マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

カテゴリ : やさしい世界

#

runnawaydog8_e

 事件は今年の夏、ニューヨーク・シティのど真ん中で起こった。飼い主の腕を抜け出した1匹の犬が、車の行きかう道路を全力疾走。道行く人々が次々に確保しようとするけれど、そうは問屋が卸さない。

 さて、わんこは無事に飼い主のもとへ戻ることができるんだろうか。

#

lilballers0_e

 秋といえばスポーツの秋、とも言う。すっかり身体を動かすこととはご無沙汰しちゃってるなんてキミ、たまにはペットたちといっしょに汗をかいてみないかい?

 ペットの好きなスポーツといえば、やっぱり球技、ボール遊びが一番お手頃なんじゃないかな。ボールが1個あったら、かなりめいっぱい楽しめるものね。さて、動物たちのボール遊びの様子を見てみようか。

#

dropped36
 
 動物の子供たちにとって、階段というのは一つの試練のようである。マランダーでも時々お伝えしてきたけど、小さな子犬や子猫たちにとってその一段一段は高く感じられ、降りるのに戸惑ったり、時には父さん母さんのお手伝いを受けて階段の上り下りを覚えていくもの。

 今回もまた、階段を降りることにおっかなびっくりになっている子犬とそれを励ます両親(と思われる成犬)が発見され、その様子がかわいすぎるとRedditをにぎわせていた。

#

dropped24
 
 誰かが待つ家に帰るっていうのはうれしいもんだよね。私も、帰宅するや否や興味なさげな表情を見せつつも、小さな頭突きをしてくる猫のために急いで帰っている節がある。

 家猫ならぬ家ピューマとして知られるメッシさんときたら、飼い主さんを待っている間とても一途に待っていてくれるということが発覚した。

#

babywildebeest0_e

 野生の王国、アフリカのサバンナでは、日々動物たちによるドラマが繰り広げられている。弱肉強食の厳しい掟のもと、我々人間が手を触れることの許されないリアルな世界がそこにはある……わけなんだが。

 たまに、ごくたまにであるが、その厳しい掟が覆ったり無視されたり、奇跡のような展開が起こったりすることもあり得るらしい。今回はそんなレアな事件をご紹介しよう。

 なお動画の前半は、雄大なサバンナの映像が流れるので、しばらくはこちらも楽しんでね(事件発生は2:30あたりから)。

#

jelouspandas4_e

 毎度おなじみ、成都ジャイアントパンダ繁育研究基地のコロコロ子パンダたちの登場たよ。今日も今日とて飼育員さんたちを、元気に追いかけまわしているようだ。

 どんだけ飼育員さんたちが好きなんだよっていうね。思わず見ている方も笑顔になっちゃう、子パンダたちの甘えっぷりを見てみよう。

#

catsmorningcall0_e

 立冬も過ぎ、だんだんと冷え込む季節になって来て、朝はお布団から出るのがつらい日も増えてきた今日この頃。みんなはすんなり起きられてる? 特に休日は惰眠をむさぼりたいに決まってるよね。

 だけど一人暮らしならいいけれども、同居人・猫・犬・その他がいるお友だちは、睡魔と闘いつつ起きなければならない朝もあるわけだ。

 そんなとき、こんなモーニングコールのサービスがあったら、仕方なくスッキリ目も覚めちゃうと思うんだよ。

#

gottaeat4_e

 食欲の秋真っただ中な今日この頃、みんなもたくさん美味しいものを食べているかな? 食べるっていうことは、人生の中の楽しみのかなりの部分を占めていると思う。

 もちろん生きるために最低限必要なことではあるけれど、やっぱり美味しく楽しく食事をするっていうのは、幸せなことだと思うんだよね。ほら、クォリティ・オブ・ライフってヤツ?

 で、動物たちがものを食べている姿っていうのも、幸せそうに見えちゃうんだ。今日はそんな動画を集めてみたよ。

#

dropped83

 土曜だけど、今日もお仕事というお友達もいるだろう。みんなは遊びに行っちゃったし気分が上がらない、そんな気持ちはよくわかる。そういう時こそマランダーで培ってきた妄想力を暴走させるときじゃあないのか?

 もし、自分のデスクに子猫ちゃんがやってきちゃったときのことなんか考えて今日という日を乗り越えよう。うってつけの動画が発見されているよ。

#

harley0_e

 マランダーには何度かご登場いただいていて、すっかり人気のタイハクオウムのハーレイちゃん。しばらく見ない間に昇格し、「破壊の女王」クイーン・ハーレイとして君臨するようになったらしい。

 まあタイハクオウムやオオバタンなど大型のオウム・インコたちには、「破壊神」とか「シャーマンキング」といったタイトル持ちが多い気がするけど。今日はそのクイーン・ハーレイの破壊っぷりを見てみよう。

#

dognbird_e

 ナターシャさんは18歳。南フランスの農園に暮らすアマチュア写真家だ。彼女の情熱は写真と、そして動物たちに向けられている。いのちの輝きをフィルムに収めること。それが今彼女が夢中になっていることなんだとか。

 今回ご紹介する写真の数々は、ナターシャさんの飼い犬、ジャーマンシェパードのヴェンデッタと、インディアンランナー種のアヒル、レモニーの仲良しペアを撮影したものだ。



#

shiba0_e

 柴犬って、すごく表情が豊かな犬だよね。嬉しい楽しいだけじゃなくって、激おこ、ちょっとおこ、ご不満?みたいなビミョーな表情もたくさん見せてくれたりする。

 その秘密は柴犬の「顔」自体にあるのかもしれない。今回は1匹の柴犬にご登場いただいて、柴犬の謎に迫ってみたいと思うんだ。