マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

カテゴリ : 保護・救助

#

blueshark0_e

 ほとんどの魚は、水の外では生きていられない。うっかり外に出てしまった場合、身をよじらせ跳ね回り、なんとか水中へと戻ろうとする。ちょうど我々が水の中では生きられないのと同じように、魚たちにとっては空気中は命の危険にさらされる場所なのだ。

 だが自分で水中に戻れるのは、ラッキーな方なのかもしれない。今回の映像のように、親切な誰かに助けてもらえたなんてケースは、特に運が良かったと言えるだろう。

#

dogwalksagain0_e

 インド西部の街ウダイプルで、ストリートアニマルたちの保護活動を精力的に行っているAnimal Aid。今日彼らが受け取った通報は、ひどいケガをした子犬がいるというものだった。

 駆け付けたスタッフが目にしたのは、顔に大ケガをした1匹の子犬。この小さないのちを、果たして助けることができるのだろうか。

#

hawkstuckincargrille0_e

 事故というのは、どれだけ自分が気をつけていても起こってしまうことがある。不可抗力で済まされることではないけれど、こんな場合にはいったいどうしたらいいんだろう?

 今回ご紹介するこの動画、普通に車を運転していたら、なんと向こうから飛んできたタカにぶつかってしまったというかぶつけられてしまったというか、お互いに不運だったとしか言いようがない。果たしてタカは無事だったのか? まずは動画を見ていただこう。

#

penguin-1_e

 極寒の地域で小さな体をフル稼働で子育てをするペンギンたち。人間だって迷子になっちゃうように、時としてヒナが親とはぐれてしまうこともあるようだ。

 ニュージーランド、クライストチャーチに住むビリーは生後2か月のブルーペンギンのヒナだ。どうやら母親とはぐれてしまったようで、辺りをうろうろしている姿を目撃された。
 

#

cinnamon-1 (1)_e
 
 ピットブルにはネガティブな偏見が付きまとう。闘犬として育種されてきた犬種であるため、人に牙を剥く獰猛な犬種というイメージが定着しており、多くの国で危険視されている。しかしその実、非常に愛情深く、飼い主に忠実な姿が多く見られている。(関連記事1関連記事2)

 アメリカ、ジョージア州にあるレスキュー団体に務めているジェーンさんは「何匹もの子犬が捨てられている」との報告を受けて直ちに現場に向かった。そしてそこには一風変わったとてもかわいらしい子犬が発見したという。

 

 

#

dropped15
 
 小さな頃、お父さんお母さんに「しちゃいけないこと」ってのをみんな教わっていると思う。大体の人がそこから自分の人生を通じて倫理的な基準というものを作り上げていく。しかし一部の人間は大事なことを教わり損ねているようだ。

 先日アメリカ、テキサス州にあるハリス郡にある通りを歩いていた通行人は信じられない光景を目にした。そこにはごみ袋に詰められた子犬たちが放棄されていたのだ。

 

#

catsrescuedfromboxes1_e

 イギリスの街角で、ダンボールに入れて捨てられていた11匹の猫たちが保護されたという、ショッキングなニュースをお伝えしたが、猫たちがどうなったか心配してくれているお友だちも多いと思う。

 その後の様子を伝えるニュース映像が入ってきたので、マランダーでもシェアしておこう。

#

adogcollapses0_e

 ロサンゼルスを本拠地に、ストリートアニマルたちの保護活動に取り組んでいるHope For Paws。今日も緊急の通報を受けて、ケガをした犬を救うためにスタッフが現場に向かったのだが、そのスタッフの目の前で犬は倒れ伏してしまった……!

#

11cats0_e

 クリスさんといえばコール&マーマレードの飼い主であり、自他ともに認める伝説のカリスマ猫下僕である。だがそのクリスさん、捨て猫や野良猫たちの保護活動にも力を入れていることを、マランダーの読者ならご存知かもしれないね。

 そんなクリスさんがこんなショッキングなニュースを紹介していたので、急遽ここでもシェアしようと思う。

#

animalaid2018-0_e

 インドの街ウダイプルは、インド西部のラージャスターンにある都市である。首都デリーとムンバイのちょうど中間あたりに位置しており、人口は約60万人。この街でストリートアニマルの保護活動をしているAnimal Aidは、マランダーではすっかりおなじみになっているよね。

 この正月、Animal Aidではこれまでの活動を紹介する動画を公開していたので、マランダーでもシェアするよ。ぜひ見てくれると嬉しいな。

#

dogtiedtotree0_e

 以前新しく家を買ったところ、地下室に犬がつながれていたというお話を紹介したことがあったよね。このまま置いておけば命を失うのがわかっているのに、いったいなぜそんな真似ができるのかと、憤ったお友だちも多かったと思う。

 今回は山の中で、木に首をつながれたまま放置されていた犬が発見された。運よく見つけてもらったものの、衰弱しきった犬は大丈夫だったんだろうか。