マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

カテゴリ : 目からウロコ

#

1904bnns00
image credit:Facebook

 春といえば、動物たちにとっては恋の季節であり、新しい命が生まれる季節でもある。動物園などでもベビーラッシュがはじまるわけだが、それは野生下においても同じなんだ。

 そんなわけで、今回は10万件以上シェアされた、とあるFacebookの投稿をご紹介したいと思う。

 「お願いだから誘拐しないで!」と書かれた子ウサギの写真とともに「野ウサギの巣」に関する豆知識が書かれ、注目を集めているんだ。

#

harpyeagle0_e
image credit:youtube

 マランダーではこれまでにたくさんの生き物たちを紹介してきたわけなんだけど、それでもこの地球上にいる生き物たちの中のほんの一部、氷山の一角にも満たない種類しかお見せできてないんだよね。

 いろんな珍しい生き物もいっしょに見て学んでいきたいと思っているので、何かリクエストがあったら教えてもらえると嬉しいんだ。てわけで、今日はマランダー初登場、オウギワシ先輩を見てもらおう。

#

turtleslife3_e
image credit:youtube

 ナマズのついでに魚のご相伴にあずかっちゃってたちゃっかりカメたちを覚えているかな? あの時の撮影者さんが、カメの背中にGoProをセットして撮影した動画を公開していたよ。

 カメの視点から見た世界は、いったいどんな感じなんだろう。早速映像を見てみよう。
 

#

creatures2_e
image credit:youtube

 先日は巨大な海のクリーチャーをご紹介したばかりだが、アレに興味を持ってくれたお友だちに、さらなるクリーチャーの映像をプレゼントしよう。

 あの巨大なチューブ状の生き物がホヤの仲間なら、今日紹介するのも同じくホヤの仲間なんであるが、どこが同じ生き物なんだよ!と思ったみんな、大丈夫。多分全員がそう思ってる。

#

hyenanwilddogs0_e

 野生の王国は弱肉強食が国是である。捕食者の側であるプレデターたちも、より強い力を持つ者、より賢い者を前にしたとき、獲物という立場になることは珍しくない。

 南アフリカのクルーガー国立公園で、ハイエナの親子と、その巣穴を狙うリカオンたちの攻防がビデオに収められていたのでご紹介しよう。

#

dropped4
 
 犬が飼いたい、でもペットショップにいる子じゃなくって今世界のどこかで自分を待っている運命のあの子に会いたい。そんな未来の飼い主さんたちに少しだけ朗報だ。今年1月リトアニアの開発者たちが、人間と保護施設にいる犬たちとが出会えるマッチングアプリ、GetPetを開発した。

 犬たちに書かれている説明は、たとえば性別や年齢、去勢手術や避妊手術済みか否かなどが書かれており、もし気に入った犬がいたら保護施設に会いに行って相性をチェックしてみるというシステムとなっている。

 このアプリの開発者はInstagramに犬たちの画像を掲載していたので、その一部をみんなで見てみよう。

#

kittysbuisiness0_e

 古来トイレは「はばかり」ともいい、おおっぴらにするのがはばかられる場所であった。もちろん今もそう。

 ペットを飼っているお宅で悩ましいのは、彼らのトイレの場所だと思う。トイレを覚えない生き物たちはともかく、トイレのしつけができるペットの場合、ニオイやらいろいろ考慮した上で場所を決めているんだと思うけど、その際にこんなDIYを試してみるのはどうだろうか。

#

1903dghs01

 生きとし生けるモノを愛するわれわれとしては、地球温暖化とか、再生可能エネルギーなんていう話題もちょっぴり気になってしまう今日この頃だよね。

 身近なことから、できる範囲でエコを始めたい……愛犬を抱きしめながらそんな願いを抱いているおともだちに、ピッタリの犬小屋をみつけたのでご紹介するよ。

 エコフレンドリーな上にワンコフレンドリー、愛犬にとっても快適な暮らしを約束してくれそうな、極上ドッグハウスなんだ。

#

clownfisheggs0_e

 大きく分けて、命の誕生にはお母さんのお腹から生まれてくるパターンと、卵から生まれてくるパターンがあると思う。もちろん他にもクローンだとか卵胎生だとか、いろいろあるかもしれないけれど、基本的にはそんな感じ。

 でもって、卵を産む生き物たちの場合だ。産んだら産みっぱなしの親もいれば、孵化するまでつきっきりで面倒を見る親もいて、いのちの生まれ方も種族ごとにバラエティに富んでいるんだな、と感動してしまったりするんである。

 今日はその中でも、卵の傍でつきっきりでお世話をするお魚さんの話をしよう。なおツブツブがいっぱい出てくるので、苦手なお友だちは注意してね。

#

sealiondog5_e

 海に生息している哺乳類、いわゆる「海獣」の仲間でマランダーに登場したのは、アシカやアザラシ、オットセイ、トドにセイウチなんかがいたと思う。

 今回紹介するオタリアって生き物は、日本ではあまりお馴染みさんとは言えない動物じゃないかと思うんだ。下手するとトドなんかよりも貫禄たっぷりかもしれないオタリアたちと、そこにケンカを売りに来たわんこのやり取りを見てみよう。

#

worm7_e

 海の中は、地球上最後のフロンティア。まだまだ人間の侵入を許さない深海の領域や海底洞窟がたくさんあって、未知の生き物だって数えきれないほどいるに違いない。

 そんな謎とロマンあふれる海の中で、いやだからこそ突然こんなクリーチャーに遭遇してしまったら、感動とビックリがいっしょになって思い切りはしゃいでしまいそうだ。

 多少……というか、かなりにょろにょろ要素が強いので、苦手なお友だちは注意してね。

#

catsdrinkwater0_e

 誰かが食事をしたり水を飲んだりしている様子は、まじまじと見つめたりはしないものだよね。だけどあえて今回は、ペットの猫が水を飲むシーンをスローモーションにしてみたんだ。

 そうしたらこんな映像が撮影できたよ。水を飲むとき、にゃんこの舌はこんな風に動いているんだって、みんな知ってた? 知ってた人も知らなかった人も、ぜひ映像を楽しんでね。

#

pufferfish0_e

 まず日本人はデフォとして、魚を見ると「美味しそう」と思ってしまうことが多いらしい。水族館でも「美味しそう」って、思わず口に出しちゃったりした経験はないかな?

 魚とともに生きてきたわけだから、文化的にも仕方がない。例えばフグという魚、日本人なら「膨れるヤツでしょ」「毒があるでしょ」の次に思い浮かべることといえば、フグ刺しとか天ぷらとかじゃないだろうか。

 しかしそのフグにもいろんな種類があったんだ。今日は意外にもカラフルで可愛いフグの仲間を紹介するよ。

#

cuttlefish0_e

 イカの卵って見たことあるかな? なになに、食べたことがある? うん、たまーにスーパーで見かけることもあるし、地方によっては珍しくないのかもしれないね。

 今日はオーストラリアの海の底で、たくさんのイカの卵を写した映像を見つけたので、みんなにもシェアしておくよ。