マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

カテゴリ : 笑い

#

dropped
 
 窓や鏡に映った自分にぎょっとしたりすることってみんな少なからず経験があるはず。どうやらカモメたちもそれは例外ではないようで、ぎょっとするどころか映った自分にケンカを売り出してしまうパターンもあるらしい。それもわりと激しめに。かわいそうなのは車のバンパーと車の持ち主だ。怒れるカモメ先輩の闘志を思いっきり受けなきゃいけないんだもの。

#

dropped3
 
 連休が終わってしまう、そんな事実を認めたくないまだまだ暴れたいお友達に疑似的に欲求解消できるフトアゴヒゲトカゲの動画が発見されたのでみんなで見てみよう。

 フローリングで懸命に動くトカゲさんの様子を撮影したこの動画、パーリーっぽくリミックスされているんだ。

#

hatingbath3

 お風呂嫌いに理由はいらない。動物だけじゃなくって人間にだって、お風呂嫌いはたくさんいる。もしかしたら、これを読んでいる匿名処理班の中にもいるかもしれないよね。

 今日は究極のお風呂嫌いの犬をご覧に入れようと思うんだ。涙ぐましくも抵抗しまくるわんこだが、さて無事にお風呂を回避することはできるのだろうか。

#

roundabout1

 子供っていうのは、実にクリエイティブな生き物である。型にはまった大人は「これはこうするもの」という固定観念に縛られて、身動きが取れなくなってしまっているけれど、やわらかな発想を行動に移すことができる子供たちは、しばしば大人を驚かせてくれるんだ。今日はそんなビデオをご紹介するよ。ぜひ童心に帰って見てほしい。

#

struggle15_ea

 人間の生活する場で生きているペットたちは、人間の使う道具や家具と日常慣れ親しんでいるはずなんだ。だけど使い方まで熟知しているのかというと、決してそうではないらしく、人間の予想もつかない使い方を編み出してくれたりすることもある。

 今回はそんな新鮮な日用品の使い方を、披露してくれているペットたちをご紹介するよ。目からウロコのアイディアもあるかもしれないので、素直な気持ちで見てあげてほしい。

#

roombandog1

 家の中でペットを飼っていると、日常生活には欠かせない家電製品とペットとの関わりを意識することもあるんじゃないだろうか。興味津々な場合もあるかもしれないけれど、もしかすると苦手だったり怖がったりというエピソードのほうが多いかもしれないね。

 今日ご紹介するのは、ルンバが大嫌いなわんちゃんの様子を写した動画だよ。どんな反応を見せてくれるのかな?

#

camel0

 今日ご紹介する動画は、観光中に野生のラクダに突如追いかけられる羽目になった観光客御一行様が撮影したものだよ。みんな面白がって大笑いしているけれど、実はそんな笑ってる場合じゃなかったかもしれないんだ。さて、どういうことだったのかな。
 

#

cat-8_e

 ピンクや黒、個体によっては模様がついていたり、猫たちのその少し湿った鼻に触れたくて仕方がないのは私たちだけじゃない。飼い主だってもれなく自分の愛猫の鼻を触って健康チェックしたりしているのである。

 ただし、時として猫の側からも「お前の鼻確認してやんよ」と言わんばかりにニンゲンの鼻の検診をすることもあるようだ。今回、飼い主と猫の互いの鼻を触り合う瞬間を撮影した画像集が発見されていたので、ノロケだと思ってみてあげよう。

#

dropped0

 ねこじゃらしなどの猫用おもちゃがない時、猫が自分のために使う秘密兵器、それは尻尾なんだ。時に仲間の尻尾、なければ自分の尻尾だっておもちゃの範疇内。「おもちゃがないなら尻尾で遊べばいいじゃない?」ってなわけで退屈しちゃった茶トラ猫さんが座りつつも自分のしっぽで退屈しのぎをする姿を眺めてほんわりしよう。

#

dropped2

 今までマランダー、カラパイア両サイトで飼い猫と庭に遊びに来るリスとの複雑な関係性についてご紹介してきた。

 猫としては庭も縄張りの内なので、そこに見慣れないモフふわしっぽの生き物がちょこまかするのはあまりお気に召さないパターンが多かった。

 どうやらそれは、カリスマ猫下僕のクリスさん宅で暮らす猫、コールさん&マーマレードさんも例外ではなかったようなのだ。

#

dogonbed4

 日本では「鬼のいぬ間に…」などという言い方をするけれど、一方では「お天道様が見てる」ともいうわけであって、誰も見ていないからといってイケナイことをしてしまうと、あとで後悔することになったりするもんなんだ。

 今日お見せするのは、飼い主さんのいない間にいけないコトをしてしまった犬の動画なんだけれど、きっと楽しんでもらえると思うのでぜひご覧あれ。
 

#

tryingtoruin11_ea

 どんなペットも、大なり小なりイタズラをすることはあるだろう。しかし中にはイタズラでは済まないレベルの破壊行為を行ってくれるペットたちもいたりして、こうなるともうこれは立派な事件なんである。

 大抵の場合、被害者である飼い主は後片付けをしてから泣き寝入りをするはめになるのだけれど、今回は「いや、それはあんまりじゃないか」という悲惨な現場を激写した写真の数々をお見せしようと思うんだ。