マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

カテゴリ : 保護・救助

#

breakthechains0_640

 ペットを飼うには覚悟がいる。最後まできちんと責任をもって面倒を見るという覚悟が。だが世の中には飼えなくなったペットを捨てていくような、無責任な飼い主もいないわけではない。

 それもわざわざ木に繋いで行ったり地下室に繋いで行ったりなど、餌も水も摂れない環境に置き去りにするケースもあったりする。

 今回アメリカから届いた動画のケースでは、飼い主が犬を鎖につないだまま引っ越してしまったらしいんだ。運よく近所の人に発見されたこの犬だが、無事に救出することができるのだろうか。

#

hopelesspuppy4_640

 インドにはとにかく野良犬が多い。狂犬病の媒体ともなっているので、むやみに近寄るのは危険でもあるのだが、それでもAnimal Aidのスタッフたちは、恐れずに傷ついた犬たちの保護に今日も奔走してくれている。

 今日も顔から血を流している子犬がいるとの通報に、スタッフが現場に駆けつけたのだが……。

#

2001ktcf00
image credit:Facebook

 つい先日、極寒のカナダ・アルバータ州の雪山から救出された子猫の話をお届けしたところだけど、またしてもアルバータ州の雪中から救出された子猫の話をご紹介するよ。

 今回はなんと3匹、しかもその生命を救うために役立ったのは、1杯のコーヒーなんだ。

#

2001alct01
image credit:Facebook

 カナダ・アルバータ州に暮らすマックス・アダムスさん。彼は、世界各地で11月に行われる「モーベンバー」という男性のためのがん啓発運動に毎年参加していた。

 彼のチャレンジは、60kmを踏破するチャリティーハイクに挑戦するというもの。2019年は親友のがんが発覚したり、祖父をがんで亡くしたりと彼にとっては苦しい年だったこともあり、万感の思いを込めての参加となった。

 しかしそんなチャリティーハイクの途中、たった10kmのところで彼は足を止めることになる。

 雪深い山道で、力いっぱいに助けを求め鳴き叫ぶ子猫に出会ってしまったからだ。

#

2019wla3_640

 イギリスで野生動物の保護活動をしているWildlife Aid財団から、2019年の保護活動の報告と、支援してくれた人たちへのお礼のメッセージが公開されていたので、紹介するね。

 マランダーでは取り上げなかったけども、にょろにょろさんのレスキュー写真が一瞬だけど写っているので、苦手なお友だちは注意してね。

 

#

burnedhands2_640

 昨年の秋からオーストラリアで起こった大規模な森林火災は、年が明けた今もまだ燃え続けているという。人的な被害も広がっているが、そこに住む動物たちも大きな被害を受けている。住むところを失っただけでなく、火傷などのケガを負った生き物も多いのだ。

 そんな動物たちにあたたかい手を差し伸べる人々の姿も、あちこちで話題になっている。今日はニューサウスウェールズ州で、火傷をしたカンガルーに水をかけてあげている女性を紹介しよう。

 

#

abby0_640

 人間の髪の毛の延びる速度は、1ヶ月に約1センチだという。放置しておくと平安時代の貴族の女性ができあがるわけだが、そういえば動物たちの体毛って放っといたらどうなるんだろう?

 今回アメリカの西海岸で、まさにそんな素朴な疑問への答えのようなわんこが見つかった。

#

syria0_e
image credit:Facebook

 戦禍のシリアで野良猫をはじめとする動物たちの保護活動に献身的に取り組んでいる、ムハンマドさんの「猫の家」。だが今月に入って内戦の状況が激化し、ムハンマドさんたちはやむなく施設を閉鎖して避難することを余儀なくされたという。

 動物たちはもちろん、人間の命も危険にさらされている現在のシリア。我々には彼らの無事を祈ることしかできないのだろうか。

#

dogthinksitsacat3_640
 
 タイのチェンマイに広がる広大な敷地に、ゾウたちの保護施設であるエレファント・ネイチャー・パークがある。

 ここにいる象たちは重労働に従事していたり、サーカスで虐待を受けていたりと、つらい暮らしから救い出されてきたものたちばかりだ。

 そんなネイチャー・パークには、ゾウ以外にもこんな生き物たちが仲良く暮らしているらしいよ。

 

#

LAriver5_640

 ロサンゼルスを本拠地に、西海岸の困っている動物たちの保護活動に力を注いでいるHope For Pawsのスタッフたち。

 今日は市内を流れるロサンゼルス川に、子猫が2匹いるという通報を受けて現場に駆けつけたんだそうだ。さて、無事に子猫たちを保護することができたのだろうか。

#

catcaught0_640

 今日から仕事始めというお友だちも多いのかな。正月気分を引きずってだるだる~な今朝のみんなに、一発で目が覚めそうなこの動画をお届けしちゃうよ。

 高い高い木の上に登って下りられなくなった猫の救出大作戦の様子なんだが、ハラハラドキドキ手に汗を握っちゃうこと間違いなしの映像だ。ちょっとだけ気合を入れて見てあげてね。

#

skyscraper0_640

 猫ってやつは高い所が得意な生き物だってことはわかっている。わかっちゃいるが、それでも限度があるよね。

 なぜどうしてそんな高い所に、しかも自分では下りられないところに行きついてしまうのか。

 高層ビルの壁際から猫を救い出した映像が話題になっていたので、3年ちょっと前に撮影されたものではあるけれど紹介するね。

#

savinghawk5_640

 イギリスで野生動物の保護活動を精力的に行っているWildlife Aid(ワイルドライフ・エイド)財団のサイモンさんたち。

 お国柄か土地柄か、キツネ白鳥ハリネズミなんかのレスキューを要請されることが多いイメージだけど、時には猛禽類の保護を頼まれることもあるようだ。