マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: 子供

#

myboy3_e

 子供っていうのは、一人で遊んでいる最中にも、なにやら独り言を言ってたりするよね。大人なら心の中で呟いておしまいだけど、小さい子は思ったことを全部口に出さずにはいられないこともあるみたい。

 子供がホッケーの練習で親から離れている間、どんなことをしゃべっているのか気になったこの撮影者さん、ポケットにマイクを忍ばせてみたそうだ。4歳になったばかりの男の子、さて何をしゃべっているんだろう。

#

photofromhistory7_ea_e

 まだ写真といえばモノクロだった時代。そんなに昔のことじゃないけれど、フィルムカメラですら日常生活からほぼ撤退した現在では、遠い遠い昔のような気がしてしまう。

 でも例えばここを見てくれているみんなのお父さんやお母さんが小さかった頃は、それが当たり前だったのかもしれない。気軽にコピーもできなかった当時は、1枚1枚の写真に思い出がたくさん詰まっていたんだ。

 今日はそんな頃に撮影された、人間と動物たちの心温まる触れ合いのシーンをお届けしよう。

#

dropped60
 
 犬と赤ちゃんのお昼寝っていうのは、いつだってこれ以上ないやさしいリラクシングな世界が繰り広げられている。大体において、赤ちゃんのベビーシッターをする犬の保護者っぷりに注目が行くことが多いけど、今回一緒にお昼寝している犬への気遣いを忘れない感心な子供の様子が撮影されていたよ。
 

#

dropped23
 
 暖冬とはいえ、日本でも世界でも雪が降っている地域はある。子供の頃は雪だとむやみやたらと嬉しかったけど、大人になるといつの間にか明日のことなんか考えるようになっちまう。そんな中、子供心を失わないのが「お父さん」という人種。

 ロシアのベルゴロド州にて、愛娘のためにハイパーなソリを作っちゃったお父さんが発見されたようだ。

#

daisuki_usi

 子供は時として、想像もできないような思いがけない行動をとることがある。それが魅力でもあり、目が離せない部分でもある。

 そんなわけで地球上のどこかにあるこちらのお宅では、こんなほのぼのハプニングが起こったようだ。

 5歳になる女の子がパパとママに内緒で、外で飼育しているペットの牛を家の中に連れ込んでしまったみたいだ。

#

whypusic2_e

 ベラルーシの保護猫プーシクくんは、マランダーではおかげさまですっかり人気者のようだ。だが飼い主パパママの愛情を独り占めしていた時代は終わり、今ではあとからやってきた弟分と仲良く暮らしているらしい。

 さて赤ちゃんと幼児の間でもある1~2歳といえば、「動物から人間へと進化する時期」などといわれるくらい、たくさんのことを学び吸収し成長するときである。こちらのお宅でもプーシクお兄ちゃんをお手本に、赤ちゃんはすくすく育っているみたいだよ。
 

#

dropped33

 子供の頃、歩くのが嫌になるとすぐ座ったりそこにある物に腰掛けたりしたもんだ。そんな時、お母さんは決まって「置いてくよ」などと言ったけど、お父さんは抱っこして運んでくれたりしたもんだ。

 お父さんの子育てはお母さんの子育てとちょっと違って個性的だったりすることが多い(関連記事)。

 その証拠にもなりうる動画が発見されたよ。アメリカ、ワシントン・ダレス国際空港にて、歩くのが嫌になっちゃった娘さんのフードを引っ張ってすいすい歩くお父さんの姿が撮影されていた。 

#

exbeardpapa0_e

 新年ってヤツは心機一転、何か新しいことをスタートするのにピッタリの時期。例えばイメチェンをしたりとかね。ただそれが成功するかどうかは、周囲の想定外の反応なんてヤツにもかかっているとかいないとか。

 こちらに登場するパパは、これまで口元に蓄えていたひげをバッサリ剃ってみたところ、愛娘ちゃんにパパと認識してもらえなくなっちゃったらしいんだ。

#

littleboarpiglets3_e

 平成最後の年、2019年は亥年である。もっとも年が明けても平成はしばらく続くのだが、世間ではなんとなく世紀末気分も漂っていたりいなかったり。そんな気分に乗せられたのか、まだクリスマスイブというのに、イノシシの子供たちが一足早くやってきたよ。

#

turkeychaseskid2_e

 ちょっと前になるけど、自転車に乗ってたら七面鳥に追いかけられたっていうお話をしたことがあるんだが覚えていてくれた人はいるかな。

 今回またしても、七面鳥がニンゲンを追いかけている光景が撮影された模様。アメリカではよくあることなのか? 早速映像を見てみよう。

#

surprisedwithpets0_e

 プレゼントをもらうのは、いくつになっても嬉しいもんだ。その中身がこんなステキなモノだったら、感極まってやっぱり「オーマイゴッド!」って叫んじゃうかもしれない。そんな喜びの瞬間の映像を集めてみたので、クリスマスを前にぜひ楽しんでもらいたい。

 ちなみに子供たちの本気のビックリの絶叫が続いているので、音声はヘッドフォンを推奨しておこう。

#

dropped48
 
 見た目は猫科でとってもキュートなボブキャットの子供がセンター・オブ・バイオロジカルダイバーシティという保護施設にて保護された。

 しばしの休息ののち野生に返してもらうということだったんだけど、小さくっても誇り高きプレデター、自分の現状に納得がいかないのか唸ったり吠えたりと大暴れする姿が撮影されていた。

#

catsannoyingkids0_e

 ペットってヤツらにもいろいろいる。飼い主が何をしていようと気にしないヤツ。邪魔をしないと気が済まないヤツ。自分も混ぜてもらえないとへそを曲げるヤツ。

 飼っているペットが猫の場合、この全部の属性をあわせ持っているところが厄介だ。その日その時の気分でジョブチェンジするメンバーがパーティにいるようなもんである。

 さらに厄介なのは、猫は飼い主の主人であるというねじれ構造が存在する件。忠実なシモベたる者、主の意向に染まない行動は許されるはずもない。たとえ明日までにやらなきゃならない宿題の山と格闘しているときでさえ……。