マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: 母子

#

rooftopcat11_e

 大昔、自分の家の床下で、猫が出産したことがあった。野良じゃなくて、放し飼いにしていた隣んちの猫だったんだけど(まあ昭和の時代だし)、生まれたばかりの子猫たちを抱えたお母さん、強かったなあ。

 猫もニンゲンも、お母さんが子供に向ける慈しみや愛情は無限大なことに変わりない。今日はそんな、子供を守るお母さん猫のお話をしようと思うんだ。

#

bodyguardcats18_e

 よく「猫は犬みたいに忠実じゃないし、3日経ったら恩も忘れる」なんてことがまことしやかに言われたりする。だけど絶対にそんなことはないもんね。表現の仕方が違うだけで、愛情も感情もたっぷり持っている生き物だよ。

 この動画を見てくれたらきっと納得してもらえると思う。猫だって「大好き」な相手には、とことん「大好き」を見せてくれるんだ。
 

#

babyelephant0_e

 ちっちゃい子供が何か失敗しちゃったとして、はいはいしょうがないわねぇってノリで何とかしてくれるお母さん。頼りになるよね。大好きだよね。

 ゾウさんの場合も、お母さんと子供の関係はおんなじみたいだ。やんちゃな赤ちゃんゾウと、そのフォローをしてあげる優しいお母さんを写した動画が話題になっていたので、ぜひみんなにも見てほしいんだ。

#

bearsbears0_e

 生まれて初めてできたお友だちは、クマさんのぬいぐるみだったっていうお友だちは多いんじゃないかな。かくいう自分もそうだった。そのくらい「クマさん」っていうのは、なんだかあったかくって優しくって可愛いイメージを持ってるんだろうね。

 もちろんリアル・クマーには別の一面もあるわけだけども、今回はちょっとほっこりほんわか加減のクマさんの映像を見てみよう。

#

bravebaby0_e

 子供にとって、お母さんはなくてはならない、大好きでかけがえのない存在。だからこそ、お母さんをいじめるヤツは許せない!ボクが守ってあげるんだ!ってけなげに思うちっちゃな戦士も現れるわけで。

 アヤシイ音を出す生き物(クルマ)に乗った、チマチマやかましいヘンな動物(ニンゲン)から、お母さんを守ろうとするゾウの子供が「カッコいい!」と評判になっていたので、その映像を見てみよう。

#

goosevistsman0

 以前カラパイアでお伝えした、助けてくれた人間の男性の恋人気取りのカナダガン、カイルのお話を覚えている人はいるかな。あのカイルがなんと、お母さんになったらしい。おさらいを含めて、カイルが今どうしているのかを見てみよう。

#

hector3

 いつもヤギたちが季節のお便りを届けてくれるサンフラワーファーム。だけどそこで暮らしているのは、何もヤギたちだけじゃない。わんこもいるし、にゃんこもいる。

 このファームで2日前に生まれたばかりの子ヤギが、ファームの猫たちとファーストエンカウンターを果たした時の映像が届いたので、ぜひみんなで見てみよう。

#

cowsmom3

 自分の力ではどうにもならないとき、動物たちは人間に助けを求めてくることがある(関連記事123他いっぱい)。これまでにも何度かそんなシチュエーションをご紹介してきたわけだが、今日はまだへその緒が付いたままの子ウシを助けてほしいとアピールしてきたお母さんウシと、その後の救出劇をお見せするよ。

#

q4ch3-service-dog-birth5_ea

 日本では電車の中や駅の構内で出産したなんていうニュースがあったよね。言い方は悪いかもしれないが、「出物腫れ物所嫌わず」という言葉もあるわけで、破水した!とか陣痛が来た!なんてのは自分ではどうにもならなくって、そのまま出産まで問答無用で突き進むしかない。

 今回アメリカから飛び込んできたのは、空港でゴールデンレトリバーが出産したというニュースだよ。赤ちゃんたち、無事に生まれてきたのかな。

#

puppyncatfamily6

 異種の生き物同士、友情が芽生えることは珍しくない。そして時には親子として、種族の違う動物を受け入れてくれる動物もいるってことは、これまでもマランダーで何度かお伝えしてきていたよね。

 今日は生まれたばかりの子犬の赤ちゃんを温かく迎えて、子猫たちといっしょに育ててくれている猫をご紹介しちゃうよ。まずは動画を見てもらおうかな。

#

ducklingscrossing1

 毎年この時期になると、カルガモの親子の引っ越しが日本でも風物詩になっているよね。もちろん日本だけじゃなくって、世界中のいろんなところでこの光景は見受けられるわけだが…。

 イギリスのとある大学のキャンパス内でも、毎年恒例カモたちのお引越しが行われていたんだけど、なんと今回撮影されたカモの親子ご一行は、きちんと横断歩道を渡って行ったんだってさ。

#

tmg-article_tall (2)_ea

 野生の生き物は、よっぽどのことがなければニンゲンと接触しようとはしない。彼らにとってニンゲンは危険な生き物であるし、そう認識してくれているほうがお互いのためにも望ましいこともあるだろう。

 だが何か緊急事態が起きたとき、「ニンゲンなら助けてくれるのでは?」と考える生き物たちもいるみたいだ(関連動画123ほか多数)。今日はそんな中から、おまわりさんにピンポイントで救いを求めた鳥さんのお話をしようと思う。