マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: 保護

#

1912jxwy04

 子ども+動物=最強。この公式をくつがえすことはもはや不可能……そのことが、また証明されてしまう動画をみつけたよ。

 アマゾンオウム(ボウシインコ)のジャックスは、ニンゲンの男の子・ワイアットくんにすっかりお熱。彼がどこで何をしていても、そばにいたくて仕方がないみたいなんだ。

#

1911mgpe04

 先日マランダーで「マイダーリン」と鳴くカラスの動画をとおし、カラス先輩の賢さを再確認したわけだけども。

 そのカラス先輩をも手玉に取ってしまう、強キャラ鳥類の映像をYouTubeで発見したよ。3匹のカラスと一緒に暮らす、カササギのパイさんをご紹介しよう。

#

NYstraycat0_640

 ここはニューヨークのブルックリン。大都会のど真ん中で、野良猫たちの保護活動をしているFlatbush Catsの活動の一端を、先日ご紹介したよね。

 野良猫たちが新しいスイートホームを手に入れて、ずっと幸せに暮らせるよう骨を折っている彼らだが、手元を巣立っていく時にはやはり少しだけさびしく感じることもあるようだ。

#

buddhacat0_640

 現代社会に生きる我々は、ともすれば信仰心というものを忘れがちである。というかそもそも必要ないし!と、はなっから拒否していたり関心すらなかったりという人も多いと思う。

 しかしたまさかには神仏とかご先祖様の存在に、思いを巡らす瞬間が誰にでもあるのではないだろうか。いやいや、神様とか仏様とかって、ニンゲンが勝手に作った物だし?

 とも言い切れない動画が最近話題になっていた。世知辛いこの世の中で、スピリチュアルな生き方をしている猫がいたらしいので紹介しよう。

 

#

abandonedpug0_640

 世の中には優しいニュースもたくさんあふれている反面、時には「なんでこんなひどいことを?」って耳を疑うようなニュースも飛び込んでくる。

 今日Hope For Pawsに寄せられたのは、「路地裏にケージに入ったままのパグが放置されている」という通報だったんだ。

#

streetcatrescue0_640

 猫が野良猫になるのには、いろんな理由があると思う。もともと野良猫として生まれたり、あるいは誰かに捨てられたり。

 地域の人たちに見守られて幸せに暮らしている野良猫たちや、半分居候猫と化しているダルタニャンと仲間たちみたいなケースももちろんあるんだけれど、悲惨な生活を送っている野良猫の方がきっと多いんだろう。

 今日はニューヨークの路上で暮らしていた野良猫が、しあわせな第二の猫生を手に入れるまでにフォーカスしてみた。

#

1911bgct00
image credit:Facebook


 ベルギーのモンスという地方で、バイクをかっ飛ばしていたある男性。ギュンギュン走っているさなか、目の端に信じられないものを見つけて思わず「ノーン!」と叫び声をあげてしまった。

 彼が思わず叫んだのも無理はない。だって彼が見つけたのは、高速道路の真ん中にうずくまる小さな茶トラの子猫だったのだから……。

#

tendersmokey0_e
image credit:Instagram

 かつてマランダーで紹介した保護猫たち、煙突の中から救い出された子猫「スモーキー」と、同じ日に高速道路10号線で保護された子猫「テン」を覚えているだろうか。



 ラッキーなことに彼らは煙突のあったお宅の姪っ子、メラニーさんに引き取られて、今も幸せに暮らしている。今日は彼らのその後のハッピーライフにズームインしてみたよ!

 

#

1910rvmd03

 カラスはなぜ鳴くのかと問いかける歌があるけれど、カラスの鳴き声といって思い浮かべるのはだいたい「カァー」だよね。

 マランダーでは以前「ご機嫌いかが?」「あなた大丈夫?」と鳴くカラスをご紹介したけれど、今回ご紹介するカラスのラミレスも、思わず耳を疑うレベルのはっきりした“人語”で話してくれるよ。

#

albinoorangutan0_640

 見かけが少しみんなと違う。そんな理由でいじめられたり、無視されたりといったことが起こってしまうのが、集団で社会的な暮らしを営む生き物にありがちな、悲しい現実だったりする。

 そう、例えばニンゲンとかね。ヒトという種に一番近いと言われる類人猿のオランウータンの場合は、「みんなと違う」相手に対し、どんな反応を見せるんだろうか。

#

supercutefox0_batch

 イギリスで野生動物の保護活動に取り組んでいるWildlife Aid財団のサイモンさん。今日は一人ぼっちの子ギツネを引き取ることになったんだ。

 いつか野生の世界に帰すことを前提に、Wildlife Aidでは人間の介入を最小限に抑えるよう心がけているとのこと。

 だけど一人ぼっちの子ギツネには遊び相手が必要だ。いいお友だちがすぐに見つかるといいんだけれど。

#

dropped60
image credit:Instagram

 昨年9月におよそ生後4週間で保護されたリスのペティーニャさん。今ではすっかり保護してくれたお兄さんに懐いてしまっているという。

 ペティーニャさんの写真や動画を公開している、飼い主兄さんのInstagramにて「リスをパンケーキ化するリス専用マッサージ屋さん」という動画が公開されていた。モフふわパンケーキが何ともキュートなのでぜひ見てほしいよ。