マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: サル

#

langoornboy3_640

 インドの神さまハヌマーンのお使いとも、孫悟空のモデルともウワサされることのある、オナガザルの仲間のハヌマンラングール。

 神様のお使いとして大切にされてきたこともあって、人を恐れないその姿は、マランダーでも今までに何度か紹介してきたよね。今日もとある村のお宅で、子供からエサをもらっているようだ。

#

stealingmonkeys0_640

 霊長類の一端を担うサルたちは、知能が高く好奇心も強い。そしてまたニンゲンを恐れず、犯罪行為に走る者もいたりする。

 観光地の寺院などにいるサルたちは、特に土産物やお供え物なんかを強奪していく常習犯なのであるが、どうやら敢えて「食べ物は奪わない」サルたちもいるようだ。

 食べ物以外のアイテムを持ち去って、いったいどうするつもりだろう。今日はBBCによる、そんなサルたちの実態に迫ったレポートをご紹介しよう。

#

childlangoor0_640

 先日はイギリスで、クリケットのネットに絡まった子ギツネの救出劇を紹介したばかりだが、今度はインドから、畑のネットに絡まってしまった子ザルちゃんの映像が届いたよ。

 動けば動くほど複雑怪奇に絡んでしまって、ますますほどけなくなってしまうわけなんだが、今回のおサルさんは無事におうちに帰れたかな。

 

#

pip0_640

 南アジアを中心に生息しているハヌマンラングール。ヒンドゥー教のサルの姿をした神様、ハヌマーンのおつかいとも言われていて、孫悟空のモデルになったという説もあるおサルさんだ。

 そのハヌマンラングールの赤ちゃんが、今日は生まれて初めての一人での木登りに挑戦するよ。さて、うまく登ることができるのかな。

#

monkeyfails1_640

 霊長類の一員として、知能の高い生き物である類人猿やサルの仲間たち。我々が彼らと遭遇するシーンは、動物園やモンキーパークがわりと多いんじゃないだろうか。

 なんとなく意思の疎通ができちゃいそうな彼らと見物客の間には、ある種のコミュニケーションが成立する場合もあるようだ。

 きっと彼らの方でも、見物にやってくるニンゲンの一挙一動を興味津々で観察しているに違いない。今日はそんな動物園での一コマを総集編でお届けしよう。

#

monkeythief0_640

 亜熱帯~熱帯にある観光地に行くと、サルの群れに遭遇することもよくあるんだ。ていうか、観光客を狙って待ち受けている感じ?

 もちろん彼らの目当ては、我々が持ち込む飲み物や食べ物なんである。今日はそんな彼らによる、窃盗行為の現場を激写した動画を総集編でお届けしよう。

#

PGA0_e

 屋外で行われるスポーツは、開けた場所とか広いフィールドで行われることが多いせいか、時として想定外のお客さんがやってくることがある。

 これまでにもマランダーでは、野球サッカークリケットなどの試合中に突如として乱入してきた生き物たちを、何度もご紹介しているわけだけれど、今回はゴルフコースに現れた闖入者たちを見てみようと思うんだ。

#

gibon2_e

 秋になると何となく、メランコリックな気分になるという人もいるらしい。どうやら身体が冬モードに入るために、自律神経やらもろもろのバランスが崩れがちになるためという説もあるようだが、単に「秋だから」という理由でもいいのかもしれない。

 そんな季節の変わり目も乗り越えた真冬の日本だが、お隣の国からメランコリックな秋を迎えたテナガザルの話題が届いたのでご紹介しよう。

#

cutebabyanimals0_e

 Uターンラッシュや旅行など民族大移動の時期となったが、日本列島は大寒波に見舞われているとのこと。みんなのところは大丈夫かな? 渋滞やら行列やら大掃除やらと、心身ともにいろいろ削られることの多い年末だが、ぜひ元気に乗り切ってほしい。

 そんな忙しいみんなに、ほっこり気分になってもらえるような動画をシェアするよ。一息つきながら楽しんでもらえたら嬉しいな。なおカメさんカエルさんが出演中なので、苦手なお友だちは注意してね。

#

comedy0_e

 2015年から毎年開催されている、コメディ・ワイルドライフ・フォトグラフィ・アワードマランダーでは去年の最終選考作品、そして今年の応募作品を紹介してきているので、なんとなく「ああ、あれか」と覚えていてくれたお友だちもいるかもしれないね。

 今年も2,000件を超える応募作品が寄せられたそうだが、いよいよ最終選考に残った41作品が公開された。今日は前回の記事でお見せできなかった作品たちを、みんなにぜひ見てもらいたいんだ。

#

sbc02

 とあるチンパンジーの兄弟。保護されたものの、別々の施設で面倒をみられることになり、離れて生活していたそうだ。

 そんなはなればなれの兄弟との、ひさしぶりの再会。お互いの姿をみとめるやいなや、2匹はわき目もふらずに駆け寄ったんだ。

#

hanumanlangurs0

 日本でおサルさんといえば、赤い顔、赤いおしりのニホンザルを思い浮かべるけれど、インドではニホンザルの親戚のマカク属のほかに、スラっとしていて黒い顔、白っぽい毛並みのハヌマン・ラングールもよく見かける。

 インドのカルナタカ州で、野生のハヌマン・ラングールたちと仲良く遊ぶ男の子が話題になっていたので紹介するね。