マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ:

#

dogndolphin2_640

 陸に住む生き物と海に住む生き物。住む世界は違うけれど、同じ地球の生き物同士、お互いもっと知りたい仲良くしたい。そんな気持ちは間違いなくあるらしい。

 マランダーではこれまでに何度も紹介してきた、イルカと犬のファーストエンカウンター。今日は総集編でお届けするよ!

#

dogsavesdolphin2_e
image credit:youtube

 陸の生き物が水中では生きていけないように、水の中に棲む生き物は陸に上がってしまったら長くは生きていられない。たとえそれが哺乳類だったとしても。

 波打ち際を愛犬と散歩していた男性が、岸に打ち上げられていたイルカの赤ちゃんを海に帰してあげたお話がイギリスのニュースで取り上げられていたので、みんなにもシェアしておこう。

#

pettingsharks1_e
image credit:youtube

 マランダーでは「サメ=わんこ説」を何度か提唱してきたわけなんだが、さらにその説を裏打ちするような美しい映像が紹介されていたよ。恐ろしいイメージのあるサメたちだけど、こんな様子を見るとやっぱりいいなって思ってしまうんだよね。
 

#

creatures2_e
image credit:youtube

 先日は巨大な海のクリーチャーをご紹介したばかりだが、アレに興味を持ってくれたお友だちに、さらなるクリーチャーの映像をプレゼントしよう。

 あの巨大なチューブ状の生き物がホヤの仲間なら、今日紹介するのも同じくホヤの仲間なんであるが、どこが同じ生き物なんだよ!と思ったみんな、大丈夫。多分全員がそう思ってる。

#

clownfisheggs0_e

 大きく分けて、命の誕生にはお母さんのお腹から生まれてくるパターンと、卵から生まれてくるパターンがあると思う。もちろん他にもクローンだとか卵胎生だとか、いろいろあるかもしれないけれど、基本的にはそんな感じ。

 でもって、卵を産む生き物たちの場合だ。産んだら産みっぱなしの親もいれば、孵化するまでつきっきりで面倒を見る親もいて、いのちの生まれ方も種族ごとにバラエティに富んでいるんだな、と感動してしまったりするんである。

 今日はその中でも、卵の傍でつきっきりでお世話をするお魚さんの話をしよう。なおツブツブがいっぱい出てくるので、苦手なお友だちは注意してね。

#

sealiondog5_e

 海に生息している哺乳類、いわゆる「海獣」の仲間でマランダーに登場したのは、アシカやアザラシ、オットセイ、トドにセイウチなんかがいたと思う。

 今回紹介するオタリアって生き物は、日本ではあまりお馴染みさんとは言えない動物じゃないかと思うんだ。下手するとトドなんかよりも貫禄たっぷりかもしれないオタリアたちと、そこにケンカを売りに来たわんこのやり取りを見てみよう。

#

whalespins0_e

 クジラやイルカの仲間たちは、とても賢い上に好奇心が旺盛だ。ニンゲンのやることなすことに興味津々で、ときには真似してみようとしたりする。

 今回紹介する映像では、ぐるぐると回って見せるニンゲンの動きを、そのまんま真似するマッコウクジラの様子がとらえられているので、ぜひ見てほしいな。

 

#

worm7_e

 海の中は、地球上最後のフロンティア。まだまだ人間の侵入を許さない深海の領域や海底洞窟がたくさんあって、未知の生き物だって数えきれないほどいるに違いない。

 そんな謎とロマンあふれる海の中で、いやだからこそ突然こんなクリーチャーに遭遇してしまったら、感動とビックリがいっしょになって思い切りはしゃいでしまいそうだ。

 多少……というか、かなりにょろにょろ要素が強いので、苦手なお友だちは注意してね。

#

pufferfish0_e

 まず日本人はデフォとして、魚を見ると「美味しそう」と思ってしまうことが多いらしい。水族館でも「美味しそう」って、思わず口に出しちゃったりした経験はないかな?

 魚とともに生きてきたわけだから、文化的にも仕方がない。例えばフグという魚、日本人なら「膨れるヤツでしょ」「毒があるでしょ」の次に思い浮かべることといえば、フグ刺しとか天ぷらとかじゃないだろうか。

 しかしそのフグにもいろんな種類があったんだ。今日は意外にもカラフルで可愛いフグの仲間を紹介するよ。

#

cuttlefish0_e

 イカの卵って見たことあるかな? なになに、食べたことがある? うん、たまーにスーパーで見かけることもあるし、地方によっては珍しくないのかもしれないね。

 今日はオーストラリアの海の底で、たくさんのイカの卵を写した映像を見つけたので、みんなにもシェアしておくよ。

#

lagunabeach3_e

 ビーチでイルカと出会った、あるいはサメと出会った!なんて話は、マランダーでもたまにお伝えしているんだけど、さすがにコレは珍しい!(関連記事12など)

 というわけで、今日はビーチに迷い込んできたシロナガスクジラとの遭遇シーンをお見せしよう。

#

dolphinsnsurfers0_e

 イルカたちといっしょに波に乗るサーファー。そんな奇跡のような映像を以前お届けしたけれど、今回もまた、サーフィンを楽しむ人々の間でいっしょに波乗りをしているかのようなイルカたちの動画をお届けしようと思うんだ。

 こんな間近でイルカたちと出会えたら、本当にハッピーだと思うんだよね。
 

#

blueshark0_e

 ほとんどの魚は、水の外では生きていられない。うっかり外に出てしまった場合、身をよじらせ跳ね回り、なんとか水中へと戻ろうとする。ちょうど我々が水の中では生きられないのと同じように、魚たちにとっては空気中は命の危険にさらされる場所なのだ。

 だが自分で水中に戻れるのは、ラッキーな方なのかもしれない。今回の映像のように、親切な誰かに助けてもらえたなんてケースは、特に運が良かったと言えるだろう。