マランダー

かわいいは罪
動物たちのほんわか事件簿

#

tail-2_e
 
 犬や猫たちは退屈すると時々自分のしっぽを追いかけて一人遊びを開始することがある。何度かくるくる回転してやっとしっぽに追いついた瞬間の犬や猫の表情を撮影したミニ画像集が発見された。

 イラストも入っているが、それはご愛嬌ってことでよろしくだよ。

#

dropped9
 
 極寒の地でこそ、その本来の魅力とパワーを爆発させることができるホッキョクグマにとって雪は自然で心地よいふわふわの絨毯のようなものなのだろう。

 生まれて初めての雪遊びを楽しむホッキョクグマの子グマと、それを見守る母さんグマの心あたたまる風景をみんなにも見てほしい。

#

dropped5
 
 たまの休みに家でのんびりしている時に電話が鳴ったりすると、「出たくない」…というような気持ちがむくむくわいてきたりする。

 何かの勧誘かもしれないし、長話の好きなあの人かもしれない…しかし出ないといけない電話もあるもんだ。誰とも話したくないひきこもり気味シャイな我々を励ましてくれるのにぴったりなコーギー犬を発見したよ。

#

sheepnelephant8

 以前マランダーでは、親を亡くしたサイの赤ちゃんの面倒を見るヒツジさんのお話を紹介したことがあったけれど、今回は同じように親を亡くしたゾウの赤ちゃんと仲良くなったヒツジさんのキャッキャウフフなシーンをご紹介するよ。

 ヒツジさんはいっつも穏やかなイメージがあるんだけれど、だからなのかな、こういう時には適役みたいなんだよね。どんな感じに仲良しなのか、ぜひ映像を見て見よう。

#

catntiger4

 以前マランダーでご紹介した、ベンガルトラのエンツォさんと飼い主のマイケル・ジャミソンさんを覚えてくれているお友だちはいるかな。あそこのお宅にもう1頭、ベンガルトラが仲間入りしたみたいだよ。とうわけで、今日はエンツォさんと同様に、猫先輩にラブラブなトラの赤ちゃんをご紹介するね。
 

#

thatsmymeal0

 犬と猫の関係については、マランダーでもこれまで何度も考察を重ねてきたところではあるけれど、やはり一筋縄ではいかないというか、そこにセオリーはないというか、毎回違った関係を見せてくれる興味深い二者ではあるわけだよね。

 というわけで、今日はお食事中の猫と、遠慮がちに「ちょーだいな」をする犬の動画をご紹介しよう。

#

bananadance0

 ちょっと最近寒さが身に染みて、縮こまって生きている今日この頃なんだけれども、みんなは元気にしているかな。今日は大好きなオヤツを食べて、嬉しすぎて思わず喜びのダンスを踊っちゃうインコをご紹介するよ。

 身体が自然に動き出しちゃうくらいハッピーなことってあるんだね。ちょっとうらやましい気分になっちゃうかも。

#

dropped4

 何かに集中している時あるいはとってもリラックスしている時、ふいに他人のたてた音が無遠慮なほど大きく聞こえて、思いっきりビクッ!としてしまったことってないだろうか?特にくしゃみなどは予測も不可能であり、なかなか音を控えめにするのが難しいため周囲にいる人が驚いてしまうことがある。

 それは臆病な動物たちには特に顕著に表れてしまうようだ。

 愛知県の岡崎市東公園動物園で飼育されているプレーリードッグさんがリラックス中に人間のくしゃみタイムに遭遇、驚愕のあまりに尻もちをついてしまったのだ。去年ツィッターで話題となったこちらの動画、ご覧になったことがあるお友達もいるかもしれない。

#

dropped

 アメリカ、カリフォルニア州モンロビアにて、クマーによる猫のご飯強奪事件が発覚した。サンルームで日差しをあびながら、おやつと決め込んだクマー3匹は人間の登場にもあまり焦ることなく、マイペースにこちらのお宅の施設を活用していったようだ。

#

dropped6
  
 サムネイルの画像を見て、「なんだ?」と思ったお友達もいるかもしれない。これはブラインドの後ろにいる猫の様子を撮影した動画の一場面である。

 YouTuber、Ragekolbさんのお宅の猫には不思議な癖がある。それはブラインドをぺろぺろ舐めること。その姿が何ともサスペンスだったのでお知らせしたい。

#

dropped
 
 大空を舞い音もなく忍び寄り、そのくちばしと鋭い爪でどんな獲物も逃がさない、動物界きってのプレデターと言えばフクロウさんだ。なかなかお目にかかれないレアキャラであり、強くてかっこいいもんだから、近寄りがたいと思ったり思わなかったり。

 フクロウに触りたい、でも近寄りがたいんじゃないか…そんなふうに心配しているお友達に朗報だ。どうやら世界のどこかにはモフられ好きな野生のフクロウが存在するらしい。

#

catnmonkey2

 マッサージもシャンプーも、美容師さんとかエステシャンさんとか、自分以外の誰かにやってもらうのが一番だよね。いくら自分でツボを押しても、いいシャンプーを使っても、やっぱりどこか癒されない。うっとりまったり目をつぶったまんまで、夢見心地になりたいんだ。

 もしかしたらグルーミングをする動物たちは、そんなキモチがわかるのかも。今日は動物園の檻の向こうとこちらで、にゃんこの毛づくろいをしているおサルさんをご紹介しよう。