dog-1 [www-frame

 ルーマニアにあるAdăpostul Speranțaという動物病院が一風変わった、しかし非常に意味のある取り組みをしているということで話題を呼んでいる。

 それというのも、捨てられた野良犬たちに新たな安全で清潔な住居を与えるだけでなく、足が機能しない野良犬や保護犬たちすべてに車いすを与え、充実したセカンドライフを過ごしてほしいというものだ。
スポンサードリンク

net] (1)

 Adăpostul SperanțaはFour Paws Internationalとパートナーシップを結び、「『どんな犬も捨てられるべきではない』ということを頭に置き、すべての犬に適切なケアを施し、幸せに過ごしてもらうことをモットーとし、殺処分などの強制的に奪うようなことは拒否させていただきます」としている。

net]

 車いすを得たことで多くの犬たちが新たな人生に駆け出していくことができた。
net]

 好奇心の赴くままに走ることもできる!
 時にはお友達の犬同士で太陽の光を浴びながら芝生を走り回り、レースをする様子も目撃されているらしい。

net]

 虐待や病気などであまり幸せを感じられなかった犬たちはもう二度と路上生活をすることはないのだ。
 「ここにいる犬のすべてが悲しい過去をもっています。ですが、その過去を忘れてもらい、充実した新しい生活を楽しんでもらうのが私たちにとって何よりもの報酬です。」と動物病院のFace Bookに書かれている。

net]

 犬たちの使用する車いすは日々摩耗していく消耗品であり、寄付を募っているとのことだ。興味のあるお友達はこちらをチェックしてみよう。

net]

 ルーマニアでは野犬が非常に多く、野犬に対する虐待も多いため障害を持つ犬が増えてしまうのだそうだ。そんな犬たちの犬生を、輝いた素敵なものにするために車いすは重要な役目を果たしそうだ。

明るく素直で賢く時におどけ我々に寄り添い、時に我々を救いさえする人間の最良の友、犬たち。世界には苦しむ犬たちがいるのも事実だが、そんな犬たちのために奔走する人たちがいるのも確かなのだ。
 
via:Compassionate Romanian Animal Shelter Provides Free Wheelchairs to Paraplegic Dogs In Their Care translated kokarimushi / edited by parumo
このエントリーをはてなブックマークに追加