マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: 子猫

#

2003rlas00
image credit:Facebook

 火事現場から5匹の子猫が救い出され、保護活動をしているお宅に運び込まれた。

 フレイム(炎)、アッシュ(灰)、スーティ(すすだらけ)、スモーキー(煙たい)、アンバー(残り火)と名づけられた、生後1週間にも満たない赤ちゃん猫たち。

 まだまだ母親の保護が必要な彼らのお世話をすぐに買って出たのは、オスのミックス犬・レイランさんだった。

#

dropped32
image credit:YouTube

 こんな花冷えの朝には、やっぱりモフが効果的。心身ともにぽかぽかになる滋養強壮にいい動画をみんなと一緒に見たいんだよ。

 アメリカ、ロサンゼルス州にあるペットの里親紹介サービスから素敵なご家族のもとへ引き取られた小さな子猫が、ご家族によりモフられている様子が撮影されていた。

#

frozenpool1_640

 桜の便りもちらほら聞かれるようになってきて、「春が来た!」とちょっぴり浮き浮き気分の今日この頃。今年の冬は暖冬だったとはいえ、やっぱり春の訪れは嬉しいものだよね。

 今日は移り変わりつつある季節に思いをはせて、こんな冬のワンシーンをお届けするね。
 

#

kittenngolden2_640

 生みの親より育ての親……それは動物たちの世界でも同様なのか? お腹を空かせた野良猫の赤ちゃんを、まるで我が子のようにかわいがって面倒を見るゴールデンレトリバーが発見された。

 かいがいしく世話をする様子は、実の親に勝るとも劣らない献身ぶり。種族の違いを感じさせない、愛情豊かな子育て母さんに、ぜひ大きな拍手を送りたい。

#

kittenwinsoldersheart1_640

 トルコの居候猫ダルタニャンの住むお庭は、いつもその様子を見せてくれる撮影者さんのお父さんのおうちなんだ。

 撮影者さん自身の家にもインディとサンティという猫がいるのは、もうみんなも知っているんじゃないかな。

 今日はそのインディとサンティが初めて出会った頃の様子が公開されていたので見てみよう。おっとりお兄ちゃんのサンティと、元気いっぱいヤンチャなインディ。2匹はすぐに仲良くなったのかな?

#

dropped74
image credit:Instagram

 子猫ズが戯れる姿はいつなん時見ても幸せを確約してくれる素敵なものである。特に赤ちゃん猫が精いっぱいミルクを飲んでる姿なんて言ったらもうヒーリング効果ばっちりなんだから。

 赤ちゃん猫が哺乳瓶からミルクを飲みながら、その小さなかわいい耳をぴくぴくさせるかわいいワンシーンが撮影されていたよ。

#

snowball0_640

 最近はあまりいいニュースも聞こえてこなくて、気分が晴れ晴れとするようなことを見聞きすることが少なくなった気がする。

 それでも毎日頑張っているお友だちに、可愛いマンチカンの母子の映像をお届けするよ。気分だけでもほっこりして癒されてもらえたら嬉しいんだけど。

#

driveinwkitten0_e
image credit:Instagram

 キュートなマンチカンのふわふわ子猫が、飼い主の男性にふんわり寄り添って甘える動画。本当に可愛くって、見てる方がとろけてしまいそうな反則っぷりなんだが、今回はそのシチュエーションがイマイチよろしくなかったようだ。

#

dropped64
image credit:YouTube

 猫パンチに負けず劣らず評判がある猫の必殺技といえば猫の後ろ脚から繰り広げられる猫キックである。猫たちは、蹴りぐるみを与えると無心になって蹴りぐるみを抱え込み、必死に猫キックの練習をするのである。

 こちらの子猫も例外でなく、小さなオレンジ色のおもちゃを抱えて一生懸命に猫キックの練習をしていたところ…おもちゃがどっかに行っちゃった。

#

2001ktcf00
image credit:Facebook

 つい先日、極寒のカナダ・アルバータ州の雪山から救出された子猫の話をお届けしたところだけど、またしてもアルバータ州の雪中から救出された子猫の話をご紹介するよ。

 今回はなんと3匹、しかもその生命を救うために役立ったのは、1杯のコーヒーなんだ。

#

2001alct01
image credit:Facebook

 カナダ・アルバータ州に暮らすマックス・アダムスさん。彼は、世界各地で11月に行われる「モーベンバー」という男性のためのがん啓発運動に毎年参加していた。

 彼のチャレンジは、60kmを踏破するチャリティーハイクに挑戦するというもの。2019年は親友のがんが発覚したり、祖父をがんで亡くしたりと彼にとっては苦しい年だったこともあり、万感の思いを込めての参加となった。

 しかしそんなチャリティーハイクの途中、たった10kmのところで彼は足を止めることになる。

 雪深い山道で、力いっぱいに助けを求め鳴き叫ぶ子猫に出会ってしまったからだ。

#

dropped9
image credit:YouTube

 今日は久しぶりに「真冬」と呼んでいい寒さを体感する一日だった。おうちでのんびり過ごしていたお友達も、外出して一仕事頑張ってきたお友達も、一緒にただ子猫ズが転がる動画を見て抜くぬくぬくしたひと時を過ごそうじゃないか。その癒しの効果、心温まることは約束されたようなもんだよ。