マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

カテゴリ : 保護・救助

#

wheelchairdog0_e

 ハンディキャップを持ちながらも、明るく毎日を生きている動物たち。マランダーではこれまでに何度も、そんな動物たちについて取り上げてきた。

 今日は後ろ足が麻痺しているにもかかわらず、車椅子で元気いっぱいに走り回っている犬をご紹介するよ。飼い主さんたちの献身的なケアに支えられて、犬生を満喫している様子は、見ているこっちにまで生きる力を分けてくれているみたいなんだ。
 

#

dropped49
 
 クマは日本でもなかなか馴染みのある動物。ワイルドで危険たっぷりの捕食者でありながらも、時折人間世界に降り立っておまぬけキュートな一面を見せたりとギャップにやられてしまうファンも少なくない。

 クマ―たちは雑食で食いしん坊なもんだから、人間のごみ箱を漁っていることもよくある。めぼしい食べ物を漁っているうちに、ごみ箱に入っちゃって出られなくなったコグマ兄弟のレスキュー動画を紹介するね。

#

shelterdogs_e
 
 オーストリア出身の写真家、ロベルト・アルテモーザーさんは、セルビアの難民キャンプでボランティアをしていた時に、多くの野良犬たちがひどい扱いを受けていることを知った。

 野良犬たちを保護するシステムが、まだまだ整っていない東欧諸国。ロベルトさんはそこで野良犬たちの撮影を続け、ドッグ・シェルターでのボランティアを続けてきた。

 今回はロベルトさんの撮影した、路上やシェルターにいる野良犬たちの写真をご紹介しよう。

#

puppyinpain0_e

 インドの街ウダイプルで、ストリートアニマルたちの保護に献身的に取り組んでいる、Animal Aidのスタッフたち。彼らのもとへ今日飛び込んできた通報は、1匹の子犬を助けてほしいというものだった。

 道端で動けなくなっていた子犬のもとへ、スタッフが駆け付けるところから動画が始まるよ。かわいそうな子犬は、無事に元気になるんだろうか。

#

dropped20
 
 猫のクララベルさんは真っ白い美猫。5年前にごみ箱に捨てられていたところを飼い主さんにより保護された。

 耳が聞こえないというクララベルさんだけど、飼い主さんが近くにいることに気づくと、大きな声で自分の存在を伝えてくれるんだそうだ。その姿がかわいくて健気でたまらない。

#

rooftopcat11_e

 大昔、自分の家の床下で、猫が出産したことがあった。野良じゃなくて、放し飼いにしていた隣んちの猫だったんだけど(まあ昭和の時代だし)、生まれたばかりの子猫たちを抱えたお母さん、強かったなあ。

 猫もニンゲンも、お母さんが子供に向ける慈しみや愛情は無限大なことに変わりない。今日はそんな、子供を守るお母さん猫のお話をしようと思うんだ。

#

homelessdog8_e

 ペットたちはその生活、いやそのいのちを飼い主に依存して生きている。食べ物、住む場所、安全、健康への気遣い。すべて飼い主が責任をもって、与えなければならないもの。だがその飼い主に何かあったら?

 先日は突然入院した飼い主と犬の物語をお伝えしたけれど、今回は飼い主の死で野良犬となってしまっていた犬を、保護したお話をご紹介しよう。

#

sbc02

 とあるチンパンジーの兄弟。保護されたものの、別々の施設で面倒をみられることになり、離れて生活していたそうだ。

 そんなはなればなれの兄弟との、ひさしぶりの再会。お互いの姿をみとめるやいなや、2匹はわき目もふらずに駆け寄ったんだ。

#

angryswan5_e

 以前イギリスの保護団体Wildlife Aid財団の活躍で、ネットに引っかかったキツネを救助したお話をご紹介したことがあるんだけど、覚えていてくれた人はいるかな。

 あの団体の創始者でもあるサイモンさんが、今日呼ばれて行ったのはテムズ川沿いのとあるお宅だったんだ。そこで待っていたのは、お怒りモードのあの生き物だったのだが……。

#

caraccidentvictim0_e

 インドの街ウダイプルで、ケガや病気で倒れたストリートアニマルたちを保護し続けているAnimal Aid。またひとつ、彼らに救われたいのちの記録が届いたよ。

 車にはねられて動けなくなってしまった犬。もう一度自分の足で、歩くことができるだろうか。スタッフたちの献身的なケアの様子を見てみよう。

#

impala5_e

 野生の王国アフリカで、野生のインパラを泥の中から救い出した男性が話題になっている。動けなくなっていたインパラを、思わず助け出してしまった男性。自然界に干渉してしまったことの是非はともかく、この動画のキモは別のところにあったらしい。

#

whalesharkinkorea3_e

 今年の猛暑もそうだったけれど、世界中のあちこちで異常気象だったり温暖化による影響だったりが報告されるようになって久しいよね。

 その余波がこんなところにも? 2014年のある日、韓国でジンベエザメが漁網にかかったらしいんだ。幸いにしてピンピンしていたジンベエザメ。無事に海へと帰れたんだろうか。

#

goosevistsman0

 以前カラパイアでお伝えした、助けてくれた人間の男性の恋人気取りのカナダガン、カイルのお話を覚えている人はいるかな。あのカイルがなんと、お母さんになったらしい。おさらいを含めて、カイルが今どうしているのかを見てみよう。

#

animalaidinsta

 インドのウダイプルで、ストリートアニマルたちの保護活動をしているAnimal Aid。彼らの活動やボランティアたちの1日については、これまで何度もお伝えしてきている通りであるが、今日はインスタグラムから、今まで取り上げて来なかった動物たちの表情をご紹介してみようと思うんだ。