no title

 1人の女性がこの付近の水彩画を描きあげ、船のドックに腰かけてお茶を飲んでいた。するとなにやら視線を感じる。スライムにも似た形状のやつだ。

 どんどん近くにやってきて・・・
スポンサードリンク


Seal Greets Human

 女性の座っている場所の間近にちょこんと顔を出したのは
 なんとアザラシの赤ちゃん!

 ボク、悪いスライムとかじゃないよ

2

 仲間に入れてほしそうにこちらを見ていたのかどうかはわからないが、この女性は予期せぬ訪問者のご挨拶に、この日一日ハッピーな気分になれたという。

 人間生きてりゃ嫌なこともあるけど、心ときめかすこともある。特に動物ってやつは、人間の心の隙間にヌルリと入り込んでぽっかぽかな気分にさせてくれたりするもんだからたまらない。

 不平不満、嫌なことの数ばかり数えたってろくなことない。本当に数えなきゃならないのは、新鮮な出会いや日常のちょっとした喜びや驚きの数だけだ。その数が増やすことが生きていることの本当の目的なんだよきっとそう。

このエントリーをはてなブックマークに追加