マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

カテゴリ : びっくり

#

meanwhileinalaska2_640

 郊外や山道をドライブしていると、野生の生き物たちと遭遇するのはよくある話。日本だと「動物注意」の道路標識に、タヌキやシカ、イノシシ、サル、クマなんかを見かけるよね。

 地域によってはウマやウシ、キツネやウサギ、カモシカやリスなんかもこの標識になっているみたいだよ。

 動物が飛び出して来たらもちろん危ないし、よそ見ももちろん危険なんだけれど、今日紹介する動画のように、悠々と疾駆する巨大な生き物に遭遇してしまったら、やっぱりじっくり見てしまいそうな気がするんだよね。

#

dropped18
image credit:Reddit


 先日は映画界への参入が明らかになった猫ズだが、最近発見された1枚の写真からは工事現場の監督官めいた雰囲気の個体が映っていた。しっかりと工事用の安全ベストを着せられた猫の様子に海外掲示板Redditでも注目が集まっていたようだ。





#

dropped14
image credit:YouTube

 連休は終わり、なのに梅雨は明けない。こんな時は気分をシャキッとさせるためにも、刺激的な頭突きをしてくれるヤギ先輩をお呼びしよう。

 カナダのオンタリオ州にある動物たちの聖域のような牧場で暮らしているビリージーンさんは、以前足に大きな怪我を負い、そこから今の牧場に移ってくることとなった。それ以来穏やかで平和な暮らしをしているとのことだが、見慣れぬカメラが近寄ってきたことでついついヤギの血がたぎってしまったらしい。

#

dropped
image credit:YouTube

 まだ気温やお天気は夏本番といった暑さではないけれど、明日からの連休で海開きが行われるところも多いだろう。どうやらそろそろ夏っていうのは動物たちにも分かっているようだ。アメリカ、ミシガン州にあるミシガン湖にて、浜辺で水遊びを楽しむ人間たちに混じってしたり顔で参加するシカの存在が明らかになった。

#

dropped52
image credit:YouTube

 プレデターとして生まれた猫たちは、自分たちの中にある恐怖の気持ちの前に体が反応してしまうことがある。

 こちらんお宅の飼い猫は現在生後8週間のやんちゃ盛り。ドアから部屋に侵入してきた飼い主さんに対して、ついつい小さな体全身を使って突然プレデターモードになっちゃった子猫のおっかなびっくりなジャンプをご覧ください。

#

dropped47
image credit:YouTube

 愛猫に水浴びさせてあげたい、愛猫とお風呂に入りたい、愛猫をシャンプーしてあげたい。飼い主たちの猫への思いは様々だ。そんな我々を憧憬&ハート形の目にしちゃうお風呂上手な猫が発見され、海外掲示板Redditで注目を集めていた。

#

dropped43
image credit:Instagram

 十猫十色、みんな違ってみんな素晴らしい独特の必殺技を持つ猫たち。今日も今日とて、不思議な技を持つ猫が発見された。

 アメリカ、ニューヨークにてシティライフをお楽しみのブリティッシュショートヘアーのピスコさんは耳をそのモフ毛の中に隠すことで球体に変身することができるんだそうだ。その姿がまるでポケモン、あるいはドラえもんのようなんだよ。

#

dropped35
image credit:YouTube

 カメっていうとスローなイメージを持たれがちだけど、マランダーでは「カメ、意外と動くの速い説」が定期的に伝えられている。今回は、カメの王様みたいに優雅なスローさと、アグレッシブなスピード感両方が味わえる動画が発見されたよ。

 動画の投稿主さんは、池で飼っているペットのカメたちにスイカを与えてみたらしい。するとカメたち、のんびりスイカに近寄ってきて夏の味を楽しみ始めた模様。

#

dropped30
image credit:YouTube

 マランダーでは定期的に、動物や鳥たちの微笑みや大笑いする動画を紹介して、普段きりっとお仕事しているであろうみんなの表情筋や腹筋をほんのり緩ませたり鍛えたりしたいわけ。笑っちゃいけない?言いたいことも言えない?お仕事中も通勤電車の中でも無表情を貫き続けるなんて、そんなポイズンなことはあっちゃいけないわけだ。

 今日は笑いと言えばこの方!ワライカワセミさんを招いて、その一種狂気的ともいえる笑い声に身を投じてみようじゃないか。

#

puppynchicken0_batch_batch

 ニンゲンの子供は、親や周囲の人たちがしゃべるのを真似しながら言葉を覚える。では動物たちは、どうやって鳴き方を学ぶんだろう。

 一部の鳥たちのように、周りの話し声や物音なんかをコピーする生き物も確かにいるけれど、動物たちもやっぱり、親や仲間の鳴き声からその時々の状況に合った鳴き方を学習するんだろうか?

#

dropped27
image credit:YouTube

 猫には猫じゃらし、犬にはボールなどが有効なようにロバにも何やら効果的なおもちゃがあるようだ。アメリカ、アーカンソー州グリーンウッドで暮らすロバのドンキーさんは4歳のロバ盛りのロバだ。

 そんなドンキーさんにジョリーボールという取っ手付きのボールを投げ渡したところ、もう大興奮が止まらない。どうやらジョリーボール、ロバまっしぐらな製品かもしれない疑惑が浮上した。

#

gorgeousgeorge0_e
image credit:Instagram

 猫のジャンプ力は、問答無用で忍者並み。そう思っていた時期もありました。しかしあっちの猫こっちの猫なんかを見てるうちに、あれれ?と思うことも増えてきて……いたのだが。

 正真正銘「すげぇ!」と思わせてくれちゃうような、華麗なジャンプを決める猫がネットで話題になっていたので、ぜひみんなにも見てほしいんだ。

#

dropped17
image credit:Reddit

 アライグマってのは、見た目はタヌキに似ているけど器用な前足を持っており、その前足を水中に突っ込んで獲物を探る姿が、「まるで手を洗っているようだ」っていうのが名前の由来だとか。

 そんなアライグマ、名ばかりじゃないらしい。とあるお宅でペットとして飼われているのだろうアライグマさんが、熱心に前足を使って作業をしている姿を見て飼い主さんがびっくり仰天。それもそのはずタライの中にはスマホが入っていたんだから!