マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: クジラ

#

swimwithwhales8_e

 9月も半ばを過ぎたというのに、また夏が戻ってきたような陽気にビックリしている地方のお友だちも多いんじゃないかな。

 そこで今日は、ムシムシ暑苦しい気分を吹き飛ばしてくれるような、ブルーオーシャンをお届けしよう。しかもザトウクジラさんと、超どアップな接近遭遇を果たしちゃうという激レアシーン付き。楽しんでもらえたら本望だよ。

#

whalesnpaddleboarder0_e

 どうやら長かった酷暑の夏も終わりを告げ、秋の気配がそこはかとなく感じられるようになった今日この頃。この週末はのんびり過ごしたいと思っているお友だちも、きっと多いことと思う。

 そんなみんなに、おうちでまったりするのにピッタリの、癒しの映像をプレゼントだ。美味しい飲み物でも用意して、ゆったりのんびりリラックスしながら見てくれたら嬉しいよ。

#

whalejumps0_e1

 イルカが水面高くジャンプするシーンってのは、もうおなじみの光景になっていると思うけれども、身体の大きいクジラさんが力いっぱいジャンプする姿は、なかなか見られるものじゃない。

 なのでマランダーでもそんな動画を見つけるたんびに、みんなにもシェアしているわけなんだが……。

 ブリーチングと呼ばれるクジラの大ジャンプは、ホエールウォッチングの醍醐味でもあり、見ることができたら超ラッキーなんだけども、あまり近くでジャンプしてくれちゃうとちょっぴりビビったりもしちゃうんだな。
 

#

whaletina0

 動物園や水族館においては、日々いっしょに過ごしお世話をしてくれる飼育員さんに、特別な感情を抱いてしまう生き物たちというのも時々見受けられるようだ。例えば名古屋港水族館のペンギンさんとか、タイのゾウさん(コレとかコレ)とかね。

 ところで今日は、男性の飼育員さんに激ラブなベルーガを発見したよ。舞台はお隣の国韓国の水族館。どんだけ激ラブかっていったら、とりあえず動画を見てほしいんだ。

 

#

spermwhale2

 これまでたくさんのクジラたちの映像を紹介してきたマランダーだが、ふと気がついたらマッコウクジラって紹介したことがなかったっけ。夏本番を迎える今日この頃、ブルーオーシャンの涼し気な動画が多めになってもどうか大目に見てほしい。今日はマッコウクジラの美しい映像をお見せするね。

#

dropped23
 
 今年の夏も近年の例にもれず、きっと暑いものになるだろう。マリンスポーツを楽しみたいお友達や海でのレジャーをエンジョイしたいお友達にエキサイティングな動画が発見された。

 オーストラリア、ニューサウスウェールズ州ポートマッコーリ―で意気揚々とホェールズウォッチングに向かった観光客に、クジラからの大サービスがあったようだ。

#

wildlife-photographer-of-the-year-28a

 1965年に最初に開催されて以来53回に渡って続いてきた、ロンドン自然史博物館主催の「ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」コンテスト。マランダーでも2017年の優勝者及びファイナリストの作品たちをご紹介していこうと思う。

 世界92ヵ国から5万点にも及ぶ応募作品が寄せられた今回のコンテスト。1回では紹介しきれないので、何回かに分けてお届けするよ。感動的な作品、クスッと笑える作品、そして考えさせられる作品など、多くの優れた写真が集まっているので、ぜひじっくりと見てほしい。

#

whalendolphins3

 今朝近所の土手に菜の花が咲いているのを見つけたんだ。ようやく長かった冬も終わり、春の気配がただよってきたという地域も多いかもしれないね。

 そんな日本とは逆に、南半球のオーストラリアではこれから秋。今日はそんなオーストラリアで撮影された、クジラとイルカの群れの映像をお楽しみいただこう。
 

#

whaleneedshelp0

 限りなく広い海ではあるが、そこここにニンゲンの手による思いもよらないトラップが張り巡らされていて、海の生き物たちが被害に遭っている状況は、これまでに何度もお伝えしてきたとおりである(関連記事123)。

 今日は漁網に絡まってしまったザトウクジラを助けようと、頑張ってくれた人たちのエピソードをご紹介しよう。
 

#

swimmingwwhales3

 地球上でも最大の大きさを誇るシロナガスクジラ。一度はお目にかかってみたいと思っているお友だちも多いんじゃないかと思う。そんな夢をかなえたアメリカ人が撮影した、美しい映像をご紹介するよ。青く美しい海とクジラたちを、ぜひ堪能してほしい。

#

bluewhale0

 海の生き物でマランダーでも大人気なのがクジラだけれど、中でもシロナガスクジラといえば、何といってもその迫力ある大きさ、堂々たる雄姿、そしてシャチとニンゲン以外にはほぼ天敵がいないという事実から、これこそが真実の百獣の王なのではないかと思ってしまう貫禄なんである。

 だがその王者の主食といえば、オキアミ、つまり一見すると桜エビですかみたいな、ちっこいプランクトンなんである。今日はそのオキアミの群れを「いただきま~す」しちゃっている、シロナガスクジラの捕食風景をご覧いただこう。
 

#

babywhale0

 メキシコのバハ・カリフォルニア半島。西は太平洋、東はコルテス海(カリフォルニア湾)にはさまれたこの半島は、クジラをはじめとした海の生き物たちと出会える場所として人気が高い。

 マランダーでもこの界隈の海はちょくちょくご紹介しているわけだが、今日はクジラの赤ちゃんとの第一種接近遭遇の様子をお届けしよう(関連記事12)。

 

#

beluga0

 水族館や海に会いに来たニンゲンたちに、ひょうきんで意表を突く歓迎っぷりを見せてくれるシロイルカことベルーガ。ニンゲンの反応を楽しむのが大好きらしいベルーガが、今回は小さな男の子を熱烈歓迎しちゃったみたいなんだ。さて、どんな歓迎っぷりを見せてくれたのかな。