マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: ジャーマンシェパード

#

dropped4
image credit:Reddit

 そろそろ夏がやってくる。すると、気になってくるのが冬の間ついつい貯めてしまった体の脂肪である。もう始まっているのだから手遅れだ、なんて言わずにちょっとのことから始めていこうよ(自分に言い聞かせながら)。

 ってことで海外掲示板Redditで注目を浴びていた、相棒の警察犬を片手に持ちながらウォーキングマシンで運動する警官男性の動画でも見て、まずはイメトレから入るってのはどうだろう。

#

dropped5
 
 お手伝いをしてくれる心優しいおりこうドッグの存在については何度か紹介してきたことがあったけれども、かわいい犬が庭先に届けられた新聞をせっせと玄関に運んでくれる姿が発見されていたよ。

 新聞を包むビニールがつるつるして苦戦するんだけど、それでも一生懸命に配達してくれるその姿に胸がきゅんとしちゃうこと間違いなしだよ。

#

shadow0_e

 身体のでかさとご主人への甘えっぷりで人気の、ジャーマンシェパードのシャドウくん。彼にはポピーさんという同居犬がいるのだが、彼女はチワワ。身体の大きさはまったく別の種族のよう。当然ベッドのサイズも違うのだが、シャドウくんってば何を思ったか、ポピーさんのベッドに入ろうと大騒ぎをしちゃったみたいなんだ。

 

#

dognbird_e

 ナターシャさんは18歳。南フランスの農園に暮らすアマチュア写真家だ。彼女の情熱は写真と、そして動物たちに向けられている。いのちの輝きをフィルムに収めること。それが今彼女が夢中になっていることなんだとか。

 今回ご紹介する写真の数々は、ナターシャさんの飼い犬、ジャーマンシェパードのヴェンデッタと、インディアンランナー種のアヒル、レモニーの仲良しペアを撮影したものだ。



#

dropped68

 ペットにご飯をあげるとき、ついついカリカリがこぼれちゃうことがある。その後片付けが大変だったりもするんだけど、ジャーマン・シェパードのゼウスさんが見事な解決策を見つけてくれたのでみんなで参考にしよう。

#

zion7_e

 犬ってやつはボールとかフリスビーとか、そして木の棒とかを「投げて投げて!」そして「取ってきたよ!」って遊びが大好きなもんだ。

 その中でも木の棒にはなぜかこだわりを持つわんちゃんもいるらしい。いつぞやの巨大な枝を拾ってきちゃったわんこもそうだけど、今日もこんな木の枝?に果敢に挑むジャーマンシェパードが発見されたんだ。

#

dropped53

 6月も半ばなのになんかちょっとさぶい。梅雨寒ってやつだ。感じたい人肌も手ごろなところにない、そんな時はまっすぐに愛情表現してくれる犬と飼い主さんのいちゃこら動画でまずは心をあっためようじゃないか。ジャーマン・シェパードと飼い主男性のエンドレスいちゃいちゃ動画が発見されたよ。

#

dognlobster1

 犬は優しい生き物である。同じ犬族以外でも、小さな子供や小動物と見れば惜しみない愛情を注いでくれる。優しいまなざしで、さきものを見守る犬たちを見ていると、こちらもあたたかい気持ちにならざるを得ない。

 あたたかい? イヤちょっと待て、多分物理的にはあたたかくならないであろうこの生き物に対しても、ほっこりしてもいいのだろうか。

#

homealone1

 大切な家族同様のペットといっしょに暮していている人も、何かの理由でやむを得ずペットを置いて出かけなければならないようなシチュエーションに、何度も遭遇しているはずだ。

 今日はそんな留守中にカメラをセットして、愛犬の行動を録画してみたという動画を詰め合わせでお届けしよう。

#

ingonfriend2

 先日ご紹介したドイツの写真家、タニヤ・ブラントさん。彼女によるフクロウたちの美しい写真の数々には、被写体への愛が溢れている(関連記事12)。今日はそこに写っているベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノアのインゴと、仲良しフクロウのらぶらぶ風景をぜひ動画で見ていただこう。

#

kinddog2

 ちっちゃな子供が一生懸命何かに挑戦しているとき。例えば階段を上るとかね。そんなときに手を出すべきか見守るべきかは、もちろん状況によるんだけれど、ついつい手伝ってあげたくなっちゃうのは人情ってなもんなんだ。

 人情と思うのはニンゲンだけかと思ったけれど、どうやら犬も同じようなことを考えるらしい。今日は階段を上る子猫のお手伝いをしてくれちゃったわんこの行動を見てみよう。

#

poncho2

 お母さんを亡くした赤ちゃんを引き取り、自分の子供の用の育てる動物たち。それが異種だとしても、いや本来は捕食するものされるものの関係だったとしても、一度固く結ばれた「親子」の絆がほどけさることはないのだ。

 今回ご紹介するのは、母親を亡くしたオポッサムの赤ちゃんと、それを引き取って育てたジャーマンシェパードのお話なんだ。