マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

#

cat-5 [www-frame

 心が傷ついた時、泣きたいのに泣けない時、動物がそばにいるだけで何だか強張った心がほぐれたという経験があるお友達もいるんじゃないかな?

 動物たちには私たちの事情なんて伝わってるはずないんだけど、元気がない時、ペロっとなめてくれたり、クゥンと同情めいた鳴き声を聞かせてくれたりする。その癒しのパワーは言葉を超越し、ただひたすらにそっと心のひりついた部分を慰めてくれるんだ。

 

#

donky1-frame

 以前にも、ギターに合わせて見事な喉を披露してくれたインコをご紹介したけれども、今回ご紹介するのは、普段は歌うどころかあまり鳴き声をあげるというイメージのないロバが、お姉さんの奏でるバイオリンの音色に合わせて、歌うように鳴き声をあげているシーンなんだ。

#

pitbul-f [www-frame

 ピットブル(アメリカン・ピット・ブル・テリア)は、闘犬として改良されてきた。それ故にその運動能力は抜きんでていて、地域によっては飼育すらできない国もある犬種だ。

 しかし、今回ご紹介するような心温まる動画も多数上がるのがピットブル。赤ちゃんとピットブルのベルさんのほんわかタイムをご覧いただきたい。

#

cat-1 [www-frame

 タイプ:ワイルドなのに甘えん坊な猫科と言えば、こちらの関連記事などで知られているサーバルキャット。その血を濃くつぐサバンナキャットも、その知能の高さ故か、非常に社交的で飼い主とのコミュニケーションはもちろん、嫉妬や寂しさというような感情もよくあらわにするという。

 今回、そんなサバンナキャットの繊細な一面を垣間見れる動画が発見できたのでご紹介したい。繊細っていうか、コミュニケーションっていうか、ひょっとして下僕あるいは乗り物と思っている可能性もあるけど。

#

cotton-f [www-frame

 インターネット上にはたくさんの人気犬や人気猫が存在する。今回ご紹介するビションフリーゼ(フランス語で巻き毛のマルチーズ)のトリさんもその仲間だ。

 トリちゃんは韓国の大邱広域市(テグこういきし)出身。その綿菓子にそっくりなまん丸シルエットがインスタグラムで話題を呼び、人気に火が付いた。

#

emu-f [www-frame

 見渡す限りの大自然、そして広い広い道路、そんな道を思いきり心行くまでドライブできたら…という憧れはきっと誰にでもある。

 今回の動画の撮影者さんも、おそらくそんな憧れや休日への期待をこめて旅に出たはずだ。しかし撮影者には思わぬ旅の道連れファミリーができてしまった。それは家族で同じくドライビング(ただし自分の足使用)のエミューのご一家だった。

#

dog-f [www-frame

 個体差はあれど、散歩のときの犬の興奮度はえてしてなかなかのパワーを生み出してしまう。それにより思わぬけがをしてしまった人もいたりする。

 今回、小さな少女が自分の3倍もの大きさの大型犬のお散歩をする動画が発見された。その際の大型犬のジェントルワンな様子にご注目だ。

#

harley-f [www-frame

 電車に揺られて帰る際、窓に映る疲れた自分の顔にぎょっとすることがあったりする。「あれこんな顔してたっけ?想像より3割増しでひどい」なんて思うのは疲労のせいでそれ以外の何物でもないはずなんだ。

 タイハクオウムのハーレイちゃんも鏡に映った自分の姿にギョっとしてしまった仲間のようだ。