マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

#

dropped
 
 カラパイアで、何度もお知らせしているように世界には何の目的で作られたのか分からない、おそろしい毒性をもった植物や(キノコ)がたくさんある。見た目は可憐な花に猛毒があることだって少なくない。

 そんな植物やおいしそうなキノコをうっかり触ってしまったり、思わずそれと知らず食べてしまったら…。私たちも気を引き締めたくなる事例が発見されたので、ご紹介したい。

#

tank4

 ライオンと並んでネコ科の猛獣の代表格といえば、みんなにもおなじみのトラさんだよね。ライオンの人気には少々押され気味な感も否めないけれど、群を作らずに生きているトラは、孤高のビッグキャットって感じで、やっぱりカッコイイ動物なんだ。

 そんなトラもやっぱりネコ科、好奇心旺盛で遊ぶの大好きな一面を垣間見せてくれる映像が届いたので、みんなにシェアしちゃっておくね。
 

#

hiddencam8_ea

 闇の中で、野生の生き物たちはいったどんな行動をとっているんだろうか。森やケモノ道、餌場などに仕掛けられた無人カメラが、動物たちの決定的瞬間を捉えていたので、まとめてご紹介してみようと思う。雨の夜、あったかい飲み物などを用意して楽しんでくれたらいいと思うよ。

#

chickenmassage4

 マッサージっていうのは、他人にやってもらうに限るんだ。自分であれこれ触ってみても、ちっとも癒され気分にならないからね。今日はちょっと変わった相棒にマッサージをしてもらっているわんこの動画をお見せするよ。ああ、誰かうちに来て、こんな風に身体をほぐしてくれないかな。
 

#

dropped4
 
 生後2か月のフェネック、カイロさんは黒猫のダンジクさんが好きで好きでしょうがない。2匹は毎日じゃれついてコミュニケーションをとっているらしいんだけど、ちょっとハッスルしすぎてケンカに発展してしまうことも少なくないのだとか。

 それでも一緒にいることをやめられない2匹の仲良しな一面を見てくれたらうれしいんだよ。

#

catopenthedoor3_e

 ドアや扉を自由自在に開ける猫たち。またしても彼らのその妙技を披露する動画が発見されたので、ちょっとご紹介しておこうとかな。今回は外にいる別の猫のためにドアを開けてあげるという、やさしいにゃんこのお話なんだ。

#

dropped
 
 フクロウと言えば、「ホーホー」という鳴き声が自然と頭に浮かぶけれど、必ずしも「ホーホー」だけではないらしい。

 今回、ベンガルワシミミズクさんの生態を見学する時間に目撃したミミズクさんの意外な鳴き声を撮影した動画が発見されたのでご紹介したい。

#

fiona-6_e

 今年の1月、アメリカ、オハイオ州にあるシンシナティ動物園にて未熟児で生まれたカバのフィオナさん。動物園のスタッフたちの献身的なお世話もあり、すっかり動物園になじんだ今、フィオナさんは園内のアイドルの1匹になった。

 そんなフィオナさんに会いに来る人々の中に、交際1周年のカップルがいたそうだ。それでもってそのカップル、フィオナさんのいる水槽の前でプロポーズをしたところ、フィオナさんもばっちり記念写真に写りこんでいたことが発覚した模様。

#

pumpkin4

 いよいよハロウィンまであと少し。コスプレやイベントの準備を整えて待っているというお友だちもいるんじゃないかな。動物園の動物たちにも、この時期になるとパンプキンがプレゼントされる模様。今回はイリノイ州のシカゴにあるブルックフィールド動物園から、その様子をお届けしてしまおう。

#

squid1

 潮が引いた後の岩場で、潮だまりでちゃぷちゃぷしながらヤドカリや小魚と遊んだ記憶のあるお友だちもいるんじゃないかな。懐かしい夏の思い出だったりするんだけど、今回ご紹介するのはそんなカワイイものじゃなくて、大量のイカが引き潮で取り残されてしまった様子を写した映像なんだ。けっこう珍しい現象だと思うので、ぜひご覧いただきたい。

#

dropped4

 猫って自分独特の体内時計で生きてるもんだから、我々下僕の体内時計には無関心。長い一日を終えた後、やっとのことでベッドで眠ったにも関わらず、そしてついさっきご飯をささげたにも関わらず、「缶詰よこせ」と鳴きだしたりする。

 こちらが仕事で息切れしている時は優雅な表情でスヤピ~と寝てるんだな。以前、毎朝4時に愛猫に起こされる飼い主が寝ている猫に復讐してみたという案件があった。

 その不条理(だがそこがいいのは否めない)に、アイドルキャッツのコールさんとマーマレードさんを飼っている我らがカリスマ猫下僕のクリスさんも対面していたようだ。はたしてクリスさん、己の中に巣食う復讐心をどう昇華したのだろうか。

#

6a

 ブルガリアの北西部にあるヴラツァという街に、行き場所のない犬たちを保護している施設がある。イギリス出身の女性、ヘレン・ジェームズさんが資材を投じて2015年に設立したHelen’s House of Hopeである。

 この施設は、3匹の犬からはじまって、現在までに80匹以上の虐待を受けたりケガをしたりしていた犬たちを保護し、手当てをし、彼らが幸せに暮らせる新たな家庭へと送り出しているのだ。

#

lionmum1

 お母さんの愛情は無限大。どんなときにも、無条件で子供たちに愛を注ぐのがお母さんだ。だが時々やり過ぎちゃって、子供に煙たがられることもあったりするよね。ライオンの世界でもそれは同じみたいなんだ。

 大好き過ぎて子供を水に落っことしちゃったお母さんライオンの姿をシェアするので、ああ、うちのお袋もこういうとこあるよな、とかウチもやらかしてたかも、とか気付いてもらえたらと思うんだ。