マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

カテゴリ : せつない

#

dropped45
 
 生きていると、「ウワ…あの人にあんまり会いたくない。回れ右して別の道から行こう…」だとか思ってしまう誰かってできちゃうものだ。どうやらそれは心優しく生きている動物たちにも共通しているらしい。

 以前ご紹介したゾウと鳥の確執だけれども、どうも今もまだ鳥たちとゾウの緊迫状態は続いていたようだ。

#

sbc02

 とあるチンパンジーの兄弟。保護されたものの、別々の施設で面倒をみられることになり、離れて生活していたそうだ。

 そんなはなればなれの兄弟との、ひさしぶりの再会。お互いの姿をみとめるやいなや、2匹はわき目もふらずに駆け寄ったんだ。

#

dropped17

 人間誰しも、迷子になった経験が1度や2度はあるだろう。その時、自分から思いもよらない心細そうな声が出たりして、それがまた不安をかきたてたもんだ。そのあと長く感じられる時間が過ぎてお母さんと再会できた時の安心感。

 ママとはぐれた時の不安さは、どうやら百獣の王とて同様のようだ。ママとはぐれて、ママを一生懸命に呼ぶ子ライオンの様子が胸がきゅっとすると同時にかわいさに心がほわんとするので見てほしいな。

#

dropped89
 
 マランダーが始まって早2年が経過した。様々な動物たちをご紹介してきたけど、中でもラグドールのティモとはなかなか長い付き合いである。

 ティモといえば最近の恋愛事情だったり、その豊かなお家だったりに目が行きがちだけど、ティモがすごいのは異種間友情を静かに育んできたってところなんだよね。

 そんなティモとコイの友情に危機が訪れた模様。ゴージャスなお庭の一角にある池でコイを飼っていたティモの飼い主さんだったが、どうやら不運なことにKHV(コイヘルペスウィルス)にかかってしまって、多数のコイが亡くなってしまったんだそうだ。

#

dognlobster1

 犬は優しい生き物である。同じ犬族以外でも、小さな子供や小動物と見れば惜しみない愛情を注いでくれる。優しいまなざしで、さきものを見守る犬たちを見ていると、こちらもあたたかい気持ちにならざるを得ない。

 あたたかい? イヤちょっと待て、多分物理的にはあたたかくならないであろうこの生き物に対しても、ほっこりしてもいいのだろうか。

#

dropped99_e

 15歳のゴールデン・レトリバーのプリンは骨棘という、同じ場所に繰り返し炎症が生じることによって骨が増殖する病により苦しんでいた。大好きな散歩もままならないままこの世を去ってしまうのはあまりにも忍びない。飼い主たちは、プリンさんを散歩に連れ出すことにした。ほんの少しでもプリンさんに外の空気のさわやかさ美しさを再確認してほしいという願いからである。

#

dropped47
 
 地球上にはたくさんの絶滅危惧種リストに名を連ねられた動物が存在し、保護活動を行っている団体のおかげで何とかリストから名を外されることになった動物もいれば(関連記事)、努力もむなしく、絶滅の一途をたどる生き物たちもいる。

 シロサイの亜種、キタシロサイが絶滅の運命を辿ることになりそうだ。

#

dropped21
 
 今まで何度かお知らせしてきたグレートデーンのマックスさんとケイティさんを飼っているご一家に訃報が届いた(関連記事その1関連記事その2)。

 マックスさんの妹分、ケイティさんが急逝なさったという。妹の急な不在に、マックスさんは毎日さみしそうに窓際で外を見つめているんだそうだ。



 

#

boom2

 何かとあわただしい年度末の月曜日。ちょっとだけ一息入れて、短いアニメーションを鑑賞してみない?

 これからお見せするのは、「宮城仙台アニメーショングランプリ2018 優秀賞」と「第16回インディーズアニメフェスタ 審査員賞」を受賞した、男の子とペットの犬を描いたショートアニメなんだ。さて、どんな作品なんだろう。

#

straydog0

 最近はとんと見かけなくなったけども、昔は人懐っこい野良犬なんてのがそこらじゅうにいたもんである。自分が小学校の頃は毎朝子供たちといっしょに登校する犬がいて、とうとう学校から首輪をもらっちゃったなんてことがあったっけな。

 時代は変わって日本の野良犬は減ったものの、海外ではまだ当たり前のようにストリートドッグが闊歩しているところも少なくない。今日はガソリンスタンドに住み着いている、人懐っこい野良犬のお話を紹介するね。
 

#

dropped4
 
 アメリカ、テネシー州コリアーヴィルにて1匹のリスの赤ちゃんが保護された。トムという名の猫を飼うご一家により手厚いケアをうけたあと、無事に野良リスは心身の傷を癒した。心優しい家族の見守るもと、さぁそろそろリスを野生に返そう!というその時、事件が起きた。

#

babysquirell2

 リスの赤ちゃんが木から落っこちて保護された、というお話はこれまでにもいくつかご紹介してきたけれど、今回ご紹介するのはニンゲンに保護されたあとで、お母さんリスが赤ちゃんを迎えに来たというお話だよ。

 お母さんリスが迎えに来た話は先日もお伝えしたけれども、今回は保護した人がこのまま面倒を見る覚悟を決めたところで迎えに来たそうなんだ。さて、その一部始終を見てみよう。
 

#

dropped2
 
 手の届かないものってついつい手に入れたくなるし、実物よりも良いものかのように見えてくる。だからつい行列のできる店が気になるんだろうし、試してみたくなるのだろう。それって動物たちも同じようで、飛んでも手の届かない場所になっているりんごの実をどうしても食べたいニワトリのがんばりが撮影されていた。