マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

タグ: アライグマ

#

raccoon-f [www-frame

 モフ成分充電記事の続きなわけだけど、今回は触らない方がいいけど触りたくなるモフな生き物TOP5には入るんじゃないかという噂もあるアライグマさんに関連する記事だよ。

 アライグマさんが木の又に入り込んじゃったサッカーボールを取り出そうとして悪戦苦闘する姿がとってもかわいかったので、その様子をながめてほっこりしよう。

#

raccoon-4_e-frame

 マキシーン・ベアードさんはA New Hope animal sanctuaryという保護施設の設立者だ。ある日そんな彼女のもとに「とても気性の荒いアルビノのアライグマを一時的に預かってほしい」という依頼がある。

 どうやらそのアルビノのアライグマは恵まれない環境にいたためかとにかく乱暴者なのだという。今まで200匹以上のアライグマを保護、育てたマキシーンさんはいわばアライグマのベテランだ。1人の心優しい女性の人生と、1匹のアライグマのクマ生がこうして交差した。

#

HUSKY-F [www-frame (1)

 人見知りなタイプの人にとって、誰にでも懐こい性格は時に羨ましく映ったりするよね。特に犬たちの屈託のなさは、知らない間に凝り固まっていた気持ちをほぐしてくれるものだ。

 だけど、今回ご紹介するシベリアン・ハスキー犬の個体は人懐こいを遠く超えてしまっているようだ。気難しそうな猫や、アライグマにまでじゃれつき好奇心を見せている。シベリアン・ハスキー、アライグマ、猫のもふもふムービーをご覧いただきたい。

#

raccoon 2ok-frame

 アメリカ、ミズーリ州キャンデントンにある高校にて、夜間警備中の人物により撮影されたこの映像。赤ちゃんアライグマが一匹だけ取り残されてしまい、なんとか引き上げようとアライグマの一家が一丸となって救出活動に奮闘しているのだ。