マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: クマ

#

bearncone2_e
image credit:Instagram

 SNSが日常の一部となっている昨今では、何かやらかした映像などが一度ネットに載ってしまうと、永久的に全世界に向けて公開処刑という事態にもなりかねず、悪事千里を走りまくりになってしまうわけである。

 だけどほっこりほのぼの心温まる話題にも、ぜひ世界中を飛び回ってほしい。例えばこんな映像のことなんだ。

#

dropped35
image credit:Instagram

 すっかり春めいてきた今日この頃、世の中は「自粛ムード」ってことで春っぽいレクリエーションを楽しめていないお友達もいることだろう。

 しかし、オレゴン動物園の動物たちは春の息吹を全身で感じていたみたいだよ。

#

bears0_e
image credit:Instagram

 各地で学校の休校や在宅での勤務が増えている昨今、家族で過ごす時間がいつもより増えているご家庭も多いかと思う。長時間ずっといっしょにいられるのは、家族であればこそっていう面もあると思うんだ。

 いつもはあまりしないお手伝いをしたり、親子の会話が増えたりとか、家庭での過ごし方を見直すきっかけにもなっているかもしれないよね。

 今日はいろんな動物たちが、親子で過ごしている時間を切り取った写真をご紹介するよ。お母さんお父さんが懐かしくなったお友だちは、ちょっと電話とかで声を聞いてみるのもいいんじゃないかと思うよ。

#

dropped3
image credit:YouTube

 アメリカのメイン州にある町カリブーのお宅にて、クマが庭に忍び込む様子が撮影されていた。サイズの小ささから子熊だと推測されるが、その子熊は撮影者さんの庭を探索中、小さなふわふわの生き物に出会った。

 その小さな生き物とはスカンクだった。スカンクというのは一見するとふわふわでかわいらしい生き物なんだけれど、肛門の両脇にある肛門嚢から強烈な悪臭のする分泌液を発射するという動物なのである。その臭さと言ったら、捕食獣たちもひるむくらいの悪臭のようだ。

#

bestpets201912_0_640

 大寒を超えて、世間は寒中見舞いの季節となった。ということは、もうすぐ立春とかいう、名前だけは春になる日も近いということか。

 何はともあれ1年で一番寒い季節を迎え、なぜこの時期にやるかなという入試シーズンも迎えという、ハードな時期に突入したわけだが、あれこれやらかしたり和んだりのキュートな生き物たちを見て、ハートだけでもあったかく過ごそうじゃないか。

#

bestpets2019athletes5_640

 2020年、令和2年が明けて10日が過ぎたけれど、まだ書類を書いたりするときに、ついつい「2019年」とか書いちゃってる人もいるんじゃないかな。

 去年もいろんな生き物たちを見てきたけれど、「こいつらアスリートだぜ!」っていう動物たちのベスト20を選出した動画があったので紹介しておくね。

#

dropped21
image credit:Instagram


 この週末は帰省のラッシュもあるだろう。その道中でちょっと風変わりなお客に出会う可能性もあるけれど、我々も気を引き締めていこう。

 こちらは某国某所にて、道路にクマが現れて自動車に近寄った。「グミとかない?」とおねだりを開始したのかもしれないし、そうでもないのかもしれない。

#

dropped3
image credit:YouTube

 森の覇者クマの手先の器用さは有名である。民家に侵入することはちょちょいのちょい、時には酒屋を訪れ社会科見学したりする。



アメリカ、カリフォルニア州とネバダ州の州境にあるシエラネヴァダ山中にある湖タホ湖にて、旅行者が撮影した動画にクマが自動車にしれ~っと乗り込む姿が撮影されていた。

#

bearcanclimb0_640

「クマに出会ったら死んだふり」というのは、何の役にも立たないからやっちゃダメ!ってのはもうだいぶ周知されてきてるはず。

 じゃあクマに出くわしたらいったいどうするのが正解なんだろうか。「木に登っちゃえばいいんじゃない?」とかちょっとでも思ったお友だち、まずはこの動画を見てからもう一度考えてみてほしい。

#

trappedbear3_e
image credit:Facebook

 野生の猛獣でありながら、ときたま人里におりて来てはお騒がせな事態を引き起こすクマー。その実例は枚挙にいとまがないほどだが、なぜかヤツらはゴミ箱にハマるのが好きらしい。

 まあゴミ箱には残飯だとか美味しそうなものが入っていたりもするわけで、アライグマなんかもハマってたこともあったりするが、アンタたちちょっと身体のサイズを考えなさいよ!と言いたくもなっちゃうよね、こんな動画をみちゃうとさ。

#

bearbelly0_640

「クマおじさん」ことジムさんが運営しているオーファンド・ワイルドライフ・センターには、ガタイがでかいくせに超甘えん坊なクマーたちが暮らしている。

 今日はジムさんの奥さんであるスーザンさんの前にお腹をさらして、モフをねだっているヒグマのレオくんの姿態をとっくりとご覧に入れよう。