マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ:

#

catvalator1

 オートスロープって聞いたことあるかな。ほら、動く歩道が斜めになっているヤツだ。大型のSCなんかに行くと、カートといっしょに階を移動できるように設置されているところもあったりするよね。

 そのオートスロープでまったり遊んでいる猫の姿が激写されていたので、みんなにもほっこりまったりのお裾分けをしておくよ。

#

tryingtodo0

 猫は気まぐれな生き物であり、下僕の都合などもちろん考慮してくれるはずもなく、やりたいときにやりたいことをやる。それが猫の猫たる所以であり魅力なのであるから仕方ない。

 カリスマ猫下僕のクリスさんと愛猫コール&マーマレードによる、猫飼いあるあるの最新版が届いたので見てみよう。

#

MtH7KFY_e

 猫にはそもそも忍者的な何かが備わっている。音もなく忍び寄る、気配を感じさせることなく隠れ潜む、高いところを歩く、狭いところに入り込む、ジャンプ力が半端ない、そして獲物を狩るのに長けている…etc.etc. あと他に何がある? あ、もちろんNNNとしては、陰謀を企てるのもお手の物なのだ。

 今日はちょっと趣向を変えて、「猫を探せ!」をテーマにお届けしようと思うんだ。紹介している画像の中には、必ず1匹の猫が隠れている。ぜひ頑張って全部見つけ出してほしい。

#

cat-1 [www.imagesplitter.net]_e

 猫は我々人間よりも聴覚に優れている(おおよそすべてにおいて優れているともいえる)。よって、我々が通勤通学から帰宅する際、実は足音やなんかを聞き分けて「あ、帰ってきた」ってわかっていたりするんだそうだ。時としてマイペースすぎる印象を与えてしまう猫ズだけど、猫だって我々をちゃんと待ってくれたりするんだ。今回、飼い主の帰宅を待つ風情の猫を写した写真集が発見された。

#

TVkitten3

 想定外の被写体が写り込んでしまった写真なんかを、フォトボムって呼んだりするけれど(関連記事1とか2とか3とか)、動画の場合はビデオボムという言い方もあるみたい。

 今日はテレビの生放送中に、うっかりビデオボムと化してしまったにゃんこをご紹介しちゃおう。

 

#

homealone6

 飼い主の留守中、ペットたちはどう過ごしているのか。マランダーではこれまでにも何度か、このテーマについて特集してきた。

 飼い主をずっと呼び続ける子、これ幸いと鬼の居ぬ間を満喫する子、「カメラあるの知ってるよ」とクールな子、ダメと言われていることをこっそりやっちゃう子など、その過ごし方は千差万別。

 今日も飼い主の留守中にセットしたカメラに収められた、ペットたちの留守番風景をご覧いただこう。
 

#

dropped44
 
 みんなご存じラグドールのティモ。最新型の猫トイレを手に入れたり、つい先日はいとしの彼女と密会していた、猫界きってのリア獣のはずだった。

 しかし、そんなティモにピンチが訪れていたようだ。モフふわぽっちゃりボディのティモにどうやら恋のライバルが現れたらしいってんだからこれは一大事だ!

#

J4Y5d8s_ea

 マランダーではついこないだも、箱やら袋やらに幸せそうに納まっている猫たちの写真を特集したけど、またしてもたくさんの箱入り猫たちを映した写真が届いたよ。

 段ボールだったりプラスチックだったり、あるいはガラスや金属だったりと、素材は特に問わないようだ。とりあえず入ってしまう条件は、猫自身が「入りたい」って思うかどうか。猫飼いのお友だちはぜひ新しい形や素材の何かを献上して、その反応をレポートしてほしい。

#

rubble-1 [www.imagesplitter.net]
 
 「猫には九つの命がある」とはよく言ったもので、大けがをしたり大病を乗り越えても長生きをしている猫が世界のあちこちにいたりする。

 以前ご紹介した、ナツメグさんは推定31歳だった(ナツメグさんは虹の橋を渡られた

 今回は30歳のお誕生日パーティを終えられたというご長寿猫のラブルさんをご紹介するよ。

#

5add923bb1afe_b5pyONe__605_ea

 たとえ梅雨でうっとうしい日々が続いていても、台風が来ても酷暑に見舞われようとも、猫たちの日常的風景に変化はない。これぞ猫的エブリディライフ。なぜどうしてと突っ込んだら負け! イマイチ納得がいかなくても、たとえ理解を超えていても、「猫だから」の一言ですべてが解決してしまうのである。

#

dropped101
 
 マランダーでもまことしやかに流れている猫による猫のための暗躍組織NNNの噂。猫のいない家や飼ってくれそうな家、優良物件と見なされた下僕や下僕見習いの家にある日突然現れ、子猫や野良猫を派遣していく組織である。

 その活動は絶え間なく、そしてワールドワイド、時に国家権力をその肉球のうちにおさめてきた。

 大体において単体で潜入捜査を行うことが多いNNNの刺客だが、今回は小さな毛玉10匹による活動報告があがっていたのでみんなでシェアしたい。