マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: 子育て

#

dropped76
 
 決意ある眼差しで何かの上に座り温めている鳥母さんの姿が発見された。サムネだとちょっとわかりづらいかもしれないけど、母さんの下には5匹の子猫がいた。5つもの小さな命を預かっていたら、そりゃあ責任感ある顔にもなっちゃうってもんだよね。

 鳥母さんの勇ましさ、子猫たちのきょとんとした表情の可愛さ、丸ごとひっくるめて海外掲示板Redditで話題を呼んでいた。


 

#

1810bbrn03

 子育てって、大変だなあ。

 ありきたりの感想かもしれないけれど、この映像を見ると、思わずこんな言葉が口をついて出てきてしまうのも、やむなしだと思うんだ。

 だって、お疲れモードでゴロンとお昼寝しようとしたお母さんのサイが、元気あまりまくりの赤ちゃんに「遊んで遊んで!」の猛攻を受けちゃって。少しもゆっくりできないんだからね。

 まったくしょうがないかわいさだよ。

#

1809mmbr05

 何やら神妙な顔つきの子猫。耳が完全に横になっていることから、相当ビビっていることがうかがえる。

 この子猫が何にビビっているかというと、ほかでもないママ猫にビビっているわけだけど……。

 いったい何をしでかして、この子はママ猫をそんなにもキレさせてしまったのだろう? その一部始終を見てみよう。

#

01

 カワウソといえば、つぶらな瞳とちいさなおててで水族館などでも大人気の動物だよね。水の中を自由自在に泳ぎ回る姿に、ほれぼれしてしまうお友達もいるんじゃないかな。 

 カワウソは生後2ヶ月くらいで毛が生えそろうんだけど、その頃になると、お母さんが子どもに泳ぎを教えるんだって。

 このカワウソのお母さんもまさに、我が子に泳ぎを教えようとしてるんだけど……そのやり方が、めちゃんこアグレッシブなんだ。

#

dropped50
 
 動物たちの母さんの母性は天井知らず。異種だろうとよそんちの子だろうと受け入れてしまう肝っ玉の大きさ、そして気まぐれさも持っていたりする。

 今回は、自分の体ほどもある子犬たちに自分のミルクを分け与える情け深い猫母さんの存在が明らかになった。

#

penguins5

 皇帝だったり王様だったり、あるいはマカロニだったり小人だったりと、いろんなペンギンがいるけれど、その中でもファンが多いのがイワトビペンギンたちである。よちよち歩きが多いペンギンたちの中で、ぴょんぴょん跳ねるように歩くことからついた名前なんだけど、ヤツらも最初から見事に「岩跳び」ができるわけではないらしい。

 滑って落ちて、それでも岩を登り切って家族のもとへ帰って行くんだ。だから受験生のみんなも見ちゃって大丈夫。これはやりとげるペンギンたちのお話だから。

 

#

catnducklings2_ea

 カラパイアで以前ご紹介した、アヒルのヒナたちを自分の子供たちといっしょに育てている猫のお話、覚えているお友だちはいるかな。あの可愛さにめろめろになっちゃった人も多いんじゃないかと思うんだけれど、ちょびっとだけ育ったアヒルのヒナたちの映像を見つけたので、ぜひみんなにも見てほしくってシェアするよ。

#

dropped3
 
 先日、パパ猫が子猫と遊んでいたらなんとママ猫の監視つきだったという案件があったのを覚えているお友達はいるだろうか。今回またしても子育てからちょっと除外されるパパドーベルマンの姿が撮影された動画が発見された。やっぱり父親によるざっくばらんな子育てというのは母にとっては心配なものであるらしい。

#

dropped

 今年の4月、某国某所でアリゲーターのママが池の脇をのっそのっそと歩いている姿が撮影されていた。お池に向かうのか?と思いきや、その背後にはベイビーアリゲーターたちの姿がちらほら見えてきた。これはけっこうな数がいるぞ。

 どうやらママゲーターは、わが子たちが無事に池に入っていけるようしっかりと見届けているようだ。

#

birdnbaby13_ae

 卵で生まれてくる鳥たちだが、親鳥のヒナたちへの愛情たっぷりな献身ぶりはニンゲンの親と変わらない。慈しみ、守り、導き、巣立ちを見届ける。そうしてその親子の絆は、次の世代へと確実につながっていくのだ。今日はそんな鳥たちの、母性愛・父性愛に満ちた姿をお届けしよう。