マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

カテゴリ : 感動

#

net]_e

 ヤギなどの動物の角の多様性についてはすでにご紹介済みなわけだけど、今回はヤギを神話チックに撮影してみた画像集が発見された。

 アメリカ、ワシントン州ウィドビー島に住むヤギやヒツジをスタジオにお招きしてモデルにしてみたカメラマンのケビン・ホーラン氏の作品集、ご覧あれ。

#

birdpapa0

「ニルスのふしぎな旅」っていうお話を知っている人はいるかな。その昔、日本でもアニメ化されたので、覚えているお友だちもいるかもしれないね。小人にされちゃった主人公が、ガチョウやガンの群れといっしょに空の旅をする物語なんだけど、あんな風に鳥たちといっしょに飛んでみたいと思った人もいるんじゃないかな。

 今日はその夢を実現させてくれるような、「渡り鳥たちといっしょに空を飛ぶツアー」を実施しているフランス人をご紹介しよう。
 

#

puppies0

 マランダーでは定期的にご紹介しているチャンネルがいくつかあるけれど、インドの動物保護団体Animal Aidもそのひとつ。

 ウダイプールという街で活動しているこの団体は、事故に遭ったり病気になったり、あるいは虐待を受けたりしている動物たちを保護し、もう一度幸せに暮らせるようサポートをしているんだ。

 今日はそんな彼らの活動の中から、タールまみれになっていた子犬たちを保護した顛末をご紹介しよう。
 

#

hospital0

 ペットと飼い主の間には、切っても切れない絆が存在することを、否定するお友だちはマランダーの読者にはいないと思う。その絆は時々、とんでもなき奇跡を起こしてくれたりもする。

 今日ご紹介するお話は、入院した飼い主を探して病院までやってきたワンちゃんが主役なんだ。さて、どんな奇跡が起こったのかな。

#

dropped7
 
 ペットにさよならを告げることほど難しいことはない。老衰だろうと病気の末だろうとその困難さに納得がいくことはない。今回ご紹介する一家は不幸にも火事で家とともに愛犬を失ってしまった。

 命からがら逃げ出したものの、そこに愛しい愛犬の姿はなかった。悲しみしょげきって暮らしてきた一家、特に親友同然に暮らしてきた子供たちには大きすぎる衝撃を与えてしまった。あれから8か月、そろそろ子供たちに新しいお友達を与えたいと思った両親のサプライズ動画がこちらだ。

#

jumpingwhale4

 ザトウクジラの「バブルネットフィーディング」については、先日の記事でちょっと説明したけれど、覚えていてくれるお友だちはいるかな。今日はその「バブルネットフィーディング」が、船がたくさん停泊しているマリーナで撮影された映像をお届けするよ。

 巨大なクジラがすぐ目の前で「ばっくり」と大口を開ける光景は迫力満点なので、ぜひ楽しんでみてほしい。
 

#

whalejump3

 先日、危うくクジラにぱくっと飲み込まれそうになったダイバーたちの話題をお届けしたけれど、クジラ大好きなお友だちにはきっと喜んでもらえそうな新たな動画を発見したので、ぜひご紹介したいんだ。どんな動画なのかは見てのお楽しみ。さあ、用意はいいかな?
 

#

germanshepherd4

 大好きな誰かと、しばらく会えなくなってしまったら、とってもとっても寂しいよね。単身赴任や遠恋、進学や就職、いろんな事情で大好きな人といっしょにいられない事情を抱えたお友だちも、きっとここを読んでくれてるみんなの中にもいるんじゃないかな。

 そんなつらい気持ちも、大好きな相手と再会した瞬間に吹っ飛んでしまうものなんだ。今日はそんな幸せいっぱいの再会シーンをお届けするよ。
 

#

faith4_ea

 時には心が折れかけて人生がイヤになっちゃうなんてこと、きっとみんなにもあるんじゃないかな。「人間なんて大っキライだ!」って、思わず口に出して言っちゃうとかね。でも、こんなシーンを目の当りにしたら、人間だって捨てたもんじゃないって、きっとまた思えるはずなんだ。

 今日はそんなやさしい人間たちと動物たちのやさしい関係を、詰め合わせでお届けしてみるよ。少しでもほっこりした気持ちになってもらえたら嬉しいな。
 

#

Hornbill1

「最先端」の技術というモノは、日々刻々と変わって行って、今日の最先端は明日には旧式といった風潮も無きにしも非ずな昨今ではあるが、それでも以前は不可能だったことがどんどん可能になっていくのはすごいことだよねまあ、21世紀になってもエアカーは飛んでいないのはちょっぴりガッカリなんだけどさ)。

 今回は3Dプリンタの技術を駆使して、鳥さんの折れてしまったクチバシの代わりに人工のクチバシを作っちゃったお話を診てもらおうと思うんだ。
 

#

dropped4

 マランダーに1件のリクエスト動画が届いた。

 片翼になってしまい動物病院にて4年半大切に育てられたのち、何度か里親のもとを転々としていたハシブトカラスが、ついにあたたかな家庭に迎えられることになった、というお話だ。そしてなんとそのご家庭にはハリス・ホークとメンフクロウが合わせて4羽もいるにぎやか猛禽ファミリーだったのだ。

 片翼のハシブトガラスの名前はエドワード。やっと見つけたお家でエドワードはあたたかな家庭だけでなく、生涯の親友を発見することとなる。

#

dropped4
 
 マランダーでは動物たちの仲良し動画、きゃっきゃうふふ動画を主に紹介してきた。だけれども、動物たちによっては縄張りとかいった問題などで仲良しになれなかったり、ひと悶着起きてしまう場合だってある。

 今回、とあるお宅の家猫ズに近づくもうまくいかず一匹狼だった猫が何とか仲間たちに溶け込んでいく過程を映した動画が発見された。

#

911dogs12_ea

 2001年9月11日。あの同時多発テロでワールドトレードセンターが崩壊した後、1万人を超えるレスキュー隊が救助活動に従事した。その英雄たちの中には、300匹を超える犬たちが含まれている。

 災害救助犬だけではなく、爆発物探知犬やセラピー犬など、事件や災害の現場にはたくさんの犬たちの活躍する姿がある。あの日から16年という歳月が過ぎたが、ここで再び彼らの活躍に思いを馳せてみよう。