マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: 救助

#

dropped94
image credit:YouTube

 今年は暖冬だといわれているけれど、夜ともなれば寒風が吹く。ましてコンクリートの地面は底冷えを感じる。そんな季節に心温まるお話が届いていたよ。

 某国某所で、雪降る日に野良猫が丸まっている姿が男性によって発見された。太っているのとは違うその独特のシルエットを見た男性は、すぐにピンときた。

#

LAriver5_640

 ロサンゼルスを本拠地に、西海岸の困っている動物たちの保護活動に力を注いでいるHope For Pawsのスタッフたち。

 今日は市内を流れるロサンゼルス川に、子猫が2匹いるという通報を受けて現場に駆けつけたんだそうだ。さて、無事に子猫たちを保護することができたのだろうか。

#

catcaught0_640

 今日から仕事始めというお友だちも多いのかな。正月気分を引きずってだるだる~な今朝のみんなに、一発で目が覚めそうなこの動画をお届けしちゃうよ。

 高い高い木の上に登って下りられなくなった猫の救出大作戦の様子なんだが、ハラハラドキドキ手に汗を握っちゃうこと間違いなしの映像だ。ちょっとだけ気合を入れて見てあげてね。

#

skyscraper0_640

 猫ってやつは高い所が得意な生き物だってことはわかっている。わかっちゃいるが、それでも限度があるよね。

 なぜどうしてそんな高い所に、しかも自分では下りられないところに行きついてしまうのか。

 高層ビルの壁際から猫を救い出した映像が話題になっていたので、3年ちょっと前に撮影されたものではあるけれど紹介するね。

#

savinghawk5_640

 イギリスで野生動物の保護活動を精力的に行っているWildlife Aid(ワイルドライフ・エイド)財団のサイモンさんたち。

 お国柄か土地柄か、キツネ白鳥ハリネズミなんかのレスキューを要請されることが多いイメージだけど、時には猛禽類の保護を頼まれることもあるようだ。

#

abandoneddog7_640

 滅多に人が行かないところ。そして食べ物を探すのも難しいところ。そんなところに置き去りにされたペットたちが生き延びるのは、極めて難しいと言える。幸運にも優しい誰かが通りかかって、そこから連れ出してくれない限り。

 そんな奇跡が、南米の奥地で起こったそうだ。今日はその様子をぜひ見てほしい。

#

NYstraycat0_640

 ここはニューヨークのブルックリン。大都会のど真ん中で、野良猫たちの保護活動をしているFlatbush Catsの活動の一端を、先日ご紹介したよね。

 野良猫たちが新しいスイートホームを手に入れて、ずっと幸せに暮らせるよう骨を折っている彼らだが、手元を巣立っていく時にはやはり少しだけさびしく感じることもあるようだ。

#

dropped49
image credit:YouTube

 日本でも様々なメディアでこのニュースを紹介しているのでご存じのお友達も多いかもしれないけれど、これから夏を迎える南半球のオーストラリアでは現在、高温と乾燥した日々が続いているという。それによる森林火災が続いており、たくさんの動物が被害にあっており事態は深刻だそうだ。

 オーストラリアのニューサウスウェールズ州で続く山火事はここ2週間あまりで数百匹のコアラが犠牲となっているそうだ。そんな絶望的な状況だけれど、一人の女性がコアラを救う姿が発見された。

 

#

burriedpuppy5_batch

 子を思う母の気持ちは、人間も犬も変わらない。インド西部にあるウダイプルの街で、Animal Aidのスタッフに今日助けを求めていたのは、1匹の母犬だったんだ。

 ガレキの中に生き埋めになった子犬たち、無事に救い出すことができるだろうか。

#

bearcubrescue0_640

 アメリカでも日本でも、できれば遭遇したくない、しかし街中にもときたま出没しがちな野生動物といえばクマだろう。

 もし人家の近くで遭遇してしまった場合、できるだけ穏便に山とか森とかにお引き取りいただきたいものであるが、こんなアクシデントが起こってしまうと、ニンゲンの助けが必要となるケースもあったりするのだ。

#

injuredsealion3_640

 どうもここ最近の海の中では、「何かあったらニンゲンちゅう変な生き物に助けを求めてみろ」みたいな口コミが広がっているんじゃないかと思えてならない。ほら、先日のウミガメとかもそうだし、ジンベイザメマンタもそうだったよね。

 ニンゲンが彼らにとっては敵ではなく、助けてくれる救いの神とか、もしかしたら便利屋さんみたいなウワサでも立っているのかね。それはそれでどうなんだろうと思わないでもないけれど、今日もまた助けを求めてこんな生き物がやって来たんだ。

#

childlangoor0_640

 先日はイギリスで、クリケットのネットに絡まった子ギツネの救出劇を紹介したばかりだが、今度はインドから、畑のネットに絡まってしまった子ザルちゃんの映像が届いたよ。

 動けば動くほど複雑怪奇に絡んでしまって、ますますほどけなくなってしまうわけなんだが、今回のおサルさんは無事におうちに帰れたかな。

 

#

hedgehoginacan3_640

 イギリスで野生動物の保護活動に取り組んでいるWildlife Aid財団。創設者でCEOのサイモンさんは、財団の運営に注力する傍ら、助けを求める動物たちのために今も自ら走り回っているんだ。

 今日も通報を受けたサイモンさん、とあるお宅へと向かったのだが、そこでSOSを発していたのはこんなカワイイ生き物だったんだよ。