マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

カテゴリ : 保護・救助

#

cowsmom3

 自分の力ではどうにもならないとき、動物たちは人間に助けを求めてくることがある(関連記事123他いっぱい)。これまでにも何度かそんなシチュエーションをご紹介してきたわけだが、今日はまだへその緒が付いたままの子ウシを助けてほしいとアピールしてきたお母さんウシと、その後の救出劇をお見せするよ。

#

dropped
 
 ちょっと大きめな舌がかわいい9歳のチワワ、フレディーは生まれてからずっとパピーミルの狭いケージの中で暮らしてきた。

 パピーミルとは、営利目的で子犬を大量に作るための施設だ。フレディーは9年間の犬生の中で、犬らしい喜びは何一つ知らないままただ繁殖のためだけにパピーミルで生かされてきた。

 そんなフレディーはついに動物保護団体National Mill Rescue に保護されることになった。そうして生まれて初めて、自分のベッドを手に入れることとなった。

#

homelessdog0

 カリフォルニアで動物たちの保護活動を行っている、非営利団体のHope For Paws。かれらの献身的な活動の様子については、以前にも一度紹介したことがあったよね。

 今日も飼い主に捨てられた犬を保護すべく、現地に急行するスタッフたち。「捨てられた」というトラウマを抱えて生きてきた犬に、スタッフたちの思いは伝わるのだろうか。

#

driverncat0_e

 道路を運転中に動物を保護した、という話はこれまでにも何度かマランダーでお伝えしてきたことがあったけれど、今回はなんと高速道路の真ん中で、塀の上に取り残された子猫を救出したお話だ。しかも助けてくれた人は議員さん。いったい何が起こったんだろう。

#

foxrescue4

 マランダーではこれまで、インドのウダイプルで活動するAnimal Aidや、アメリカのロサンゼルスに本拠を置くHope For Pawsなど、トラブルに遭った動物たちを助けるために、日夜活動してくれている団体を紹介してきたわけだが、今日はイギリスのWildlife Aid財団をご紹介しよう。

 庭のネットに絡まってしまったキツネの救出に向かったスタッフたち。無事に助けてあげられるんだろうか。

#

canopycatrescue

 以前お伝えした「木の上から下りられなくなった猫のレスキュー隊」、CANOPY CAT RESCUEナイスガイたちを覚えているかな。そう、樹医の義兄弟が、高い木に登って下りられなくなってしまった猫たちを、無料で救出する活動をしているっていうお話だったよね。

 今日は彼らが救出した猫たちの、ごく一部をご紹介しようと思うんだ。中には何度も何度も彼らのお世話になっている猫もいるみたい。さて、どんな顔で救助を待っていたんだろうか。

#

FSOgnJ5ylaL5b4YjKGgEdlVngUE70-QlSuUe2evl5G4_e

 捨てられたり、虐待されたり、あるいはネグレクトされたりと、つらい生活を送ってきた動物たち。愛情たっぷりの新しい家族と出会って、心身ともに元気を取り戻していくと、その見た目にも劇的な変化が現れる。

 それは「愛」とか「幸せ」とか「やさしさ」とか、そんな栄養をたっぷり与えられてこそ。今日はドラマティックな変化を遂げた保護動物たちのビフォーアフターをご覧いただこう。

#

dropped3
 
 アメリカ、アリゾナ州にある、スモーキーさんとレムスさんという2匹の犬を飼っているお宅で、ある日2匹がびしょぬれになって発見された。その原因を発見するべく、ご自宅の防犯カメラを確認してみた。

 そこには犬の善良さ、心の優しさがぎゅっと詰まったものが映し出されていた。

#

tmg-article_tall (2)_ea

 野生の生き物は、よっぽどのことがなければニンゲンと接触しようとはしない。彼らにとってニンゲンは危険な生き物であるし、そう認識してくれているほうがお互いのためにも望ましいこともあるだろう。

 だが何か緊急事態が起きたとき、「ニンゲンなら助けてくれるのでは?」と考える生き物たちもいるみたいだ(関連動画123ほか多数)。今日はそんな中から、おまわりさんにピンポイントで救いを求めた鳥さんのお話をしようと思う。

#

dingo3

 マランダーではこれまでに、インドの街ウダイプルで活躍しているストリートアニマルの保護団体、Animal Aidについて何度かご紹介してきたけれど、今日はアメリカの西海岸で、同じくストリートアニマルたちの保護と救助に力を傾けている、Hope For Pawsという団体をご紹介しよう。