マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

カテゴリ : 危機一髪

#

dropped8
 
 6月18日に大阪北部を震源とした大きな地震があったのはみんなもご存じだろう。その時動物たちはどんなふうに反応していたのか。和歌山県にある猫カフェ「キャッチ―」さんが店内に設置してある監視カメラに映った猫たちの様子を記録していた。

#

tigercreeps1_e

 野生のプレデターが獲物に狙いをつけ、忍耐強くタイミングを計り、近づいて行って、そして一気に襲いかかる。そんなシーンをテレビや動画で目にしたこともあると思う。あの緊張感、見ている分にはゾクゾク来るけど、襲われる側になったらたまったもんじゃないわけで…。

 そんな天性のハンターにロックオンされちゃったらどうしよう。とりあえずこの動画を見てみよう。

#

mantis1

 鳥と虫が戦ったら、普通は鳥が勝つと思うよね。てか、虫って鳥のエサにはなっても、逆のパターンはあまり思いつかなかったんだ。この動画を見るまでは。

 だけど広い世界では、虫が鳥を狩るというシーンもあるらしい。食物連鎖のピラミッドでは、一応鳥たちは昆虫の上位にいるイメージなのだが、リアルな弱肉強食の野生の世界を垣間見せてくれる映像を発見したので見てみよう。

#

dropped69
 
 先日もホエールウォッチング時に見せたクジラのサービスが目撃されていたが、今度こそ本物の「近すぎちゃってどうしよう」案件が発見されていた。

 カリフォルニア沖にあるクジラのサンクチュアリにカヤックでホエールウォッチングに行った人々が無事にクジラと遭遇&目撃していた模様。

#

dropped65
 
 先日もアメリカ、フロリダ州でワニに人が襲われてしまったニュースがあった。マランダーを見てくれているお友達ならワニのかっこよさ、そして恐ろしさもよくよく知っているかとは思うけど、世界には時々恐れ知らずな人々が現れてしまうものなのだ。

 某国某所でワニを近くにおびき寄せ驚かすという、いい子はマネしちゃいけないワニとのコミュニケーションを撮影している輩が発見された。

#

dropped38
 
 「動かざること山のごとし」このフレーズを聞いてすぐにハシビロコウさんのことが脳裏にかすめたあなたは立派なカラパイアおよびマランダーの読者さんだ。(いつもありがとう。)

 不動明王のハシビロコウさんはペリカンの仲間。最大で全長1.5mを越える個体も記録されている。羽を広げると2.5mだ。つまりでかい。そんなハシビロコウさんは一人好きでぽつねんとして過ごすのが好きなんだそうだ。その原因とも思われるハシビロコウさんのけんかっ早い一面が目撃されていたので、反面教師になってもらってお勉強しよう。

#

dropped33

 昨日はくじらとの接近に大興奮の人々をご紹介したわけだけど、アメリカ、カリフォルニア州サンディエゴ沖でなんと海のギャング、シャチとの急接近が撮影されていたのでそのワクワクドキドキひやひやな様子を見てみてほしいよ。

#

dropped11
 
 大型猫科獣の魅力についてはマランダーでも何度もお伝えしてきた。その見るだけでうっとりしてしまうそうな美しい毛並み、走れば動物界でも一二を争う俊足。語るときりがない。そんな大型猫科獣のなかでもヒョウ先輩が今日はお目見えしてくれたようだ。

 どうもボツワナのオカバンゴ・デルタ(湿地)にて、野生のヒョウが観光客の足にゴロニャンするデンジャラスビューティーな出来事が起きたんだそうだ。

#

dogsavedchicken0

 昔ニワトリをペットにしてた頃、広い庭に放して遊ばせることがよくあったんだ。隣の家には大きな犬が2匹いて、いつもニワトリたちを見守ってくれていた。野良犬や猫が入り込んでくると、すごい勢いで吠えたてて追い払ってくれたんだ。

 この動画を見つけたとき、そんな思い出がよみがえってきちゃったよ。キツネに狙われたニワトリたち、異変に気付いて駆けつけるわんこ。その一部始終を見てみよう。

#

dropped86
 
 日常を特に無意識に生きていても、どんな刺激的な出来事に遭遇するかはわからない。特に人間たちよりちょっと高い位置で暮らすのが基本の鳥たちにとって、電信柱が地上にある土地なんかでは電信柱は羽を休めるのにちょうどいいスポットであると同時に、一歩間違うと感電してしまう少々スリリングな場所なのである。

#

dropped43
 
 ツルとワニの因縁については以前もお伝えしたとおりだ。ツル先輩ったらその華奢な脚、黙って恩返しとかしてくれちゃいそうな控えめな印象…それはどうやらおとぎ話に刷り込まれた幻想のようなんだ。

 実際のツル先輩は、眼光一つで水辺の捕食者アリゲーターを退散させる迫力があるらしい。

#

giantmonitor4

 トカゲっていうと、どのくらいの大きさの子を思い浮かべるだろう。フトアゴちゃんとかウォータードラゴンみたいな肩のリサイズ? 育ったイグアナみたいにズッシリ存在感のあるサイズ? それともコモドドラゴンのような最大級のヤツ?

 今日ご紹介するのは、タイで撮影されたオオトカゲと犬のバトルだよ。いったいどんな状況なんだろうか。

#

geoff0_e

 おうちっていうのはなんとなく、安心安全な場所だと信じ込んでいないだろうか。だが時として、予期せぬ生き物の訪問者がやって来たりして、ビックリしちゃうこともあったりする。たとえばワニさんとコンニチハなんてのもあったよね。

 だがさすがにコレはビックリだ。こんなヤツが外に立ってたら、どうやって穏便に帰っていただこうかと、ワイロでもなんでも差し出しちゃう自信がある、絶対。