dog-f [www-frame

 メキシコ、モンテモレロスでドナさんという女性の葬儀が執り行われた。悲しみに暮れていた遺族であったが、弔問客の中に行方不明だったはずのドナさんの愛犬の姿を発見し驚いたという。

 ガンで闘病していたドナさん。そんなドナさんには愛するペットがいたのだ。

 愛犬の名前はベイロン。ドナさんの葬儀の15日前に行方不明になり、家族みんながドナさんとベイロンの再会を諦めていた矢先の出来事だった。
スポンサードリンク

net]_e

 ガンとの闘病生活で苦しむドナさんにとって、ベイロンは心の支えそのものであった。悪化するドナさんの体調を気遣い、親族は自分たちと同じ家で生活をすることを提案する。そしてドナさんは親族のもとで暮らすことになった。一時的にベイロンは一人ぼっちになってしまったのだ。

 しかし、ドナさんは体調がすぐれない時でもベイロンの世話をするために、定期的に家に帰りベイロンの世話を忘れなかったという。

net]_e

 そんなある日、ドナさんの容体がさらに悪化する。自宅に戻ることもままならなくなったドナさんは、親族にベイロンの世話を頼んだ。しかし、親族がベイロンのいるはずのドナさんの家を訪ねると、そこにはベイロンはおらずもぬけの殻だった。

 ベイロンの行方は分からぬまま、およそ2週間後にドナさんは亡くなってしまった。そして、様々な事情から家から何キロも離れた場所で葬儀が執り行われることが決まる。

 葬儀当日、そこで異変が起こった。ドアを引っ搔くような音、そして犬の鳴き声がドアの向こうから聞こえてきたのだ。そう。行方不明だったはずのベイロンが現れたのだ。

 「通常は我々の葬儀会場では動物は入れません。しかし鳴き声やドアを引っ掻く音、ご事情を聞いて、特別に葬儀に参加してもらう事にしました。」と葬儀会場のスタッフは語る。

 そうして最後のお別れの時が来る。その時ベイロンは、誰に促されるでもなく棺に歩み寄り、他の家族がするのと同じように、棺を覗き込んだのだという。その姿はあたかもまるで「これがお別れだ」と理解しているかのようだったという。

net]
 
 会場のオーナーは「このようなケースは初めてです。場所も知らないはずの犬がたどり着けるなんて…。」と驚きを隠せない様子で語ったとのこと。 


 しかし葬儀が終わるころ、ベイロンは再びその姿を消してしまったという。だが遺族は、ドナさんが必ずベイロンを見守っているはずだから安心しているとのこと。きっとベイロンの最後の挨拶の手助けもあり、ドナさん自身も虹の向こうでホッと心と体を休めていることだろう。
via:Missing Dog Shows Up At His Owner's Funeral translated kokarimushi / edited by parumo
このエントリーをはてなブックマークに追加