マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: ドア

#

dropped3
image credit:YouTube

 森の覇者クマの手先の器用さは有名である。民家に侵入することはちょちょいのちょい、時には酒屋を訪れ社会科見学したりする。



アメリカ、カリフォルニア州とネバダ州の州境にあるシエラネヴァダ山中にある湖タホ湖にて、旅行者が撮影した動画にクマが自動車にしれ~っと乗り込む姿が撮影されていた。

#

knocksondoor0_e
image credit:Facebook

「カギはない、でもおうちの中に入りたい!」そんな時はどうするか? ブザーを押したりノックをしたり、中の人に入れてもらうしかないよね?

 人間ならばもちろんそうする。だがペットたちは? やっぱりこうするらしかった。

#

behindthedoor0_640

 スーパーセラピーキャットとしてみんなに癒しを振りまいていたゲールくんと、カワイイ妹のガーラちゃん。久々にマランダーに登場だ。

 弟のリスくんが虹の橋を渡ってからどうしているかなと気になっていたけど、すっかり大きくなって元気な姿を見せてくれたよ。

#

dropped2
image credit:YouTube

 猫ズには不思議な行動様式がある。そのすべては謎に包まれており、多くの人間に「理不尽だけど許してしまう」と思わせる傾向がある。今回も猫の謎の行動に迫る動画が発見された。

 ドアの前で室内に入れてほしそうな茶トラ猫だったが、しびれを切らしたのか突然後ろ足を持ち上げてまるでトイレを済ますかのような姿を見せ始めた。

#

dropped34
image credit:YouTube

` 猫ズというのはいないように思えても、気が付くとすぐそばにいたりする。特にご飯が絡むとさっきまで姿が見えなかったのに、「どんな地獄耳なんだ」ってくらいのスピードで現れたりする。

 今回も猫のそういった神出鬼没さについて海外掲示板Redditで話題を呼んでいた。

#

dingdondog2_e

 風の向くまま気の向くままに、ちょっとおうちを抜け出してお散歩をして帰ってきたら、ドアにはカギがかかっていて閉め出されちゃった……。

 いや、ニンゲンの話じゃなくって、アメリカのワシントン州で起こったわんこの締め出し事件なんだけれども、どうやらこのわんちゃんはどうしたらもう一度おうちに入れてもらえるのかを、熟知した上での脱走劇だったようなんだ。

#

whyisdoorclosed0

 カリスマ猫下僕のクリスさんが保護してきた、3匹の子猫たちについては先日お伝えしたとおりだが、さてクリスさんを従える猫ユニットのコール&マーマレードの、子猫たちへの反応はどうだったんだろうか?

 彼らのファーストエンカウンターと思われる映像が公開されていたので、さっそくみんなにも見てもらおう。

#

dog-7_e
 
 友達と会うと、嬉しいことは何倍にも、そして悲しいことは何分の一にまで縮んでいく。それって人間だけでなく動物たちも同じようだ。壁の向こう側に住んでいる愛犬のお友達のために、飼い主さんが粋な計らいでどこでもドアを作ってくれたお話が発見された。

#

cleverhen0_e

 鳥かごの掛け金を外してしまうカラスさんとか、ありとあらゆるものを遊び道具にするインコやオウムなんかを見ていると、鳥族のあのちっこい頭の中に詰まっている脳味噌は、相当密度が濃いんだろうなと思わざるを得なくなってくる。

 でもニワトリさんはそうでもないのかな~なんて首をかしげる動画も先日見つけちゃって、どうなんだろうと思っていたんだが、そこはやはり恐竜の末裔、ちゃんとしっかり頭のよいところを見せてくれたよ。