マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

#

kids1_e-frame

 子供は泣いたり遊んだりするのが仕事である。どんなにやかましくても、愛しい我が子のすることなら、目を細めて許してしまうのが親バカというものである…普段なら。

 しかし親にも譲れない一線というのはあったりするわけで、今回はその一線を飛び越えてしまった子供たちへの、親たちの反逆を見ていただこう。 

#

pomeranian-f [www-frame

 「くしゃみをすると魂が口から出る」という西洋の迷信は皆さんご存知かと思う。関連記事などからも、それがあながち間違った事でないんじゃないか?と思い始めた人もいるんじゃないだろうか。

 今回、口から魂が出たかどうかは定かでないが非常に個性的なくしゃみをするポメラニアンの個体が発見されたのでくしゃみの一部始終を見てみよう。

 

#

ham-5_e-frame

 ジャーマンシェパードのミックス犬、ハムは自分の家が大好きだった。だけど今はもう家には帰りたくない。それには理由がある。ニューヨーク、ホワイトプレインズにあるハムの家にはもうだれも住んでいないからだ。ハムはたった1匹で誰もいない家に暮らしていた。

#

payback0-frame

 食べ物の恨みは恐ろしいというが、人間の欲の中でも食欲と同じくらい恨みを買いやすいのが睡眠欲ではないだろうか。心地よいまどろみの天国から、無理やり現実の世界へ引き戻されてしまったとき、ふつふつと湧き上がってくる不条理な感情は、ぬぐってもぬぐってもお布団や枕の魔の手と同じように絡みついてくるものだ。

 今日ご紹介するのは、そんな感情を日々心の奥底に溜め込んでいたかもしれない飼い主が、ペットの猫にリベンジを仕掛けるというお話だ。

#

pumpkin1-frame

 猫の瞳というのは、何やら人を魅了する不思議な輝きを秘めている。ある時は吸い込まれるように魅惑的で、ある時は不穏な色を宿し、またある時は純真さ以外の何物をも映さず、さまざまに変化しながら下僕たちを自在に操る魔性の水晶球のようではないだろうか。

 今回は、ひときわ個性的なオレンジ色の瞳をした、「パンプキン」という名の猫をご紹介しよう。

#

saiyan-frame

 誰でも一度は、伝説の○○になってみたいと夢見たことがあるんじゃないかな。勇者様とか魔法使い、あるいはお姫様や海賊などなど、異世界や二次元の世界の住人に。もし、そんな夢を叶えてくれるかもしれないボックスが登場したとしたら、みんなは入ってみる?

#

houdini-1 [www-frame

 「ホープ・フォー・パウズ」というアメリカの動物保護団体が存在する。関連記事などの活躍でも知られる団体だ。

 1匹の野良犬がホープ・フォー・パウズに保護され、やっと安心できる居場所を得るまでを撮影した動画が見つかったのでご紹介したい。

#

husky-4 [www-frame

 今や秋はすっかり過ぎてしまったが、先月公開された動画が今年の秋の美しさとシベリアンハスキーの相変わらずの様子をしっかり映していたのでご紹介するよ。

 今回のシベリアンハスキー犬も他の犬たち同様に枯葉の山が大好きなようだが、そのテンションのあがりっぷりがやっぱり「ハスキー、またお前か」なんだよね。

#

jacob2-frame

 新しい家族が増えるってことは、とっても大きな大きなイベントだと思う。子供たちにとっても、弟か妹が新たにやってくるというニュースを聞いた瞬間は、これ以上ないってくらいに感動的な瞬間に違いない。今回は、そんなニュースを聞いた子供たちの反応を、満喫していただこうと思うんだ。