マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ:

#

eaglesave2

 猿も木から落ちるというが、猛禽類であるワシの子供も、どうやら巣から落ちてしまうことがあるらしい。巣が湖のほとりにあった場合、水の中に落ちてしまうこともあるわけで、そうなるとヒナが自力で巣に戻るのは至難の業だろうと思われる。

 たまたまそんな現場にボートで通りかかった男性が、ワシの子を無事に救助した時の映像を見つけたので、みんなにも見てもらいたいと思うんだ。

#

walkingbear0

 クマーが二足歩行をたしなむことは、比較的よく知られている。だがもともとは四つ足の獣、安定した地面でなければ難しいのではないだろうか。そう思っていた時期が自分にもありました。今日はそんな思い込みを覆してくれる映像を発見してしまったんだ。

#

missiris5

 喉が渇いた、水が欲しい。そんな時、ニンゲンが蛇口をひねったりフタを開けたりして水を出してくれるのを、期待して待っている生き物たちが少なくない。それはマランダーでも何度かネタにさせてもらっている通りである(コレとかコレとか)。

 しかし中には待ちきれなくって、自分で何とかしちゃう賢い連中もいるわけで、今日はそんな中から一羽のインコをご紹介しよう。

#

mulder3

 もちろん猫は賢い生き物である。ドアを開けるのなんてお茶の子さいさい、下僕たるニンゲンがその行動を阻止しようなどというおこがましくも涙ぐましい努力なんて、あっさりと蹴破ってしまうのだ。

 今日も今日とてそんな猫様の行動をとらえた動画が発見された。これを見て「無駄な努力」という言葉を改めて心の辞書に刻むのもいいかもしれないとか思うんだ。
 

#

dogrescue8

 ヒューマンチェーンで水に落ちた犬を助けるという、感動的なできごとを先日紹介したばかりだけれど、またしても同じようなシチュエーションでの救助作戦が展開されていたようだ。今回も勇敢なニンゲンによって、無事に助け出された模様。その一部始終を見てみよう。

#

thirstybird7

 賢い生き物たちは、ニンゲンを便利に使うワザを習得しつつあるようだ。「困ったときのニンゲン頼み」というフレーズは、もしかしたら生き物界の慣用句になっているのかもしれない。今回も喉が渇いてしまった鳥類が、ニンゲンにお水の提供を命じちゃう動画が公開されていたので見てみよう。
 

#

bearspraysdog0

 クマーと犬の関係は、少々微妙な気がしないでもない。単純な力比べをすれば、犬は猛獣クマーの前ではひとたまりもないだろう。しかしだからといって友情が成立しないわけでもなさそうだ。

 そんな友情を証明してくれちゃうような映像を見つけたよ。スペインはアンダルシア地方にあるハエンという街の郊外で、クマと犬とのほっこりシーンが撮影されたのでご紹介しよう。

#

toucanplayingwater1

 先日ごみんなにご紹介したオオハシのリプリーちゃんが、水遊びをしている様子を撮影した動画が公開されていたのでご紹介するよ。あのクチバシでの水遊びは、なかなか大変そうなんだが、さてどんな風に遊んでいるのか見てみよう。
 

#

dropped9
 
 なんとなくドタバタしていたお正月も終わりの兆しが見え始めた今日、明日から通常運行という人もいるんじゃないだろうか。連休最後のお友達ももう少しお休みが続くお友達も、一息ついてお茶なんて飲んでみたらいいんじゃないだろうか。今回、飼い主さんの飲みかけのお水をちょこちょこ飲むうさぎのレインさんの動画が発見されたのでひと時だけでものんびりした気持ちで見てみてほしいんだよ。

#

dropped10
 
 連休が終わろうとしている。明日からのことを考えるとしょんぼりーぬ、連休なにそれ?そんなみんなたちのために、ただただコアラが水を飲む動画を準備したよ。

 スローな動き、つぶらな瞳、どれをとっても心がのんびりほっこり感じられるはず。

#

dropped
 
 ある朝女性がいつものように仕事に向かおうとすると、家の中にかわいいお客さんがやってきてしまった。とってもオーストラリアな生き物、コアラさんだ。普段は木の上で気ままに暮らしているコアラにいったい何があったのだろう?無事に野生に帰れたのだろうか。

#

dropped1
 
 アメリカ、アリゾナ州のゴルフコースでライアン・タプリンさんが友人とプレイ中に、思わぬ参加者に出くわしたという。

 それはアメリカにおける最も身近な肉食獣、コヨーテだった。コヨーテと言えばプレーリードッグだったりウサギ、場合によっては家畜やペットも襲うプレデターだ。しかしこのコヨーテは何だか様子が変だった。

#

kangaroorescue0

 カンガルーというと、ぴょんぴょんジャンプする姿が印象的な動物だけれど、泳ぎも決して苦手ではないというのは以前カラパイアでもお伝えしたとおりなんだ。

 ところが今回、運河に落ちて這い上がれなくなってしまったカンガルーがいるという通報を受けて、動物園のスタッフが急行したという事件があったらしいので、その一部始終をご紹介するよ。