マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

カテゴリ : かしこい

#

catfailjump0_e

 その昔「ナンバーズ」っていうアメリカのドラマがあって、数学者が数式を使って犯罪を解決するっていう話だったんだけど、数式っていうのは美しいんだそうだ。数学を突き詰めると神の領域になっちゃうらしい。

 自分なんかは見てもさっぱりわからないから、視覚的な意味での美さなら何となく理解できるかもしれない。ほら、「美」っていうのは受け取る側が美しいと感じるかどうかの問題じゃん?

 だけども数式はもちろん実用的なモノだ。例えばこんな場合にも、数学ってか計算は必要なんだよね。

#

fetchingeer6

 一時の酷暑はどうやら峠を過ぎて、夏の終わりがようやくぼんやりと見えてきたような気がする今日この頃。とはいえ平常運転に戻っただけで、やはりまだまだ暑いよね。

 そんな時にはとりあえずビール! キンキンに冷えたやつを一杯やっつけたい。だけど冷蔵庫まで行くのは面倒だし。というお友だちには、こんな動画はどうだろうか。

#

orangutansnsoap3

 類人猿というのはその名の通り、霊長類の中でもニンゲンにもっとも近い種族である。当然知能も高く、中には手話や記号を覚え、ニンゲンと意思の疎通ができるものもいるようだ(関連記事

 だがさすがにコレには驚いた。野生のオランウータンが、石鹸を使って体を洗う? いったいどういうことだってばよ。まずは映像を見てみよう。

#

dropped13
 
 庭で並ぶ2匹の柴犬、そのうちの1匹はご機嫌そうにヨーグルトをくわえておやつにとりかかろうとしているよ。

 仲間がおやつを持っている姿を見てうらやましくなっちゃったのかもしれない。奥にいる柴犬の抜け目ないヨーグルトゲットの手口を見てみようじゃないか。
 

#

puzzlebox1

 アメリカのワイオミング大学の研究チームが、動物たちの問題解決能力についてのとある実験を行った。

 動物たちの前に美味しいオヤツ入りの箱を置いてみたら、彼らはどんな行動を取るだろうか。あっさり開ける? 四苦八苦する? 結局開けられずにあきらめる? さて実験の結果はどうなったろうか。

#

dropped55
 
 アメリカ、フロリダ州レイクランド在住のジョンさんは、警察犬K9を養成するドッグトレイナーである。警察官と共に重要な任務に就くことになるK9ドッグは警官同様の待遇を受け、時に人を守り癒すいわばヒーロードッグの代名詞なのである。

 そんなK9ドッグへの道のり真っ只中のボーダーコリーのメイカ―さんは、トレイナーのジョンさんとともにセルフィ―に映りながら、ジョンさんの指示に従うというハイレベルな信頼関係を見せてくれたよ。

#

cleverhen0_e

 鳥かごの掛け金を外してしまうカラスさんとか、ありとあらゆるものを遊び道具にするインコやオウムなんかを見ていると、鳥族のあのちっこい頭の中に詰まっている脳味噌は、相当密度が濃いんだろうなと思わざるを得なくなってくる。

 でもニワトリさんはそうでもないのかな~なんて首をかしげる動画も先日見つけちゃって、どうなんだろうと思っていたんだが、そこはやはり恐竜の末裔、ちゃんとしっかり頭のよいところを見せてくれたよ。

 

#

SavitskyCats2

 アメリカで大人気のオーディション番組、『アメリカズ・ゴット・タレント』のシーズン13が始まった。今回ステージに登場したのは、ウクライナから参加の母と娘、そしてふわもこのにゃんこたち。そう、今日の主役はこの猫たちなんだ。

 この番組、犬が登場したことはあったけれど、猫っていったいどんなパフォーマンスを見せてくれるんだろう。まずは動画を見てみよう。

#

wakeupdogs6

 ある朝このお宅のお母さんは、生後15か月の愛娘、クロエちゃんが廊下をうろついているのを発見した。クロエちゃんはまだ、自分で子供部屋のドアを開けることができないはず。不審に思った両親は、子供部屋にカメラを仕掛けてみたのだが……。

#

dropped22
 
 今までマランダーは、自然界のヒエラルキートップに威風堂々と立ちはだかっている猛禽類の様々な様子をご紹介してきた。畏怖の気持ち、あこがれも込めて「先輩」と呼んだりもしてみたが、だがもし、もしも帰宅して家の中にフクロウ先輩がいたらどうしたらいいのか?

 家の中でフクロウ先輩に遭遇してしまった人間たちの奮闘と驚くほどスマートに外へ出たフクロウ先輩の様子を写した動画が発見された。

#

FCI1

 これまで何度か、ドッグショーにおけるレース系の競技をご紹介したことはあるんだけれど、今回はちょっと趣向を変えて、フリースタイルのダンス競技をお目にかけようと思うんだ。

 パートナーとのピッタリ息の合ったパフォーマンスを、ぜひじっくりと堪能してもらいたいな。