マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: 母子

#

puppyncatfamily6

 異種の生き物同士、友情が芽生えることは珍しくない。そして時には親子として、種族の違う動物を受け入れてくれる動物もいるってことは、これまでもマランダーで何度かお伝えしてきていたよね。

 今日は生まれたばかりの子犬の赤ちゃんを温かく迎えて、子猫たちといっしょに育ててくれている猫をご紹介しちゃうよ。まずは動画を見てもらおうかな。

#

ducklingscrossing1

 毎年この時期になると、カルガモの親子の引っ越しが日本でも風物詩になっているよね。もちろん日本だけじゃなくって、世界中のいろんなところでこの光景は見受けられるわけだが…。

 イギリスのとある大学のキャンパス内でも、毎年恒例カモたちのお引越しが行われていたんだけど、なんと今回撮影されたカモの親子ご一行は、きちんと横断歩道を渡って行ったんだってさ。

#

tmg-article_tall (2)_ea

 野生の生き物は、よっぽどのことがなければニンゲンと接触しようとはしない。彼らにとってニンゲンは危険な生き物であるし、そう認識してくれているほうがお互いのためにも望ましいこともあるだろう。

 だが何か緊急事態が起きたとき、「ニンゲンなら助けてくれるのでは?」と考える生き物たちもいるみたいだ(関連動画123ほか多数)。今日はそんな中から、おまわりさんにピンポイントで救いを求めた鳥さんのお話をしようと思う。

#

Dogburiesherdeadpup0_e

 10万年ほど前に地球上に存在していたネアンデルタール人は、亡くなった仲間を埋葬し、花を手向けて弔った形跡があるという。ゾウやサルの仲間など現在存在する動物たちの中にも、仲間の死を悼むような行動を取るものがいることは知られているが、埋葬となるとどうだろうか。

 今日は死産した自分の子供を、自ら掘った穴に埋める母犬の姿をご紹介しよう。亡くなった子犬が写っているので、閲覧するときは注意してね。



#

candy6

 先日ご紹介した甘えんぼな柴犬のキャンディさん。実はキャンディさんはお母さんだったって知ってた? 

 これまでに生まれた子犬たちは、それぞれ愛情たっぷりなご家庭に引き取られて幸せに暮らしているんだよ。今日は母の日ってことで、キャンディさん(と旦那さんのフォンジーさん)が久しぶりに娘に会いに行ったシーンをお目にかけちゃおう。

#

mothersday16

 今日は母の日ということで、動物のお母さんたちにスポットを当てた動画をご紹介しようと思うんだ。子を思う母の気持ちは、動物も人間も変わらない。子供のために一生懸命なお母さんたちを見て、今日くらいはお母さんをいたわってあげてほしいな。

#

bearinpool3

 暑い日に目の前にプールがあったら、飛び込みたくなる気持ちはわかる。しかしヨソ様のお宅に不法侵入して、そこんちのプールにドボンというのはいただけない。よそんちのプールに入っていいのは、そこのお宅の住人からきちんと招待されたときだけだ。もちろんニンゲン限定でね。

 ということをどうやってこの侵入者たちにわかってもらったらいいのだろうか。そう、今日のお客さんはクマの親子だったんだ。

#

foxkits0

 地元にいる野生の生き物たちの、生態系を調べてみよう! そんなプロジェクトに取り組んだアメリカの高校生たちが、森の中にカメラを設置してみたところ、思いがけず可愛い子ギツネたちの日常的風景の撮影に成功したようだ。いったい子ギツネたちはどんな風に毎日を過ごしているのかな。

#

babyndog0_e0

 大人なら何気なく越えられる段差でも、小さな子供にとっては壁状態なこともある。マランダーではこれまでにも、お母さんの所へ行くのに苦労している鳥のヒナたちを、人間が手助けしている様子を何度かご紹介してきてるんだけど(関連記事12など)、今日は極めつけのサポート場面をシェアしちゃうよ。

 まだまだニンゲンさんたちも捨てたもんじゃない、優しい人たちもいっぱいいるなって、ほっこりしてもらえたら嬉しいよ。

#

ratshowsbaby0

 自分の子供が生まれたら、大事な人たちにぜひ会ってほしい。顔を見てほしい。そう思うのは自然なことなんじゃないだろうか。ペットだって大好きな飼い主さんに、子供を紹介したいと思ったとしても、ちっとも不思議じゃないよね。

 今日は飼い主さんの手を引っ張って、自分の子供たちを誇らしげに見せようとするネズミのお母さんを見てほしいんだ。飼い主さんとネズミ母さんの間にある、信頼と絆を感じてもらえるんじゃないかな。

#

koala2

 マランダーでおなじみのオーストラリアの動物といえば、カンガルー(コレとかコレとかいっぱい)、ウォンバットタスマニアデビルなどがいるけれど、なんといってもキュートさでいえばコアラである。それが赤ちゃんともなれば、さらにキュートさ倍増である。

 そんなコアラの赤ちゃんが、お母さんとはぐれて一人ぼっちで道を歩いていたらどうしよう? もちろんこうするのだ!
 

#

birdnbaby13_ae

 卵で生まれてくる鳥たちだが、親鳥のヒナたちへの愛情たっぷりな献身ぶりはニンゲンの親と変わらない。慈しみ、守り、導き、巣立ちを見届ける。そうしてその親子の絆は、次の世代へと確実につながっていくのだ。今日はそんな鳥たちの、母性愛・父性愛に満ちた姿をお届けしよう。
 

#

babysquirell2

 リスの赤ちゃんが木から落っこちて保護された、というお話はこれまでにもいくつかご紹介してきたけれど、今回ご紹介するのはニンゲンに保護されたあとで、お母さんリスが赤ちゃんを迎えに来たというお話だよ。

 お母さんリスが迎えに来た話は先日もお伝えしたけれども、今回は保護した人がこのまま面倒を見る覚悟を決めたところで迎えに来たそうなんだ。さて、その一部始終を見てみよう。
 

#

lionmum1

 お母さんの愛情は無限大。どんなときにも、無条件で子供たちに愛を注ぐのがお母さんだ。だが時々やり過ぎちゃって、子供に煙たがられることもあったりするよね。ライオンの世界でもそれは同じみたいなんだ。

 大好き過ぎて子供を水に落っことしちゃったお母さんライオンの姿をシェアするので、ああ、うちのお袋もこういうとこあるよな、とかウチもやらかしてたかも、とか気付いてもらえたらと思うんだ。