マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

カテゴリ : 危機一髪

#

dropped83
image credit:Instagram


 毎日世界各地で新しいドラマが生まれている。すべての物語が堂々とオンエアーされるわけじゃないけれど。防犯カメラが映してしまった動物たちのドラマってのがあるんだな。

 今回もまた、防犯カメラが映していたあるお宅の飼い猫の大ピンチがしっかりドラマチックに撮影されていた。

#

roohopsonbridge0_640

 カンガルーは人気者だが、マランダーを見てくれているお友だちなら、「可愛い」っていうジャンルの生き物でもないってことはわかっていると思う。

 そんなカンガルーともしその辺で遭遇して、しかも逃げ場がなかったら? 選択肢は限られているし時間もない。さあみんなならどうする?

#

wildebeestmom0_640

 弱肉強食の野生動物の世界では、「生き延びる」ことが何よりも大切だ。時としてそこには親子の情すら、入り込む余地がないこともある。

 しかしその一方で、子供を全力で守る母親も確かに存在する。今日は全身全霊をかけて子供を守り抜いたヌーのお母さんを紹介しよう。

#

dropped3
image credit:YouTube

 アメリカ、ネバダ州にあるカジノや経てるで有名な都市ラスベガスにて、平和に暮らす鳩たちに何やら一風変わった流行りがあるようだ。

 人々がSNSに投稿したところによると、小さなカウボーイハットをかぶった鳩が目撃されているらしい。

#

dropped49
image credit:YouTube

 日本でも様々なメディアでこのニュースを紹介しているのでご存じのお友達も多いかもしれないけれど、これから夏を迎える南半球のオーストラリアでは現在、高温と乾燥した日々が続いているという。それによる森林火災が続いており、たくさんの動物が被害にあっており事態は深刻だそうだ。

 オーストラリアのニューサウスウェールズ州で続く山火事はここ2週間あまりで数百匹のコアラが犠牲となっているそうだ。そんな絶望的な状況だけれど、一人の女性がコアラを救う姿が発見された。

 

#

dropped47
image credit:YouTube

 自然界は弱肉強食の世界だ。強きもの、運のいいものがその日のご飯を手に入れ数日を生き延びる。しかし稀に動物たちは種を超えて行動する姿を見せてくれる。今回もそういったドラマがサバンナの奥地で起きていた。

 ヒョウに襲われたイボイノシシはひいき目に見て絶体絶命のピンチにあった。その悲痛な声はジャングルにある数多の音に混ざり合い響き渡っていた。

#

dropped21
image credit:YouTube

 最凶のヒツジの名をほしいままにしたヒツジのラムブロさんだが、その戦闘能力の高い血脈は絶えることがなくしっかりと継承されていた模様。

 ラムブロさんの子孫であるドッジさんとサンダーさんもしっかりタイプ:スーパーアグレッシブなヒツジだったようだ。



 今回、ドッジさんとサンダーさんの頭突きの強烈さを示すため、盾を使った撮影が行われていた。

#

moosemomnpicuptruck1_640

 人里離れた山の中やなんやかやで、野生動物に遭遇……ってところまではよくある話。日本だって、シカやタヌキやキツネに注意なんて標識があるくらいだしね。

 だがそんな動物たちが道路に飛び出してくる危険については想定していても、彼らが道路を占拠して、ちっともどいてくれないという事態はあまり考えていないんじゃないかな。

 先へ進みたいのに進めない。オマケにこちらを敵認定して向かって来られた日には、いったいどうしたらいいんだろうね。

#

deerjumpsinto0_640

 野生動物が街へやってくることはないわけじゃない。だが屋内、それも営業中のお店の中へ、窓を破って侵入してきたとなると、これは事件として扱わざるを得ないだろう。

 前にもアメリカのPC修理屋さんにシカが押し入ってきた事件があったが、今度は美容院の窓を破って、大きなシカが飛び込んでくるというビックリな出来事があったらしい。その一部始終がビデオに撮られていたので、まずはその映像をご覧いただこう。

#

dropped27
image credit:YouTube

 うららかな日差しの中でお散歩中、そんな瞬間だって動物たちには様々な危機一髪が待っている。アメリカ、ペンシルバニア州にお住いのナタリア・ハインズさん宅の愛犬、シュガーフットさんが公園で芝生の上を走り回っていた時、思わぬスリリングな瞬間を迎えたのだという。

 

#

tanglngwturkey5_640

 七面鳥という鳥は意外とアグレッシブでケンカっ早くて、しかも執念深いらしい。街中で遭遇すると、ニンゲンをどこまでも追いかけていくという行動が何度か報告されているくらいだ。

 追いかけるだけならともかく、時には理由もなく襲いかかってくることもあるらしい。今日はその決定的な犯行の瞬間をとらえた映像を紹介しよう。



 

#

rhinocharge0_640

 野生の生き物たちとの邂逅を体験するには、彼らの暮らすところへ出かけて行って、その姿を眺めさせてもらうのがいいのだろう。バードウォッチングやホエールウォッチングなど、遠くから野生の世界を垣間見る機会もある。

 だがこちらが遠くからこっそり、と思っていても、彼らの方から近づいてきて第一種接近遭遇になってしまうケースもあったりする。そしてたまさかには、彼らの攻撃対象となってしまうことだってあるのだ……。