マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

#

dropped44
 
 みんなご存じラグドールのティモ。最新型の猫トイレを手に入れたり、つい先日はいとしの彼女と密会していた、猫界きってのリア獣のはずだった。

 しかし、そんなティモにピンチが訪れていたようだ。モフふわぽっちゃりボディのティモにどうやら恋のライバルが現れたらしいってんだからこれは一大事だ!

#

dropped38
 
 「動かざること山のごとし」このフレーズを聞いてすぐにハシビロコウさんのことが脳裏にかすめたあなたは立派なカラパイアおよびマランダーの読者さんだ。(いつもありがとう。)

 不動明王のハシビロコウさんはペリカンの仲間。最大で全長1.5mを越える個体も記録されている。羽を広げると2.5mだ。つまりでかい。そんなハシビロコウさんは一人好きでぽつねんとして過ごすのが好きなんだそうだ。その原因とも思われるハシビロコウさんのけんかっ早い一面が目撃されていたので、反面教師になってもらってお勉強しよう。

#

dropped33

 昨日はくじらとの接近に大興奮の人々をご紹介したわけだけど、アメリカ、カリフォルニア州サンディエゴ沖でなんと海のギャング、シャチとの急接近が撮影されていたのでそのワクワクドキドキひやひやな様子を見てみてほしいよ。

#

dognlobster1

 犬は優しい生き物である。同じ犬族以外でも、小さな子供や小動物と見れば惜しみない愛情を注いでくれる。優しいまなざしで、さきものを見守る犬たちを見ていると、こちらもあたたかい気持ちにならざるを得ない。

 あたたかい? イヤちょっと待て、多分物理的にはあたたかくならないであろうこの生き物に対しても、ほっこりしてもいいのだろうか。

#

dropped29

 アメリカ、オハイオ州にあるシンシナティ動物園のアイドルといえば、子カバのフィオナだ。

 未熟児で生まれた彼女が健康な体を得て、園内で暮らしていくにあたって、動物園のスタッフたちが24時間体制でケアをしていた。「チームフィオナ」と呼ばれたスタッフたちとフィオナが過ごした未公開シーンがたくさん詰まった動画が発見されたよ。フィオナを知ってるお友達も、よく知らないお友達もぜひ見てみてほしい。

#

dropped23
 
 今年の夏も近年の例にもれず、きっと暑いものになるだろう。マリンスポーツを楽しみたいお友達や海でのレジャーをエンジョイしたいお友達にエキサイティングな動画が発見された。

 オーストラリア、ニューサウスウェールズ州ポートマッコーリ―で意気揚々とホェールズウォッチングに向かった観光客に、クジラからの大サービスがあったようだ。

#

J4Y5d8s_ea

 マランダーではついこないだも、箱やら袋やらに幸せそうに納まっている猫たちの写真を特集したけど、またしてもたくさんの箱入り猫たちを映した写真が届いたよ。

 段ボールだったりプラスチックだったり、あるいはガラスや金属だったりと、素材は特に問わないようだ。とりあえず入ってしまう条件は、猫自身が「入りたい」って思うかどうか。猫飼いのお友だちはぜひ新しい形や素材の何かを献上して、その反応をレポートしてほしい。

#

GuineaPigs2

 白状しよう。少し前までは、モルモットってどんな生き物かよくわかってなかった。もっと小さいかと思ってたし、こんなに人になつくのも知らなかった。

 しかし今やマランダーでも、チンチラに次ぐウルトラキュートなげっ歯類として、不動の人気を誇っているのがこのモルモット。今日はそんなモルモットたちの、オヤツ風景をご紹介しよう。

#

dropped17

 そろそろ6月も半ばになる。梅雨の時期が終われば、夏はもうすぐそこだ。すでに熱中症になってしまった方のニュースもちらほら聞こえてくるわけだけど、マランダー的には、動物たちの水分摂取する様子を見て、我々人間もうっかり忘れがちだけど、お水や飲み物を飲むってことを意識的に行っていきたいんだよ。

 今日は洗面台にしがみついて、せっせと水を飲むハスキーの背中から学んで、我々も水分摂取に励んでいこうと思う。

#

dropped11
 
 大型猫科獣の魅力についてはマランダーでも何度もお伝えしてきた。その見るだけでうっとりしてしまうそうな美しい毛並み、走れば動物界でも一二を争う俊足。語るときりがない。そんな大型猫科獣のなかでもヒョウ先輩が今日はお目見えしてくれたようだ。

 どうもボツワナのオカバンゴ・デルタ(湿地)にて、野生のヒョウが観光客の足にゴロニャンするデンジャラスビューティーな出来事が起きたんだそうだ。

#

rubble-1 [www.imagesplitter.net]
 
 「猫には九つの命がある」とはよく言ったもので、大けがをしたり大病を乗り越えても長生きをしている猫が世界のあちこちにいたりする。

 以前ご紹介した、ナツメグさんは推定31歳だった(ナツメグさんは虹の橋を渡られた

 今回は30歳のお誕生日パーティを終えられたというご長寿猫のラブルさんをご紹介するよ。

#

dropped5
 
 なんだかじめじめしているし6月ったら連休がなくってテンションがあがらない。そんなお友達にはカメ先輩からパンチの効いた動画が届いているので、ぜひ目をさましてほしい。

 カメといえば、おっとりのんびりマイペース。そんなふうに思っているお友達も少なくないんじゃないだろうか。それもあながち間違ってやしないかもしれない。しか~し。カメ先輩だってやるときややる。その瞬間をみんなで見てみよう。

#

dropped
 
 ちょっと大きめな舌がかわいい9歳のチワワ、フレディーは生まれてからずっとパピーミルの狭いケージの中で暮らしてきた。

 パピーミルとは、営利目的で子犬を大量に作るための施設だ。フレディーは9年間の犬生の中で、犬らしい喜びは何一つ知らないままただ繁殖のためだけにパピーミルで生かされてきた。

 そんなフレディーはついに動物保護団体National Mill Rescue に保護されることになった。そうして生まれて初めて、自分のベッドを手に入れることとなった。