silky-f [www-frame

 手編みのマフラーやセーターは「なんか重い」「なんかダサい」と言われがちな今日この頃。しかし、アメリカ、ポートランドで暮らすハムスターのシルキーちゃんにとっては手編みのセーターがとっても大切で重要なようだよ。
スポンサードリンク

 シルキーは今年1才になるメスのハムスター。家族の引っ越しに伴いシルキーを飼い続けることが難しくなってしまい、アメリカ、ポートランドにある動物愛護団体Oregon Humane Societyが引き取ることになった。

 その際に、シルキーの家族がスタッフとシルキーを対面させた時、スタッフはシルキーにあっという間に一目ぼれ。シルキーはちょっと変わった体質であったが、すぐに可愛がられるようになった。

 それというのもシルキーには体毛が全くと言っていいほどなかったのだ。
silky-2

 シルキーは生まれつき染色体に異常があり、ひげはかろうじてあるものの体毛が全く生えないという特殊な性質を持って生まれてきた。肌は柔らかく非常に敏感で、毛がない分他のハムスターよりも寒さに弱く風邪をひきやすいそうだ。

 「シルキーはふわふわではないですが、他のハムスターと同じくおちゃめで可愛い子です。私たちは彼女の体を暖かく保つために高たんぱくの食事を心がけ、特に冬場は暖かい環境で育てる必要があります。」と動物愛護団体のダイアナ・ガバルドンは語る。

net]

 冬の始まりを感じるこの季節。人一倍寒さを感じやすいシルキーがケージの中で身を寄せて縮こまっていたのを見た飼育スタッフのセレーナ・メヒアさんは「この子に何かしてあげたい」と感じたそうだ。

 そこでシルキーのためにかぎ針で編んだ手編みのセーターをプレゼント!
silky-4

 シルキーもあったかぽかぽかでオシャレなこのセーターをすぐに気に入ったようだ。
silky-5

 シルキーは今現在、目の感染症にかかっており、その治療が終わり次第里親の募集が行われるとの事。とっても人懐っこくて可愛いシルキーは新しい家庭でもすぐに愛され、溶け込むだろうとスタッフたちも皆太鼓判を押しているそうだ。

 寒さに弱いけど、しっかり愛情を受け止めて暮らすシルキー。モフモフしてなくってもすごく可愛いね。お気に入りのセーターにくるまれてこれからも幸せに暮らしていけるといいね!
via:Hairless Hamster Gets A Tiny Sweater To Keep Her Warm translated kokarimushi / edited by parumo
このエントリーをはてなブックマークに追加