナダ、サスカチュワンに住んでいるクリスチャン・キャンフィールドさんはある夜、信じられない光景を目にした。近所の家が燃え盛る炎に襲われていたのだ。消防隊の勇気ある消火活動を撮影しようと決めたクリスチャンさんは、意図せず自身も救助活動の一端を担うこととなる。

 燃えている民家から猫が飛び出してきたのである。

#

net]_e

 曇りのない瞳で私たちを見つめてきた…と思ったら突然の暴虐な行動、秘密の会議、偶然を装った捨て子猫のあっせん、そして限りない食欲、睡眠欲など猫にはまだまだ人類では明かし切れていない秘密がたくさんある。そして時として写真に写された猫はものすごく雄弁に心の内を語っていたりするんだ。

 今回マランダーがご紹介したいのは、猫が邪悪に写っちゃった画像20選なんだけど、この写真を撮った人たちが無事かどうかちょっと心配なんだよ。 

#

waiter-f_e

 ねこナビさんは猫専門メディアという夢のようなお仕事をしてらっしゃる編集部である。そんなねこナビさんにはぶるるとべるるというカワイイ猫たちがいらっしゃるようだ。(ねこナビ


 ぶるるさんとべるるさんは「おう、おやつくれ」と言わんばかりにベルを鳴らしておやつの催促をするのが特技なんだそうだ。マランダーの猫下僕の仲間みんなでそのテクニックに酔いしれてみようじゃないか。