マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

カテゴリ : 保護・救助

#

dogthinksitsacat3_640
 
 タイのチェンマイに広がる広大な敷地に、ゾウたちの保護施設であるエレファント・ネイチャー・パークがある。

 ここにいる象たちは重労働に従事していたり、サーカスで虐待を受けていたりと、つらい暮らしから救い出されてきたものたちばかりだ。

 そんなネイチャー・パークには、ゾウ以外にもこんな生き物たちが仲良く暮らしているらしいよ。

 

#

LAriver5_640

 ロサンゼルスを本拠地に、西海岸の困っている動物たちの保護活動に力を注いでいるHope For Pawsのスタッフたち。

 今日は市内を流れるロサンゼルス川に、子猫が2匹いるという通報を受けて現場に駆けつけたんだそうだ。さて、無事に子猫たちを保護することができたのだろうか。

#

catcaught0_640

 今日から仕事始めというお友だちも多いのかな。正月気分を引きずってだるだる~な今朝のみんなに、一発で目が覚めそうなこの動画をお届けしちゃうよ。

 高い高い木の上に登って下りられなくなった猫の救出大作戦の様子なんだが、ハラハラドキドキ手に汗を握っちゃうこと間違いなしの映像だ。ちょっとだけ気合を入れて見てあげてね。

#

skyscraper0_640

 猫ってやつは高い所が得意な生き物だってことはわかっている。わかっちゃいるが、それでも限度があるよね。

 なぜどうしてそんな高い所に、しかも自分では下りられないところに行きついてしまうのか。

 高層ビルの壁際から猫を救い出した映像が話題になっていたので、3年ちょっと前に撮影されたものではあるけれど紹介するね。

#

savinghawk5_640

 イギリスで野生動物の保護活動を精力的に行っているWildlife Aid(ワイルドライフ・エイド)財団のサイモンさんたち。

 お国柄か土地柄か、キツネ白鳥ハリネズミなんかのレスキューを要請されることが多いイメージだけど、時には猛禽類の保護を頼まれることもあるようだ。

#

dogs6_640

 犬という生き物は、我々ニンゲンとの付き合いも古く、友好関係にあること数千年という人類の長い友達なのである。

 さて今、動画配信サイトのNetflixが、犬たちに関するオリジナル番組を公開しているので、ちょっと紹介してみよう。

#

babyowlrescue4_640

 山や森、海辺などで傷つき助けを求めている野生動物に遭遇することもないとは言えない。そんなときどうしたらいいんだろう?

 野生動物にはヘタに触れてしまうと、お互いにとって不幸な結末を招くこともある。一番いいのはそこを管轄する行政当局へと通報して、指示を仰ぐことだ。

 今年の春、アメリカの森の中でフクロウのヒナの保護に成功した家族連れの動画が、ネットで話題になっていたので紹介しよう。

#

dropped66
image credit:Instagram


 冷たい北風が吹くこの季節、1匹の犬がついに最高のクリスマスプレゼントを手に入れた。

 ボニータは5歳のピットブルのミックス犬で、ニューヨーク州にあるNiagara County SPCA にて500日前から、つまり約1年半前から家族が見つかるのを待っていた。


#

eaglebathing3_640

 ニンゲンにも動物にも、お風呂好きもいれば風呂嫌いもいる。嗜好の範囲での好き嫌いもあれば、もともと種族的に水に浸かるのが苦手な生き物も。

 それでもやむにやまれぬ状況下で、入浴を余儀なくされることもある。今回登場するこの生き物が、お風呂好きなのかどうかは定かではないが、少なくとも嫌いじゃなさそうな感じは伝わってくるんだけどどうだろう。

#

abandoneddog7_640

 滅多に人が行かないところ。そして食べ物を探すのも難しいところ。そんなところに置き去りにされたペットたちが生き延びるのは、極めて難しいと言える。幸運にも優しい誰かが通りかかって、そこから連れ出してくれない限り。

 そんな奇跡が、南米の奥地で起こったそうだ。今日はその様子をぜひ見てほしい。

#

1912btfl00
image credit:Facebook


 ひとりの女性が、授業からの帰り道、1匹の蝶と出会った。羽が裂け、うまく飛ぶことができないその蝶は、草むらの上でじっとしている。

 季節は10月で、これからどんどん寒くなるいっぽうだ。この飛べない蝶をこのままここに残したら、きっとすぐに死んでしまうだろう。

 そう考えた女性が静かに指先を差し出すと、蝶は迷わず飛び乗ってきた。そこで彼女は、この蝶を連れ帰ることに決めたんだ。

#

1911hhcr00

 高速道路から白鳥を救出したり、クリケットのネットにからまった子キヅネたちを保護したりと、いわゆる「野生動物保護」とは一風変わったシチュエーションの動物たちを救い出すことにマランダー内で定評のあるWildlife Aid(ワイルドライフ・エイド)財団

 今日の彼らのミッションは……なんと、財団スタッフの車に入り込んだハリネズミの救出。ただ車の中にいるだけならまだしも、どうやらそのハリネズミは運転座席の下に入り込んでしまったのだそうだ。

#

NYstraycat0_640

 ここはニューヨークのブルックリン。大都会のど真ん中で、野良猫たちの保護活動をしているFlatbush Catsの活動の一端を、先日ご紹介したよね。

 野良猫たちが新しいスイートホームを手に入れて、ずっと幸せに暮らせるよう骨を折っている彼らだが、手元を巣立っていく時にはやはり少しだけさびしく感じることもあるようだ。