マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

#

baby-10_e-frame

 年末年始。お子さんがいるお宅では、我が子をモデルにしてカードを作ってみたい!と思ったりする人も少なくないんじゃないだろうか。「こんな感じにして・・・」なんてイメージはむくむくわくものの、現実はそのイメージ通りにならなかったりする。何といっても元気いっぱいの赤ちゃんが相手じゃ静止画を撮るのが難しかったりするもんだ。

 今回ご紹介するのは、クリスマスカード用の撮影してみたら、こうなった。赤ちゃん編面白画像10選だ。

#

malamute-f [www-frame

 ニコとフィルはアラスカン・マラミュート犬。アラスカン・マラミュート犬といえば・・・そうだ、「またやった」シリーズなのだ。

 大好きな飼い主女性が帰宅したことをニコとフィル流のやり方で大歓迎する姿が全くもって羨ましいのでぜひご覧いただきたい。

#

ferret-f [www-frame

 「あ~やっと週も半ばだよ」、「あ~12月早く終われ」、そんなお友達はフェレットさんたちが大好きなチューブの中を元気よく走る姿を見て、少し英気を養ってくれたらうれしいんだ。

 2匹のフェレットたちがチューブの中を所短しと走り回る姿が撮影されていたよ。

#

puppy-f [www-frame

 冬の至福タイムって一体どんな時間だろう?やっぱりぬくぬくお布団にいる時間が最高だと思うんだけど、みんなはどうかな。

 かわいい子犬たちがみんな一山になって寝ている姿が撮影されていたっていうんで、お疲れのマランダー班にほっこりをお届けするよ。ほかほかニコニコしてきちゃうこと間違いなしなんだよ。

#

kitten-f_e-frame

 今年の夏、バンクーバーにて猫の保護活動を行っているモナさんが特技の猫の鳴きまねで猫たちを呼び寄せたところ、出るわ出るわで親猫3匹、子猫が20匹発見されたとのこと。保護猫たちのかわいさだけでなく、モナさんの鳴き真似も要チェックだよ。

#

puppy-f [www-frame

 クリスマスプレゼントのシーズンがやってきた。乗り気じゃない人々や動物たちも少なからずいるようだが(関連記事)、クリスマスに期待でいっぱいの子供たちだっているわけなんだ。

 今回イギリスでクリスマスに自分の大好きなぬいぐるみそっくりな犬をプレゼントされた女の子の感動っぷりが話題を呼んでいたのでご紹介するよ。
 

#

cat-f [www-frame

 例の有名な童謡のイメージもあり、雪が降ると猫は丸くなるという定説がある。もちろん寒がりでコタツや暖かい場所でのんびり液状化したい個体もいるだろう。しかし雪を前に好奇心が爆発しちゃう猫たちも少なからずいるようだ。

 今回は雪を楽しんじゃうパターンの猫たちの動画総集編が発見されたのでご紹介するよ。猫と雪、もはや大の仲良しのようだ。意外なホットな関係性に要注目だよ。

#

dalmatian-f [www-frame

 ダルメシアンのルーイさんとレディさんは、カラパイアでもマランダーでもご紹介済みのダルメシアンカップルである(関連記事1関連記事その2)。そんな2匹は現在12匹の子供に恵まれ育児の真っ最中なんだそうだ。

#

ダウンロード (4)a-frame

 太っているとか痩せているとかの基準は、国や地域や民族によっても主観的に変わってきたりするものである。とはいっても種族的に、コレを超えたらヤバイだろうというラインは確かにあるのだが、今回ご紹介するのは少々ふくよかではあるものの、元気に写真に収まってくれた猫たちのポートレートである。

#

guineapig-f [www-frame

 その小さめボディとかわいらしいフェイスで世の人々をモキュモキュさせてきたモルモットだが、お食事時はタイプ:ワイルドに変身することが可能だ。(関連記事

 今回もモルモットたちが食べ物を仲間たちに分け与えない姿が相変わらずかわいかったのでご紹介するよ。

#

lionbaby0-frame

 子供にとって動物園は、たくさんのワクワクヤドキドキに満ちているもの。初めて見る動物たちに、目が釘付けになっちゃう子供たちの様子は、微笑ましいものである(たまに動物にまったく興味を示さず、そのへんの石とか水たまりばかり指差して喜んでいるお子様もいるが)。

 今回ご紹介するのは、ライオンという意味の名前を持つ赤ちゃんが、本物のライオンと初めて出会った場面を写した動画である。

#

raccoon-4_e-frame

 マキシーン・ベアードさんはA New Hope animal sanctuaryという保護施設の設立者だ。ある日そんな彼女のもとに「とても気性の荒いアルビノのアライグマを一時的に預かってほしい」という依頼がある。

 どうやらそのアルビノのアライグマは恵まれない環境にいたためかとにかく乱暴者なのだという。今まで200匹以上のアライグマを保護、育てたマキシーンさんはいわばアライグマのベテランだ。1人の心優しい女性の人生と、1匹のアライグマのクマ生がこうして交差した。