マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: 救助

#

dogsavesdolphin2_e
image credit:youtube

 陸の生き物が水中では生きていけないように、水の中に棲む生き物は陸に上がってしまったら長くは生きていられない。たとえそれが哺乳類だったとしても。

 波打ち際を愛犬と散歩していた男性が、岸に打ち上げられていたイルカの赤ちゃんを海に帰してあげたお話がイギリスのニュースで取り上げられていたので、みんなにもシェアしておこう。

#

bleedingbull0_e
image credit:youtube

 インド西部の街ウダイプルで、ストリートアニマルたちの保護活動をしているAnimal Aidから、ケガをしたウシを保護したときの映像が届いたよ。どうやらバイクにぶつけられて、足をケガしてしまったらしいのだが、出血がひどいので苦手なお友だちは閲覧注意でお願いするよ。

#

syria1_e

 シリアという国は、今こうしている間も絶え間ない危険と隣り合わせにいる国である。内戦が続く中、多くの命と多くの生活が奪われてきた。

 だがそんな中でも、人間のもつ優しさを奪うことは、誰にもできなかったようだ。ケガをして苦しんでいる猫を救うために、シリアの人々の温かい手が差し伸べられていたよ。今日はその様子をみんなにもぜひ見てもらいたい。

#

dogwalksagain0_e

 インド西部の街ウダイプルで、ストリートアニマルたちの保護活動を精力的に行っているAnimal Aid。今日彼らが受け取った通報は、ひどいケガをした子犬がいるというものだった。

 駆け付けたスタッフが目にしたのは、顔に大ケガをした1匹の子犬。この小さないのちを、果たして助けることができるのだろうか。

#

adogcollapses0_e

 ロサンゼルスを本拠地に、ストリートアニマルたちの保護活動に取り組んでいるHope For Paws。今日も緊急の通報を受けて、ケガをした犬を救うためにスタッフが現場に向かったのだが、そのスタッフの目の前で犬は倒れ伏してしまった……!

#

11cats0_e

 クリスさんといえばコール&マーマレードの飼い主であり、自他ともに認める伝説のカリスマ猫下僕である。だがそのクリスさん、捨て猫や野良猫たちの保護活動にも力を入れていることを、マランダーの読者ならご存知かもしれないね。

 そんなクリスさんがこんなショッキングなニュースを紹介していたので、急遽ここでもシェアしようと思う。

#

animalaid2018-0_e

 インドの街ウダイプルは、インド西部のラージャスターンにある都市である。首都デリーとムンバイのちょうど中間あたりに位置しており、人口は約60万人。この街でストリートアニマルの保護活動をしているAnimal Aidは、マランダーではすっかりおなじみになっているよね。

 この正月、Animal Aidではこれまでの活動を紹介する動画を公開していたので、マランダーでもシェアするよ。ぜひ見てくれると嬉しいな。

#

dogtiedtotree0_e

 以前新しく家を買ったところ、地下室に犬がつながれていたというお話を紹介したことがあったよね。このまま置いておけば命を失うのがわかっているのに、いったいなぜそんな真似ができるのかと、憤ったお友だちも多かったと思う。

 今回は山の中で、木に首をつながれたまま放置されていた犬が発見された。運よく見つけてもらったものの、衰弱しきった犬は大丈夫だったんだろうか。

#

slippery0_e

 世間は受験シーズンに入ったところでこんな話題も何なんだが、来年の干支として頑張ってもらうはずのイノシシくんが、凍った橋の上でツルツル滑って前に進めなくなっちゃった、なんていう事態が起こったようだ。

 受験生の諸君はもしかしたら、無事に合格通知が届いてから見てくれた方がいいかもしれない。

#

elephantsalutes0_e

 ゾウという生き物は、家族や仲間の絆をとても大切にするようだ。頭も良く、愛情や悲しみといった感情も持ち合わせているといわれている。死者を悼む行動見せることも、良く知られているよね(関連記事)。

 今日ご紹介する映像では、子供を助けてくれた人間に向かって、感謝を伝えるようなしぐさを見せたゾウさんの姿を見てもらおう。

#

saveducks1_e

 毎年カモが子育てをする時期になると、よちよち歩きのヒナたちを引き連れたお母さんカモというご家族連れが、いろんなところで話題になっているよね。道路を渡る様子なんかは、すでに風物詩と言っててもいいかもしれない。

 ときどき変なところに迷い込んじゃったり、親とはぐれたヒナたちがいたりと、我々もハラハラドキドキ見守るしかないのであるが、たまに漢気のある誰かが颯爽と現れて、ヒーローの座をかっさらっていったりするんだ(とかとか)。