bird-f [www-frame

 とある男性が雪山をバックに手のひらにエサを乗せて鳥さんと仲良くしようと目論んだところ、予想と違うところに乗ってきたようだ。

 それというのも計画通り手のひらに乗ってくれた鳥さんとそうでない鳥さんがいたのである。
スポンサードリンク

Whiskey Jacks - The Bird Whisperer

 遊びに来たのは、北米でみられるカナダカケスというスズメ目カラス科に属する鳥さんだ。男性が手のひらに乗せたご飯をパクつく子たちがほとんどだったのだけど、どうやら一匹オレ様気質な個体がいた様子。与えられた餌には見向きもせず、男性の頭部に陣取って周囲を見回している。

 オレ、ここ陣どる
net]


 男性のツルンとした頭を宿り木感覚で乗りこなすカナダカケスの個体。堂々とした雰囲気で男性を乗りこなしているね。常に人間たちよりも高いところにいると、鳥たちは自分たちが優位だと感じるになるって話を聞いたことがあるけど、この場合もそれは当てはまるのかな?それとも頭は鳥たちにとっては一時羽を休めるのにちょうどいい目標物なのかもしれない。

 自分の肌に、動物の手や足が触れるって心癒される瞬間だよね。頭や肩に乗ってくれるというのは、抱っこをしてモフらせてもらうのとはまた違う喜びを感じると思うんだけど、マランダーの仲間たちはどうかな。少なくとも動画の下僕見習いの男性はとっても幸せそう!
このエントリーをはてなブックマークに追加