マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

#

dropped41
 
 闇取引ナイフ窃盗。その賢さ、ワイルドさから、いつの間にか「カラス先輩」の名をほしいままにしているカラスだけど、今回もまた人間たちから何やら情報を得ようとして会話している姿が目撃されていた。カラスの賢さってもはや天井知らずなわけだ。

#

dogwalksagain0_e

 インド西部の街ウダイプルで、ストリートアニマルたちの保護活動を精力的に行っているAnimal Aid。今日彼らが受け取った通報は、ひどいケガをした子犬がいるというものだった。

 駆け付けたスタッフが目にしたのは、顔に大ケガをした1匹の子犬。この小さないのちを、果たして助けることができるのだろうか。

#

eggcam0_e

 ニンゲンが野生の生き物たちに近づいて、そのありのままの姿を間近で見るというのはなかなか難しい話である。そこでその動物そっくりなロボットにカメラを装着し、怪しまれずに普段の姿を撮影することを考えた人たちがいる。

 いわゆるスパイカメラの試みなわけだが、これについてはマランダーでもこれまでにも何度かご紹介してきたので、その面白さをわかってくれているお友だちも多いと思うんだ(関連記事123など)。

 今回紹介するペンギン編には、なんと3種類のスパイカメラが登場するよ。いったい何に擬態させたんだと思う?

#

babyprotector0_e

 犬というのは社会的な生き物なのだという。飼い主を主人と認識し、家族や仲間たちとの絆を大切にする。そうして自分の居場所である主人の家を、全力で守るべき場所と考えるのだ。

 そんな体育会系な犬たちにとって、自分よりも小さくて弱い新入りは、守ってやらなくてはならない存在なのだろう。だもんだから、ご主人のとこに生まれた赤ちゃんは、他の誰にも触らせないのだ!
 
 

#

acrobatparrot0_e

 インコやオウムといった鳥はおしゃべりが得意なだけでなく、芸達者なことでも大人気。マランダーでもいろんなワザを見せてくれる彼らを何度も紹介してきたわけだ。

 そして今回、さらにアクロバティックなスゴ技を披露してくれるインコが登場したよ。さてどんなスゴ技なんだろう?

#

hawkstuckincargrille0_e

 事故というのは、どれだけ自分が気をつけていても起こってしまうことがある。不可抗力で済まされることではないけれど、こんな場合にはいったいどうしたらいいんだろう?

 今回ご紹介するこの動画、普通に車を運転していたら、なんと向こうから飛んできたタカにぶつかってしまったというかぶつけられてしまったというか、お互いに不運だったとしか言いようがない。果たしてタカは無事だったのか? まずは動画を見ていただこう。

#

timelapse3_e

 子供ってあっという間に大きくなるよね。それこそ数日、数週間のスパンで、「あれ、いつの間にこんなに背が伸びた?」「この洋服もうサイズアウト?」と、見る見るうちに成長していくわけなんだ。

 毎日いっしょにいる親の場合、逆になかなかその成長に気がつかなかったりするけれど、久しぶりに会うよその子なんか、前回とは別人になっててビックリしちゃうこともある。

 ペットたちだっておんなじだ。今日は子猫の成長をタイムラプスで記録した映像を見つけたので、みんなにもご紹介しちゃうね。

#

catngolden0_e

 猫と犬という異種同士の親友たちについて、マランダーでは何度か取り上げてきたんだけれど、そういえばゴールデンレトリバーの登場するケースが多かったような気がする。

 今回もまた猫と仲良しなゴールデンの映像を紹介するよ。彼らの平和な雰囲気に、見てる方もきっと癒されるに違いないよ。
 

#

funny-cat-pics-posts-6-5c2a2c6fb3125__700_ea_e

 猫を飼ってると毎日がエキサイティング。新しい発見があったり驚きがあったり、トホホがあったりいろいろだ。まあ何をされても何を見せられても、目を細めてデレちゃうのが飼い主のサガなんだから仕方がない。

 そう、今回も「猫だから仕方がない」で済ませてしまうあれやこれやのシーンを、詰め合わせでお届けしておこう。
 

#

penguin-1_e

 極寒の地域で小さな体をフル稼働で子育てをするペンギンたち。人間だって迷子になっちゃうように、時としてヒナが親とはぐれてしまうこともあるようだ。

 ニュージーランド、クライストチャーチに住むビリーは生後2か月のブルーペンギンのヒナだ。どうやら母親とはぐれてしまったようで、辺りをうろうろしている姿を目撃された。
 

#

cinnamon-1 (1)_e
 
 ピットブルにはネガティブな偏見が付きまとう。闘犬として育種されてきた犬種であるため、人に牙を剥く獰猛な犬種というイメージが定着しており、多くの国で危険視されている。しかしその実、非常に愛情深く、飼い主に忠実な姿が多く見られている。(関連記事1関連記事2)

 アメリカ、ジョージア州にあるレスキュー団体に務めているジェーンさんは「何匹もの子犬が捨てられている」との報告を受けて直ちに現場に向かった。そしてそこには一風変わったとてもかわいらしい子犬が発見したという。

 

 

#

funniestkoala0_e

 ぬいぐるみのような愛らしさで、キュートな動物として人気者のコアラであるが、実は意外とおっさんクサいところもあったりするらしい。とはいってもビミョーな部分での話なので、見た目だけならちゃんと可愛いコアラなので安心して!

 んじゃあどの辺がおっさんなのかっていったら、ちょっと音声をオンにしてこの動画を見てもらおうか。

#

cheeatahs0_e

 チーターに恋する南アフリカの動物学者、ドルフ・フォルカーさんがまたしてもチーターとイチャコラしている最新映像が届けられた。今回はなんと、3頭のチーターたちといっしょに夜を過ごしているようだ。

 ライオンやクマなど猛獣たちとらぶりんちょな人間たちは、これまでマランダーでもたくさん見てきたけれど、ドルフさんてばその中でも突き抜けちゃっているところがあるよね。