マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: シベリアンハスキー

#

dropped
image credit:Instagram

 いつだって登場するたびにマランダー読者の視線を釘付けにしてしまうハスキー犬が今日も登場だ。

 こちらのお宅のハスキー氏、飼い主男性がピザを食べているところを目撃し「なぜ一人だけ食べている?一口プリーズ」と抗議&説得を開始、その様子が撮影されていた模様。

#

huskycafe0_640

 猫カフェ、犬カフェ、フクロウカフェ、そしてハリネズミカフェに爬虫類カフェと、日本って国はありとあらゆる動物カフェの元祖を自負していいんじゃないかと思ってた。

 だがしかし、たくさんのハスキーたちと思いっきり遊べるカフェが、なんと常夏の国タイにあるんだそうだ。今日はそのタイ王国の、ハスキーカフェを覗いてみよう。

#

steppingonhuskysfeet0_640

 飼い主さんがしつこくハグをしようとたら、ペットのわんこはどのくらい付き合ってくれるのだろうか……などというわけのわからんチャレンジをされて、少々困惑と迷惑を感じていたっぽいハスキーのゴハンくん

 やれやれと思ったことだろうが、この飼い主さんてば懲りずにまたしても、しょーもない動画を撮り始めてくれたんだ。

 今回のテーマは「ついうっかりハスキーの足を踏んでみたらどうなる?」なんだってさ。とりあえず付き合う方のヤレヤレ顔を見に行ってみよう。

#

dropped7
image credit:YouTube


 掘れば掘るほど魅力の見つかる犬、それがシベリアンハスキーだ。今日もまたあらたな個性を持ったシベリアンハスキーの個体が発見された。

 こちらのハスキー犬、バナーさんはまるで音の鳴るおもちゃが体の中に入っているかのような鳴き声で、ニンゲンたちの注目を集めようとするんだそうだ。

#

howling0_e

 遠吠えはオオカミから受け継がれた、犬の本能であるらしい。だから意味もなく「わお~ん」とやらかすわけではなくって、犬には犬なりの遠吠えをしたくなる理由があるみたいなんだ。

 だからこそ、いつでもどこでも遠吠えが出るってわけではないんだけど、ニンゲンである飼い主の方は、気まぐれに愛犬の遠吠えを聞いてみたくなることも。

 いやもしかしたら、ニンゲンは遠吠えにあこがれているのかもしれない。ほら、訳もなく叫びだしたくなることってあるじゃない? そんなこんなで、愛犬に遠吠えの仕方を教えてもらおうとした飼い主さんがいたようなんだ。

#

huskypuppy0_e

 そのやらかし具合とおとぼけっぷりで、マランダーでも大人気のシベリアンハスキーという犬種。ただでさえそんな風にみんなのハートを鷲掴みなのに、その子犬たちといったらもう、悩殺されるしかないじゃない?

 というわけで、ハスキーの子犬たちのあんな仕草こんな表情を総集編でお届けしちゃうので、ぜひ楽しんじゃってもらいたいのだ。

#

trytoresist14_e

 子育てって毎日がチャレンジだよね。子供をしつけるのは、愛犬をしつけるのとある種の共通点があるようだ。とにもかくにも、一番必要なものは「忍耐」。繰り返し繰り返し、根気よく教えていかなければならないのだ。

 さて人間の赤ちゃんとハスキーの場合、どっちがガマンできるのかな。パパであり飼い主である投稿主が、チャレンジしてみた動画があったので、結果をみんなで見てみよう。



 

#

stopbabycrying0_e

 ちょっと前になるんだけれど、赤ちゃんにヤキモチを焼いて「こっちを見て!」アピールの激しかったシベリアン・ハスキーのミリーさんのお話を覚えている人はいるかな。

 あの後赤ちゃんとミリーさんの関係が心配になっちゃっていたんだけど、どうやらあの1人と1匹は、あれ以来不思議な絆で結ばれて仲良くなったみたいなんだ。早速様子を見てみよう。

#

huskynsnow0_e

 ヤンチャで駄々っ子でもうしょーがないところが可愛いと人気のシベリアン・ハスキー。その中でも駄々をこねさせたら右に出るものがいないゼウスくんが、またしても飼い主さんを困らせているようだ。

 さて今回もうまくゴネ通すことができたのだろうか。早速動画を見てみよう。

#

dropped36
 
 こうも寒い日々が続くと、体が自然と温かいものやモフあたたかなものを求めてしまう。シベリアンハスキーのゴハンさんの飼い主さんもそうだったようで、おやつ後のゴハンさんをぎゅっと抱きしめてみたようだ。かわいいかわいいゴハンさん、抱きしめられてしばらくは飼い主さんに身を任せていたけど、徐々にその表情や様子に変化が表れ始めた模様。

#

huskyncat6_e

 初めて出会った相手のことがとっても気になっちゃったりして、「お友だちになりたいな」って思った経験はないかな。そんな時皆ならどうするだろう。連絡先を交換したり、次回会うきっかけを作ったりとか、いろいろ仲良くなるためにも努力が必要だったりすることもあるよね。

 今日登場するハスキーさんも、にゃんことお友だちになりたいらしいんだけど、さてそのアピールはうまく相手に伝わるだろうか。

#

1811hsky00

 ちょっとこのシベリアンハスキーのファミリーを見てほしい。お母さん犬+5匹の子犬たちの、総勢6匹。向かい合って何をしているのかというと、子どもたちとお母さんで遠吠えの大合唱中なんだ。

 お母さんの力強い遠吠えにあわせて、子犬たちは「やお〜」「わおわお〜ん!」と力いっぱい鳴いている。そらもう、かわいいったらありゃしない。

 いっちょまえな吠え姿に、身もだえしちゃうことウケアイだ。