squrrel-f [www-frame

 秋や春には嵐が起きやすく、その関係で迷子やみなしごになってしまう動物の赤ちゃんも少なくない。今回ご紹介するリスのR4も例外ではなかった。

 嵐の夜にうっかり風に吹かれて、巣から落ちてしまった赤ちゃんリスのR4の物語をご紹介しよう。
 
 
スポンサードリンク


This squirrel fell from a tree and cried for hours until people saved his life

 とある嵐の日に強風にあおられ木から落ちてしまった赤ちゃんリスのR4。今でこそ素敵な名前をもらえたが、R4は事実上みなしごであった。

 あまりの嵐の強さに、母リスは餌探しに行ったきり行方知らずとなっていたのだ。孤児となってしまったR4は、懸命に何時間もぬくもりと餌を求めて鳴き続けた。その鳴き声の甲斐あってか、幸運なことに心優しい女性が衰弱していたR4を保護してくれたのだ。そんなR4は最近1才のお誕生日を迎えたとのこと!

 今ではすっかり飼い主さんに懐き、元気よく過ごしている模様。
net]


 無事に保護され、十分な栄養を得ることのできたR4。 
net]

 飼い主さんの腕に抱かれ、とっても幸せそうに暮らしているようだ。
net]

 そんなR4がお誕生日を迎えた。 
net] (1)

 お誕生日おめでとうR4!
net]


 さみしくつらい思いをしたR4であったが、今では育てのママの元、健やかに楽しく暮らしている。先日カラパイアでご紹介したこちらのリスたちのようにジャンピンして愛情を示すようになる日もそう遠くないかもしれない。

 野生に帰ることはもう難しいかもしれないが、これもまたひとつのリス生。ママのそばで元気いっぱいに育っていくことだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加