マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

カテゴリ : びっくり

#

2002smum00

image credit:Facebook

 シティ・ボーイは、ジンバブエで保護されたシマウマだ。サンクチュアリでのびのびと暮らしており、保護してくれた家族のところへ毎日のようにやってきては、ご飯を食べたり家具にイタズラをしたりと、かなり自由気ままに過ごしている。

 おまけにその彼女で同じく保護シマウマのアビーは、シティ・ボーイとチルタイムを過ごすべく、しょっちゅう保護家族の自宅まで会いにやってくるという。

 シマウマってそんなに人なれするものなのか?と思いつつ動画を見てみると、ワンコ顔負けの懐きっぷりで驚いてしまったんだよ。

#

dropped13
image credit:Reddit

 きわめて社会性の高い生き物として知られているオオカミ。その神秘的なイメージはそのままに、時々デレてくれちゃうんだから人間の我々からしたらたまらんばいって感じなわけだ。

 今回、海外掲示板Redditでオオカミとの写真撮影に成功したカップルが見つかったよ。

#

dropped8
image credit:YouTube

 ラグドールのミカとトビーは日本庭園もあるゴージャスなご家庭で毎日を過ごすセレブリティキャットたちだ。

 しかし何でも持ってるミカとトビーも譲れないものってのがあるらしい。床にくっつけて楽しむタイプのおもちゃを独占したいミカの様子が撮影された動画が発見された。

#

dropped4
image credit:YouTube

 以前ボール大好きなロバをご紹介したしたことがあったけれど、やっぱりロバってボールが好きみたいだ。



 ボールを与えられ、投げられると大興奮で向かっていくその姿にこちらまで心ワクワクしてきちゃうんだよ。ロバの無邪気な姿を見てみんなも心躍らせてほしい。
 

#

dropped64
image credit:YouTube

 猫パンチに負けず劣らず評判がある猫の必殺技といえば猫の後ろ脚から繰り広げられる猫キックである。猫たちは、蹴りぐるみを与えると無心になって蹴りぐるみを抱え込み、必死に猫キックの練習をするのである。

 こちらの子猫も例外でなく、小さなオレンジ色のおもちゃを抱えて一生懸命に猫キックの練習をしていたところ…おもちゃがどっかに行っちゃった。

#

dropped61
image credit:YouTube

 大人になると何かっちゃクールでいることが求められる。最後に我を忘れて喜んだのっていつだろう?そんな我々を童心に返してくれるのはいつだって犬たちだ。

 今回、生後8週間の子犬ジェイクがいとこ犬のオークリーに初めて会った時の様子が撮影されていた。その様子が喜びと興奮に満ちていたのでみんなで見てみよう。

#

dropped51
image credit:YouTube

 人間同士がもめる時、そこには必ず何かしらの理由がある。それと同様に動物たちがけんかをするのだって理由があるわけだ。

 南アフリカ、東ケープ州ポート・エリザベスにて2頭のキリンによる静かでありダイナミックなバトルが起きていた。

#

dropped46
image credit:YouTube

 アメリカ、ペンシルバニア州ピッツバーグにて、女性がバスタイムを楽しむべくお湯をためていた。お湯がバスタブに落ちる音を聞きながら待っていたら、途中で「ばしゃん!」という水音が聞こえたという。

 それを不審に思った女性は、お風呂に確認に行くとそこにいたのはすました顔をした愛犬だった。

#

dropped32
image credit:Reddit

 猫っていうのは非常に飼い主の動きに敏感な生き物。ひとたびニンゲンが動くと「これはちゅーるだ」と都合よく察して何やら動きだしたりする。

 今回海外掲示板Redditにて、お皿を洗おうと立ち上がった飼い主さんの両足にしがみついてごにょにょを開始した猫ズの様子が明らかになった。

#

funy(8_640

 これから春が来てポカポカ暖かくなると、動物園や水族館で生き物たちと和みに行く機会も増えるかもしれないよね。

 いつもそばにいるペットたちはもちろん、そういうところで出会う生き物たちにカメラを向けたら、想定外の絵が撮れちゃったなんてラッキーなことがあるかもしれない。

 週末の夜はそんなシーンを集めた動画を見ながらくつろいで、明日から始まる一週間への英気を養うのもいいんじゃないかな。

#

pink0_640

 ドッグショーのアジリティ競技と言えば、まず思い出すのがマランダーでも大人気のフリーダム・ランナー、オリーくんである。

 あの見る人を笑顔にしてくれる元気いっぱいな走りっぷりはもちろん最高にステキなんだが、ところであの競技、ガチで勝ちに行く犬たちってどんな感じなんだろう?

 そこで今回はハイレベルな中でもハイエスト、ウエストミンスター・ドッグショーで三連覇を果たしたボーダーコリーの演技をご紹介しよう。