マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: 仲良し

#

dogthinksitsacat3_640
 
 タイのチェンマイに広がる広大な敷地に、ゾウたちの保護施設であるエレファント・ネイチャー・パークがある。

 ここにいる象たちは重労働に従事していたり、サーカスで虐待を受けていたりと、つらい暮らしから救い出されてきたものたちばかりだ。

 そんなネイチャー・パークには、ゾウ以外にもこんな生き物たちが仲良く暮らしているらしいよ。

 

#

cleaning0_640

「大好きだからそばにいたい!」「大好きだから触れ合いたい!」そんな気持ちを好きになった相手に抱いてしまった経験は、きっと誰しもが持っているんじゃないかな。そう、あの「恋」ってやつのことだ。

 しかしもし相手の方がその気持ちを歓迎してくれていなかったら? かなわぬ恋の思い出は、ほろ苦く色褪せていくものなのかもしれない。それがペットの犬と猫の間に起こった、ひとときの物語だったとしても……。

#

macawvscat5_640

 猫と鳥は仲が悪いなんて、いったい誰が言い始めたんだろう? マランダーでこれまで検証を積み重ねてきた中でも、それ絶対ガセ!って断言したくなる動画がたくさんあったよね。

 そしてさらなるサンプルが、アメリカから届いたのでシェアするよ。猫と鳥の間にだって、友情ってもんがちゃんと成立するんだって!

#

warrens0_e

 クリスマスには愛と喜び、感謝、慈悲、そして寛容さが世界を駆け巡るんだとか。明日から始まる12月にピッタリな仲良し動物たちの写真集をWarren Photographic Image Libraryからお届けするよ。

 日一日と寒さが増していく今日この頃だけど、あったかい飲み物でも用意して楽しんでくれたら嬉しいな。

#

3brothersnpom1_640

 生まれたときからいっしょに育ったペットがいたら、兄弟や姉妹みたいに感じたとしてもちっとも不思議じゃないよね。

 自分がお兄ちゃんだったり妹だったり、年齢によってその設定は変わってくるかもしれないけれど、大切な家族であることに変わりはない。いつまでも仲良く幸せに! 今日はそんなとある家族の風景をお目にかけよう。

#

novanpacco0_e

 異種の生き物たちがペットとしていっしょに暮らすということは、ともすればお互いのストレスになってしまうこともある。だから飼い主さんにとっても、タイミングと相性をはかりつつ見守っていくことが大切だ。

 最近、ジャーマンシェパードとフェレットという、異なる種族同士が仲良く暮らしているおうちがネットで話題になっていたので、マランダー読者のみんなにも紹介するね!

#

puppyadoptkitten0_640

 今年の夏、カラパイアで子犬と子猫の運命の出会いをご紹介したんだけど、見てくれたお友だちはいるかな。



 The Dodoで彼らの動画が公開されていたので、おさらいがてらマランダーでも紹介するね。元気過ぎるくらいにヤンチャに走り回るタコとテキーラを、ぜひ見てあげてほしいな。

#

milolovesniko3_640

 異種の生き物たちを多頭飼いしているおうちも多いと思うんだけど、みんな仲良く暮らしているかな?

 イギリスでアラスカン・マラミュートたちと暮らしている猫のマイロは、わりと平和的な関係を築いているみたいだよ。優しい時間を過ごしている彼らの映像で癒されてみよう。

#

albinoorangutan0_640

 見かけが少しみんなと違う。そんな理由でいじめられたり、無視されたりといったことが起こってしまうのが、集団で社会的な暮らしを営む生き物にありがちな、悲しい現実だったりする。

 そう、例えばニンゲンとかね。ヒトという種に一番近いと言われる類人猿のオランウータンの場合は、「みんなと違う」相手に対し、どんな反応を見せるんだろうか。

#

puppiesluvacat0_640

「猫可愛がり」という言葉がある。まるで猫を可愛がるように、ひたすら相手を可愛がること、という意味なんだそうだ。

 猫に心を奪われたニンゲンは、決して見返りを求めず、どんなに冷たく薄情な仕打ちをされても、それでもいいのだそこがいいのだと無償の愛を注いでしまうわけなのだが……。

#

langoornboy3_640

 インドの神さまハヌマーンのお使いとも、孫悟空のモデルともウワサされることのある、オナガザルの仲間のハヌマンラングール。

 神様のお使いとして大切にされてきたこともあって、人を恐れないその姿は、マランダーでも今までに何度か紹介してきたよね。今日もとある村のお宅で、子供からエサをもらっているようだ。

#

supercutefox0_batch

 イギリスで野生動物の保護活動に取り組んでいるWildlife Aid財団のサイモンさん。今日は一人ぼっちの子ギツネを引き取ることになったんだ。

 いつか野生の世界に帰すことを前提に、Wildlife Aidでは人間の介入を最小限に抑えるよう心がけているとのこと。

 だけど一人ぼっちの子ギツネには遊び相手が必要だ。いいお友だちがすぐに見つかるといいんだけれど。

#

friends0_e
image credit:reddit

 スカンクって、見た感じのイメージだと可愛い生き物だよね。特に母子連れのスカンク一家は無性にかわいいと思う。

 だがヤツらは可愛いだけじゃない。そのキュートな身体に恐怖の「悪臭」というウェポンを隠し持っているのは、みんなもよく知っているはずだ。

 だから基本的におさわり禁止の生き物であるわけなんだが、愛するペットがそんなスカンクと戯れていたらどうしよう?