マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: トラ

#

lilprincess0_640

 どんな生き物でも赤ちゃんは基本的に無条件で可愛い! たとえそれが猛獣の子供であっても、だ。例えば獰猛なビッグキャットであるトラの赤ちゃんだって、このしぐさに萌えないでいるのは難しい。

 今日はアメリカにある保護施設から、お人形と遊ぶキュートなトラのお姫様をご紹介しよう。

 

#

dropped10
image credit:YouTube

 現在でこそ、百獣の王=ライオンだけれど、中国では百獣の王と言えばトラだという。獰猛で狂暴なイメージのトラだけど、その一方でビッグキャットなんて呼ばれてそれはそれは可憐な姿も見せてくれたりする。走ってよし、飛んでよし、泳いでよしのジャングルの王者ともいえるトラにも、やっぱり初めてのことはあるみたいだ。

 今回、アメリカフロリダ州デイドシティにある動物園にてトラの赤ちゃんが初めてのスイミングを体験する姿が撮影されていた。小さな王者の赤ちゃんトラが水に慣れるまでの姿のかわいらしさときたら、たまらないものがあるよ。

#

nevernever1_640

 背中に目はついていない。だから後ろに何がいるのかわからないし、ほら、お風呂でシャンプーしてるときとか、背中に何かの気配を感じてガクブルしちゃった経験はないかな。

 反対に襲う側からしてみたら、無防備な背中は絶好の的。背中を見たら本能的に、プレデターのスイッチが入っちゃうものなのかもしれないよ。

#

tigerwasadog0_e
image credit:imgur

 空間把握能力だとか、大きさを正確に比べて対処する能力だとか、それ以前に何か思い通りにいかないことがあったら冷静にその原因を探って解決方法を見つけるとか、そういうスキルって人間だけが持つモノなの?

 マランダーで検証してきた結果を見るに、どうやらわんこの場合にそういう疑問が沸き上がってくるシチュエーションが多く見受けられたようなのだが(コレとかコレとか?)、今回「トラよ、お前もか?」という動画が公開されていたのでこちらも検証してみよう。

#

bigcatslikefish3_640

 昭和の時代は「猫といえば魚!」というステレオタイプがあったように思う。某国民アニメの主題歌にもあるように、外で魚を焼いていたら、野良猫がくわえて逃げてった……なんてのは当時の漫画やアニメではお約束のシチュエーションだったわけ。

 でまあ、猫は魚が好きなんだろうけど、大きな猫たち、つまりビッグキャットたちも魚が好きなんだろうかという素朴な疑問が湧いてくる。

 というわけで、今日はその疑問に答えてくれちゃっている動画を見てもらおう。

#

1907tgc02

 オーストラリア動物園で生まれた2匹の子トラたち。スポットとストライプと名づけられた2匹は、生存率を高めるため、生後数日で母トラから離され、人の手によって育てられることになった。

 飼育員の家でのびのびと暮らし、1ヶ月を経た頃にはもう、室内で飼えないほどやんちゃに成長した2匹。

 そろそろ動物園に返すべきだろう……そう判断した飼育員。でも、人の手によって育てられた子トラには、動物園に戻る前にクリアしておかなければいけない試練があった。

#

dropped57
image credit:YouTube

 世界でも30頭ほどしかいないというゴールデンタビータイガー。普通のベンガル虎よりも縞模様が薄く、やわらかいオレンジ色の毛並みを持っているという。そんなレアキャラ、ゴールデンタビータイガーの赤ちゃんが、砂場の中にある小さな穴を見つけて、穴の中で涼んでいる動画を見て梅雨のしっとりした空気を吹き飛ばしちゃおう。

#

tigervsbox5_e

 猫の好きな遊び道具。まあいろいろあるわけなんだけれども、多分「トイレットペーパー」や「ダンボール箱」あたりがその上位に入ることは間違いないと思われる。

 大型のネコ科の猛獣であるビッグキャットたちも、トイレットペーパーはとっても気に入ってくれちゃったみたいである(関連記事)。ならばもちろん、ダンボール箱も嫌いなはずがないよね? というわけで、Big Cat Rescueのトラたちに早速プレゼントしてみたよ。

#

tiger-1 (1)_e
 
 日々、世界各地でスーパーやシェルターにて見かける「この子を拾ってください」という張り紙。そこには大抵あどけない子猫の写真が貼られているわけだけど、この度ちょっとビッグな猫の仲間が本当の家族を求めて張り紙にそのあどけない顔を掲載し、海外掲示板Redditがざわめいていたようだ。

#

animalsyawning4_e

 だんだんと空気の冷え具合が増してくるにつれ、朝お布団から出る時のつらさにも拍車がかかってくるってものだ。やっとはい出てみたものの、状況さえ許せばあったかくってふかふかの寝床にソッコーで戻りたいに決まってる。

 まあなかなかそうはいかないのが思うにまかせないこの人生。週末の朝とかはせめて、可愛くあくびを連発するくらい許してほしいものなんである。

#

bigcats5_e

 うだるように暑い夏の日、我々ニンゲンが欲しくなるのは肉よりもみずみずしい果物、例えばスイカなんて最高だよね。

 アメリカにあるネコ科の猛獣、ビッグキャットたちの保護施設では、毎年夏になると彼らにスイカを与えているそうだ。だがプレデターである彼らは、果たしてスイカを食べるのか? 早速その映像を見てみよう。